このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

79.カクタスペア(カクタスベルの07)

Posted at 08/06/27 Trackback(0)»

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

【馬名】 カクタスペア(カクタスベルの07)
由来:ウチワサボテン類の果実。母名より連想。(英語)
【性別】 牝
【毛色】 栗毛
【父】 ライオンハート
【母】 カクタスベル (母父 ゴーンウエスト )
【生年月日】 2007年3月6日 生まれ
【生産牧場】 米国産
【募集価格】 2,000 万円(一口価格 5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 スレンダーな馬体は柔軟性に富んだ筋肉と薄い皮膚に覆われており、光り輝く毛ヅヤが健康状態の良さを示しています。地面に向かって真っ直ぐ伸びる四肢は狂いがなく乾燥具合も良好です。放牧地での動きは素軽く、軽やかなフットワークで颯爽と駆け抜ける様は、宙を浮いているように無駄がありません。性格も普段から落ち着きがあり、スタッフの手を煩わせることはありません。米2歳G1を制しクラシック戦線を賑わした父、そして本馬の持つ完成度の高い馬体から、早い時期にデビューし桜の季節まで一気に駆け抜けてもらいたい期待の一頭です。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1997 生まれ、本馬は 10 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ 産駒のデータはほとんどありませんが、自身は不出走でファーストコマンド(父デピュティミニスター)が米5勝していますので、繁殖ポテンシャルが低いわけは無くて、むしろかなり高い繁殖だと思います。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ミスタープロスペクター 系
【同系の主な活躍馬】 コンゴウリキシオー、アサクサデンエン、シーキングザダイヤ、ビハインドザマスク、ホオキパウェーヴなど
【本馬の4代クロス】 ミスタープロスペクターの3×4
【牝系の特徴】 祖母クラッシーキャシーは、米7勝、GI3勝の名牝。産駒に英3勝でプリンスオブウェールズ-GII勝ちのプレイザーヴィルがいる。
----------
【父ライオンハート】
【競走成績】 米で2~3歳時に10戦5勝。ハリウッドフューチュリティ-G1(ダ8.5F)、ハスケル招待H-G1(ダ9F)、ハリウッドプレヴューS-G3(ダ7F)、ロングブランチBCS-G3(ダ8.5F)、ケンタッキーダービー-G12着、ブルーグラスS-G12着。
【種牡馬実績】 05年より米で供用。08年の2歳世代が初年度産駒。アスールレオン(ベストパルS-G2、ハリウッドジュヴェナイルChS-G3)で早くも重賞勝ちを収めている。
----------
【母父ゴーンウエスト】
【競走成績】 米6勝、ドゥワイアS-G1、ウィザーズS-G2、ゴーサムS-G2
【種牡馬成績】 ダホス(BCマイル-G1(2回))、ザフォニック(英2000ギニー-G1)、ジョハー(BCターフ-G1)、スパイツタウン(BCスプリント-G1)、コメンダブル(ベルモントS-G1)、グランドスラム(米フューチュリティS-G1)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "父テイルオブザキャットはキングズビショップSの勝ち馬で、母サテンサンライズはアメリカで走り76戦23勝です。2003年2月のファシグ・ティプトン・セイルで140万ドル(約1億6800万円)で購買されました。2歳時は、デビューから3連勝でハリウッドフューチュリティー-GIを勝ちました。3歳時は、連続2着のあと、ケンタッキーダービー-GIも、スマーティージョーンズにかわされて2着でした。続くプリークネスSは4着で、ハスケル招待H-GIで、やっと3歳初勝利、久々のGI制覇となりました。続くトラヴァーズSではレース中に右前脚第3指骨を骨折して最下位の7着に敗れ、引退しています。引退後はアメリカとオーストラリアで種牡馬入りしました。米血脈のダートの中距離馬ですね。

母父ゴーンウエストは、その父がミスタープロスペクター、その母父が米三冠馬セクレタリアト(ボールドルーラー系)で、ミスプロの後継として、海外ではすでにステータスを築いていますが、日本では勝ち馬率、勝ち上がり率とも優秀であるのにも関わらず、大きいところを勝った馬が少ないためあまり評判が上がっていません。

