このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)

Posted at 08/06/29 Trackback(0)»

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

【馬名】 マルティプライ(マイティーダンサーの07)
由来:「掛け算をする」「増加させる」の意。その名の通り勝ち星を増加させていってほしいとの期待を込めて。(英語)
【性別】 牝
【毛色】 黒鹿毛
【父】 フサイチペガサス
【母】 マイティーダンサー (母父 アルザオ )
【生年月日】 2007年2月21日 生まれ
【生産牧場】 白老ファーム
【募集価格】 1,800 万円(一口価格 4.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 小柄な母から生まれた初仔ということもあって一見可愛らしい印象の本馬ですが、旺盛な闘争心が本馬にしか持ち得ない圧倒的な存在感を放っています。『他馬に対して怯むことを知らず、決して折れることのない強い心で相手を捻じ伏せる』といったフレーズが本馬を体現するのに相応しいでしょう。バランスに秀でた馬体から繰り出される歩様は母と同じく柔軟なもので、小気味いいステップで駆ける様子からはアスリート然とした高い身体能力も感じ取れます。質実剛健のイメージが強い母系の印象通り、心身共にタフな「強い女性」を地で行く競走馬へと成長してくれるはずです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2000 生まれ、本馬は 7 歳の時の産駒
【母の戦歴】 独4勝
【主な勝ち鞍】 フランクフルト牝馬大賞典-GIII2着、ブレーメン牝馬大賞典-GIII3着、バーデンビュルシュルテンベルクトロフィー-GIII3着など
【母の馬場・距離適性】 芝、中距離
----------
【初仔の生年月日】 2007/2/21
【2005年産までの産駒数】 本馬が初仔

