このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)

Posted at 08/07/15 Trackback(0)»

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

【馬名】 ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
由来:「白い帆」の意。スケールの大きい白い馬体から、風をいっぱいに受けて航海する帆船をイメージして。(西語)
【性別】 牝
【毛色】 芦毛
【父】 クロフネ
【母】 アドマイヤサンデー (母父 サンデーサイレンス )
【生年月日】 2007年3月2日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 3,200 万円(一口価格 8 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 すでに兄姉が、父母の特性をしっかりと継承し、その秀でた資質を遺憾なく発揮し続けている名血脈が贈るクロフネ産駒の登場です。その父系の重厚感と母系の柔軟性がみごとに調和した素晴らしい出来映えは、1歳募集時における姉トールポピーをも凌ぐ大きなフットワークを生み出す好馬体と聡明感溢れる面相を持ち、新たなタイプの女王を目指すに相応しい気品あるものと言えます。デビューは秋の4大競馬場のいずれかを目標に、芝・ダートの適性を計りながら古牝馬の頂点を目指すオールマイティーな競走馬として姿が目に浮かびます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1995 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 8 戦 3 勝
【主な勝ち鞍】 阪神牝馬特別-GII2着
【母の馬場・距離適性】 芝、マイル-中距離
【母のデビュー時期】 3歳4月
【母の引退時期】 1998/12/20 (引退年齢 3 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2000/5/26
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 6 ヶ月
【2005年産までの産駒数】 5 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 3 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔アドマイヤロイヤル(父トニービン、牡)は、2歳11月デビュー、芝短-中距離、2戦0勝、
2001年は種付けせず、
二番仔アドマイヤメガミ(父エルコンドルパサー、牝)は、2歳9月デビュー、芝マイル-中距離で22戦1勝、
三番仔ヴァリアントホーク(父グラスワンダー、牡)は、3歳7月デビュー、芝マイル-中距離で3戦0勝、地方でダート短距離で5戦1勝、
四番仔フサイチホウオー(父ジャングルポケット、牡)は、2歳10月デビュー、芝マイル-中距離で11戦4勝、東京スポーツ杯2歳S-GIII、ラジオNIKKEI杯-GIII、共同通信杯-GIII、皐月賞3着、
五番仔トールポピー(父ジャングルポケット、牝)は、2歳7月デビュー、芝マイル-長距離で7戦3勝、阪神JF-GI、優駿牝馬-GI、チューリップ賞-GIII2着。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "06産駒のナサニエル(父キングカメハメハ、牡)は最初から地方競馬の馬主さんの所有になってしまっていますね。これはもったいないですね。ちなみに7月にデビューして、旭川競馬で2戦して2勝しています。
この繁殖の産駒はデビューが早い方が比較的順調ですので、そこがひとつのポイントですね。
繁殖ポテンシャルは高いですが、相手種牡馬を選ぶのがこの繁殖の特徴だと思います。
で、これまで活躍した産駒は3頭とも欧州血統の種牡馬で、米血脈とはあまり成績がよくありません。
本馬は父クロフネで思いっきり米血脈ですが、果たしてどんな風にでるのか興味がありますね。
いずれにしても12歳で繁殖適期内ですので、繁殖ポテンシャルはまず高いところに維持されているはずです。
二匹目、三匹目のドジョウは十分にありえますので、ここでも要チェックの繁殖です。"
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ヘイルトゥリーズン 系
【同系の主な活躍馬】 ブラックホーク、ポップロック、イングランディーレ、ブルーコンコルド、キングヘイロー、フサイチリシャール、ピンクカメオなど
【本馬の5代クロス】 ノーザンダンサーの5×4、ニアークティックの5×5
【牝系の特徴】 曾祖母マデリアは、仏3歳牝馬チャンピオンで仏オークス-GI、仏1000ギニー-GI、サンタラリ賞-GIとGI3勝の名牝。産駒にダンテS-GII勝ち馬で種牡馬クロードモネ、サンタラリ賞-GI勝ち馬のムーンライトダンスなどがいて、子孫も重賞馬が出ていて、広がりを見せている牝系。
----------
【父クロフネ】
【競走成績】 日で2~3歳時に10戦6勝。01年最優秀ダートホース。ジャパンCダート-GⅠ(ダ2100m)、NHKマイルC-GⅠ(芝1600m)、武蔵野S-GⅢ(ダ1600m)、毎日杯-GⅢ(芝2000m)、神戸新聞杯-GⅡ3着、ラジオたんぱ杯3歳S-GⅢ3着。
【種牡馬実績】 02年より供用。フサイチリシャール(朝日杯FS-GⅠ、阪神C-GⅡ、東京スポーツ杯2歳S-GⅢ、萩S、スプリングS-GⅡ2着、共同通信杯-GⅢ2着、皐月賞-GⅠ5着)、ホワイトメロディー(関東オークス-GⅡ)、フラムドパシオン(ヒヤシンスS、UAEダービー-GⅡ3着)、シェルズレイ(ローズS-GⅡ2着、チューリップ賞-GⅢ2着、桜花賞-GⅠ5着)、サザンビューティー(フェアリーS-GⅢ3着)、プラチナローズ(福島2歳S)
【2007年種牡馬リーディング】 11 位
(勝馬率 35.8 %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 4.2 %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 11.9 %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 "ジャパンカップダートでは後続に大差をつけて圧勝した本馬だが、この時記録したタイムは、ダート2100mの世界レコード2分5秒9という破格のものであった。その圧倒的な強さから、レース後には「怪物」と呼ばれている。
また、「日本にはクロフネという名の、白いセクレタリアトがいる」とも言われた。これはクロフネが記録したジャパンカップダートのペースで2400mを走れば、伝説の「セクレタリアトのベルモントステークス」のタイムに迫ると言われたためである。
ダートの日本レコードは本馬が記録したもの以外は、タイムの出やすくなる重馬場や不良馬場で記録されたものが多い。良馬場で上記の様なレコードを叩き出した同馬は規格外と言える。"
【ワンポイントウィキペディア2】 "引退後は社台スタリオンステーションにて種牡馬入り。種牡馬としては初年度の種付け時に性器に異常を起こして種付けを中断するなどのアクシデントがあったが、産駒は早くから地方競馬・中央競馬両方で勝ち上がりを見せており、フサイチリシャールが東京スポーツ杯2歳ステークスでJRA重賞初勝利を挙げ、その後朝日杯フューチュリティステークスにも勝利し、初年度からGI優勝馬を輩出するなど好調な出だしとなった。