ダートの方が勝率が良いように、比較的力のいる馬場が合っている産駒が多い印象で、芝では切れ味に劣るという欠点があるようです。ただし、すごいパワー型かというとそうでもなくて、活躍した産駒は意外にも芝の方が多くて、その場合は距離が短めで、スピードで押しきるという馬が多いようです。明らかに芝の高速競馬にマッチしたスピードとスピード持続力を持ったシーキングザゴールドやキングマンボなど日本で産駒が活躍した種牡馬達と比較すると日本の馬場に対する適性はワンランク劣る印象です。

ちなみにゴーンウエストの母Secrettameの牝系と日本競馬とは相性がよくて、タイキフォーチュン(NHKマイルカップ)やエーピージェット(京成杯)などがこの牝系に属しています。

カクタスベルの母系は、この他にダマスカスやトムロルフなどスタミナに良さがある大種牡馬が並んでおり、そこにスピードのあるゴーンウエストで、後は軽さがあれば完璧ですが、父ライオンハートは、典型的な米ダート血統ですので、そう考えると、本馬はかなりの確率でダートに行くことになりそうです。ただし距離は長めに出そうな感じもあって、大きなダートレースで戦える素地はあると見ます。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 音無秀孝
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 4 位
勝ち数 41 勝、勝率 15.4% 、連対率 28.5%
【2007成績】 リーディング 3 位
勝ち数 40 勝、勝率 13.6% 、連帯率 26.9%
これまでの主な管理馬 オレハマッテルゼ、カンパニー、リンカーン、サンライズバッカス
【よく使う騎手】 岩田騎手、武豊騎手、福永騎手、川田騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ 4年連続40勝以上とハイスコアを継続しているトレーナーです。もはや名実共に名トレーナーと言って良い一人ですね。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 中学校を卒業した後、大阪のレストランでコックとして3年間働いていたが、この間に競馬ファンとなり、自身も騎手として競馬界に飛び込むことを決意する。1973年から騎手見習いとして騎乗を開始、1979年からは田中良平厩舎に所属し正式な騎手となった。1985年の優駿牝馬をノアノハコブネで制すなど、1993年の騎手引退までに1212戦で84勝を挙げている。2000年頃から成績が飛躍的に向上し、現在では毎年のように調教師リーディングの上位を賑わす存在である。これには、リンカーンなどに代表される近藤英子所有の素質馬を管理し始めたことや、条件戦での積極的な関東遠征、東田幸男調教助手を始めとする厩舎スタッフらの手腕とチームワークなどが理由として挙げられる。また坂路主体の調教も厩舎の特徴であり、西高東低の現状に於いて、これが前述の関東遠征での好結果に繋がっているとも言える。その他に、管理馬がレースでの人気の有無に拘らず2着・3着を拾うケースが目立つこと(この事に関しては音無も自虐的に語ることがある)や、ヘネシーやスウェイン、ジェリなどの本邦ではまだ馴染み薄い種牡馬の産駒達が活躍していることも特徴である。2003年より厩舎所属騎手として生野賢一がいるが、重賞を含む上級条件競走においては、関西では武豊、関東では柴田善臣が騎乗することが多い。ちなみに熱心な競馬ファンの間では「関東で柴田を乗せてきたら買い」とも言われるほどの複勝率を誇る。所属馬一頭一頭の過去のデータが一目瞭然できるというソフト(自らが考案)を利用し、調教時計を始めとする詳細事項を自らの手でパソコンに入力、さらにそのデータは馬主にも届けるというマメな一面も持ち合わせている。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:440kg
体高:157cm
胸囲:174.5cm
管囲:19.8cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 △
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 -
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "非常に賢そうな顔をした馬です。
首は少し短めですが、しっかりと強そうで、肩にはがっちりと筋肉がついています。
二の腕は太くてパワーがかなりありそうですね。
膝下が短めで安定感があり、足もともよく乾燥しています。
繋ぎもちょっと硬めで、角度も含めてダート向きですね。
胴回りもしっかりとしています。背タレ気味に見えますが、腰高で、これから成長するにつれて目立たなくなりそうです。トモは張りがあって、ボリュームがあります。飛節も力強く、結構バネが強そうです。
サイズもちょうど良いですが、歩様は腰高の影響なのかちょっとたどたどしい感じに見えます。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルも高いですし、あくまでダートという前提で言えば、血統も申し分ありません。
馬体もダート向きで、早い時期にアメリカとかに行くことになっても驚かないですね。
牧場でも、現時点で一番完成度が高いと言っており、すぐに2勝できるということでしたね。