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 2004年10月までは少なくとも現役で、重賞戦線で走っていますが、その後どのくらい走ったかは不明です。ただ、戦歴から重賞戦線で結構走った馬であることは確かですので、引退後繁殖入りするまでの経過によっては、繁殖ポテンシャルは大きく変わってきます。これだけタフに走った牝馬の産駒ですので、ポテンシャルが高く維持されたまま繁殖入りしたとしたらかなり走る産駒が出てもおかしくないですね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 スイープトウショウ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、キングカメハメハ、エルコンドルパサー、マイネルラヴ、アメリカンボスなど多数
【本馬の5代クロス】 ノーザンダンサーの4×4
【牝系の特徴】 曾祖母もーレから、独年度代表馬(2回)で独12勝、GI7勝のモンドリアンを輩出。
----------
【父フサイチペガサス    】
【競走成績】 米で2~3歳時に9戦6勝。ケンタッキーダービー-G1(ダ10F)、ウッドメモリアルS-G2(ダ9F)、サンフェリーペS-G2(ダ8.5F)、ジェロームH-G2(ダ8F)、プリークネスS-G12着。
【種牡馬実績】 01年より米で供用。シャトル種牡馬(豪州・チリ)として供用。バンディニ(ブルーグラスS-G1)、ローマンルーラー(ハスケル招待H-G1)、ハラダサン(ジョージライダーS-G1、ドンカスターHC-G1)、フローラルペガサス(香港クラシックマイル-G1)、フライングペガサス(ロイヤルソヴリンS-G2)、ジャストダンシング (AJCフューリアスS-G2)、ティプングウティ(STCタロックS-G2)、レースフォーザスターズ(EBFフィリーズS-G3)、アンドロメダズヒーロー(フレッドWフーパーH-G3)、フィフティーワナー(アンタレスS-JPN3)
【ワンポイントウィキペディア1】 1998年アメリカケンタッキー州で行なわれた「キーンランド・ジュライセール」で日本人の関口房朗が400万ドル(当時のレートで約5億6000万円)で購入。400万ドルは同じ世代では世界一の高額取引であった。
【ワンポイントウィキペディア2】 チャーチルダウンズ競馬場で行なわれたケンタッキーダービーでは1番人気に支持され、2分1秒12のタイムで優勝した。1番人気馬の勝利は1979年のスペクタキュラービッド以来実に21年ぶりであり、また馬主の関口房朗はアジア人で初めてのケンタッキーダービー優勝馬オーナーとなった。
【楽天馬の種牡馬寸評】
----------
【母父アルザオ】
【競走成績】 仏伊4勝、エリントン賞-G3。
【種牡馬成績】 アルボラーダ(英チャンピオンS-G1(2回))、シャトゥーシュ(英オークス-G1)、ウィノーナ(愛オークス-G1)、マティア(愛1000ギニー-G1)、カプリッチョーサ(チェヴァリーパークS-G1、モイグレアスタッドS-G1)、ウインドインハーヘア(アラルポカル-G1)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "父フサイチペガサスは、距離融通性がある種牡馬のようで、マイル-中長距離まで対応できるようです。
ダートで活躍している産駒が多いので、パワー型かというとそうでもないようで、比較的スピード優先と言えると思います。
母父アルザオは、典型的なリファール系種牡馬で、母系に入ったときのスピード持続力と切れを遺伝させます。日本ではディープインパクトの母父ということですっかり有名になりましたが、世界でも15頭のGIウイナーを輩出、現役時代の成績こそ今ひとつではありますが、種牡馬としての成績は文句なしに名種牡馬と言えます。
母母父ズルムーは、父系がハンプトン系で、母系がスタミナに優れたテディ系という配合の種牡馬で、6度ドイツのリーディングサイアーに輝いた大種牡馬で、自身も独ダービーなど選手権距離で活躍しましたが、産駒も同様な距離で活躍しています。
総じて、母系の底流はブランドフォード系を中心に、非常に良いスタミナベースの血が豊富に入っていることから、父系にはスピードや瞬発力を求めたいところですが、フサイチペガサス自体の血統構成を考えると、申し分ないバランスと言えます。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 中尾秀正
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 20 位
勝ち数 31 勝、勝率 16.0% 、連対率
【2007成績】 リーディング 89 位
勝ち数 16 勝、勝率 7.5% 、連帯率
これまでの主な管理馬 ビッググラス、アドマイヤスバル、リーガルスキーム
【よく使う騎手】 和田竜騎手、柴山騎手、秋山騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業して3年目の一昨年の31勝はインパクト十分でした。新進気鋭の期待のトレーナーの一人と言えます。昨年は16勝とちょっと評価を下げましたが、活躍馬が少ない中で勝ち星を重ねているので見限るのは早計でしょう。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 父は中尾正調教師、伯父は中尾謙太郎元調教師と中尾銑治元調教師である。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:369kg
体高:144.5cm
胸囲:163cm
管囲:19cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "顔の感じはかなり図太そうな感じがします。
首は良い感じで、肩、トモは、ちょっと緩い感じで、運動量が少ない感じがします。
二の腕は太く、パワーがありそうです。
足もとは、繋ぎも良い角度で、クッションも良い感じです。後肢の位置も良くて、トモの張りもまずまずです。
背中に力が無い感じなのは、これからの調教で変わってくるでしょう。
馬体全体がかなり幼い感じ、馬体重も少ないですね。
歩様は、腰高で後肢の動きが今ひとつであること以外は良い出来だと思います。
大きくなっても400キロに届くかどうか微妙で、常に馬体の成長を促しながらの調教になりそうです。この点は、牝馬ということを考慮してもマイナスですね。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "血統的な魅力は十分です、馬体バランスもそこそこ良くて、胸が深く、心肺能力はありそうで、トモもしっかりしています。
ただ、馬体のサイズはちょっと小さ過ぎて、丈夫なつくりであることを踏まえても、現時点ではちょっと厳しい評価となります。
使い減りするタイプではなさそうなので、調教が進んで、2歳春に410キロくらいになっているようなら、賭けてみても良いかもしれません。勝ち上がったら、たくさん走って、常に善戦してくれるタイプになる可能性もありますからね。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)"へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
01.カドデュソレイユ(スーヴェニアギフトの07)
02.スペースニードル(シアトルデライターの07)
03.ヴァルガリス(ライラックレーンの07)
04.ローテスクライト(レッドヴェルベットの07)
05.フェイルノート(アズサユミの07)
06.ホワッツアップ(ホワッツニューの07)
07.メインカレント(メインスルーの07)
08.グロッタアズーラ(サダムブルーアイズの07)
09.ダンスアムール(プレシャスラバーの07)
10.ワイドスプレッド(サマーベイブの07)
11.ティアレ(ササファイヤーの07)
12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
13.スペシャルグルーヴ(ソニックグルーヴの07)
14.アギュエラ(ルカダンスの07)
15.スーブルソー(フレンチバレリーナの07)
16.アースガルド(レディフェアリーの07)
17.キャニオンビュー(ベガスナイトの07)
18.アークビショップ(プレラットの07)
19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
20.ソルスティス(シーセモアの07)
21.プラウディーレ(ゲイングローリーの07)
22.ヴィヴルヴォン(セメイユドゥヴォンの07)
23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
24.シーズンズベスト(シーズアンの07)
25.リンドブルム(サドラーズメイドの07)
26.ヴェニーズワルツ(インディゴワルツの07)
27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
28.アウスピカーレ(ボンヌシャンスの07)
29.クラウソラス(ビワプランサーの07)
30.アブラハムダービー(カメリアローズの07)
31.ストークフィールド(ローズバレッタの07)
32.リズモア(タイキナタリーの07)
33.スフィラータ(インディパレードの07)
34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
35.セイントニコラス(スリリングヴィクトリーの07)
36.ファーベルハフト(サクラファビュラスの07)
37.ピットスポルム(プリンセスカーラの07)
38.ラプリマステラ(ラプーマの07)
39.コヴェンティナ(ライクリーティナの07)
40.アマルフィターナ(ホワットケイティーディドの07)
41.ローザグランデ(ローザネイの07)
42.デルフィニウム(ケイティーズファーストの07)
43.ラスティングソング(ハルーワソングの07)
44.バルトーロ(ポトリザリスの07)
45.フォルトシュリット(フリードリームズの07)
46.トゥザグローリー(トゥザヴィクトリーの07)
47.プルミエダンスール(スーパーバレリーナの07)
48.トゥエルフスナイト(シーザリオの07)
49.ピンクアリエス(ピノシェットの07)
50.ブロードアピールの07(募集中止)
51.ルチルクォーツ(マミーズジュエリーの07)
52.サヴァラン(タイキシフォンの07)
53.タイトルホルダー(メインタイトルの07)
54.ラフォルジュルネ(グレイトフィーヴァーの07)
55.ラフェクレール(アドマイヤマカディの07)
56.ライツェント(ソニンクの07)
57.ネオポラリス(タイキポーラの07)
58.ステラファンタジーの07(募集中止)
59.インペリアルマーチ(キョウエイマーチの07)
60.アルメーリヒ(プアプーの07)
61.バトードール(ビスクドールの07)
62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
63.ジョディーズライン(プリティジョディーの07)
64.トロサックス(トキオジュリアの07)
65.マージービート(アフタービートの07)
66.アイビーフォールド(ビューティテイストの07)
67.リリウムルベルム(ヘイアンリリーの07)
68.クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
69.サックアクロア(フサイチケリーの07)
70.フラガラッハ(スキッフルの07)
71.スペクタビリス(スペクタクルライフの07)
72.スコッツブラフ(オレゴントレイルの07)
73.クレアトゥール(オーソードレッシイの07)
74.クラサヴィカ(アスクレピアスの07)
75.セイルオンザグラス(シャドーウィップの07)
76.アンヴァルト(アーティストチョイスの07)
77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)
78.ボッカデラヴェリタ(ヴードゥーレディの07)
79.カクタスペア(カクタスベルの07)

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門