デビューが早くて、すぐに2勝できるということであれば、当たり前ですが価格はかなり安いです。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"79.カクタスペア(カクタスベルの07) "へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
01.カドデュソレイユ(スーヴェニアギフトの07)
02.スペースニードル(シアトルデライターの07)
03.ヴァルガリス(ライラックレーンの07)
04.ローテスクライト(レッドヴェルベットの07)
05.フェイルノート(アズサユミの07)
06.ホワッツアップ(ホワッツニューの07)
07.メインカレント(メインスルーの07)
08.グロッタアズーラ(サダムブルーアイズの07)
09.ダンスアムール(プレシャスラバーの07)
10.ワイドスプレッド(サマーベイブの07)
11.ティアレ(ササファイヤーの07)
12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
13.スペシャルグルーヴ(ソニックグルーヴの07)
14.アギュエラ(ルカダンスの07)
15.スーブルソー(フレンチバレリーナの07)
16.アースガルド(レディフェアリーの07)
17.キャニオンビュー(ベガスナイトの07)
18.アークビショップ(プレラットの07)
19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
20.ソルスティス(シーセモアの07)
21.プラウディーレ(ゲイングローリーの07)
22.ヴィヴルヴォン(セメイユドゥヴォンの07)
23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
24.シーズンズベスト(シーズアンの07)
25.リンドブルム(サドラーズメイドの07)
26.ヴェニーズワルツ(インディゴワルツの07)
27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
28.アウスピカーレ(ボンヌシャンスの07)
29.クラウソラス(ビワプランサーの07)
30.アブラハムダービー(カメリアローズの07)
31.ストークフィールド(ローズバレッタの07)
32.リズモア(タイキナタリーの07)
33.スフィラータ(インディパレードの07)
34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
35.セイントニコラス(スリリングヴィクトリーの07)
36.ファーベルハフト(サクラファビュラスの07)
37.ピットスポルム(プリンセスカーラの07)
38.ラプリマステラ(ラプーマの07)
39.コヴェンティナ(ライクリーティナの07)
40.アマルフィターナ(ホワットケイティーディドの07)
41.ローザグランデ(ローザネイの07)
42.デルフィニウム(ケイティーズファーストの07)
43.ラスティングソング(ハルーワソングの07)
44.バルトーロ(ポトリザリスの07)
45.フォルトシュリット(フリードリームズの07)
46.トゥザグローリー(トゥザヴィクトリーの07)
47.プルミエダンスール(スーパーバレリーナの07)
48.トゥエルフスナイト(シーザリオの07)
49.ピンクアリエス(ピノシェットの07)
50.ブロードアピールの07(募集中止)
51.ルチルクォーツ(マミーズジュエリーの07)
52.サヴァラン(タイキシフォンの07)
53.タイトルホルダー(メインタイトルの07)
54.ラフォルジュルネ(グレイトフィーヴァーの07)
55.ラフェクレール(アドマイヤマカディの07)
56.ライツェント(ソニンクの07)
57.ネオポラリス(タイキポーラの07)
58.ステラファンタジーの07(募集中止)
59.インペリアルマーチ(キョウエイマーチの07)
60.アルメーリヒ(プアプーの07)
61.バトードール(ビスクドールの07)
62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
63.ジョディーズライン(プリティジョディーの07)
64.トロサックス(トキオジュリアの07)
65.マージービート(アフタービートの07)
66.アイビーフォールド(ビューティテイストの07)
67.リリウムルベルム(ヘイアンリリーの07)
68.クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
69.サックアクロア(フサイチケリーの07)
70.フラガラッハ(スキッフルの07)
71.スペクタビリス(スペクタクルライフの07)
72.スコッツブラフ(オレゴントレイルの07)
73.クレアトゥール(オーソードレッシイの07)
74.クラサヴィカ(アスクレピアスの07)
75.セイルオンザグラス(シャドーウィップの07)
76.アンヴァルト(アーティストチョイスの07)
77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)
78.ボッカデラヴェリタ(ヴードゥーレディの07)
79.カクタスペア(カクタスベルの07)

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門