父フレンチデピュティ、母ブルーアヴェニューは共に、2001年に日本に輸入された。これは本馬の活躍によるところが大であった。兄弟の主な活躍馬として、全妹のBella Bellucciがアメリカで重賞を2勝している。また、Northern Dancerの父系からなる同馬は一般的にノーザンダンサー系と呼ばれるが、その発展・細分化に伴い、ヴァイスリージェント系と呼ばれることもある。"
【楽天馬の種牡馬寸評】 "クロフネ産駒は、数字を見てわかるとおり、芝よりダートという傾向が年を追う事に強くなっている。これは生産者側や調教師がその産駒の傾向をとらえ始めた結果であろう。それと芝でダメでもダートで勝ち上がれるというのもこの種牡馬の人気を押し上げている所以である。

血統的には、父フレンチデピュティは、デピュティミニスター系で、逃げや追い込み一辺倒の馬が多いなど脚質的には不器用だが、優れたスピード持続力を強く遺伝し、長い直線が得意な産駒が多い。
また、母系には典型的なスタミナ型のゲインズボロー系の血や、ヘイルトゥリーズン系の中でも特にスタミナに優れたロベルトなどが入り、"スピード"と"切れ"のあるナスルーラのクロスを持つなど、非常にバランスが良い血統構成である。このバランスの良さが、比較的距離レンジが広くとれている理由だと思われる。
今後はリシャールに続く大物を早い時期に出すことが、群雄割拠の種牡馬レースの中では至上命題と言える。

産駒は、筋肉質で、サンデー系に比べると脚元のクッションや背中が硬めの産駒が多いが、強いダート適性が示すとおり、この種牡馬に限っては、その部分はあまり気にする必要はない。
また、クロフネ自身の馬体を見てのとおり、日本のこれまでのパワー優先のダート馬のゴツゴツした馬体ではない。
でもこれがクロフネ特有のパワーとスピードの両方が生きる体型であり、その産駒もでっぷりとした筋肉ムキムキなタイプは感心しない。むしろ、芝向きの軽めで薄い馬体を持ち、トモ、飛節、繋ぎなどにしっかりとしたバネを感じる馬体の産駒を選ぶ方が、確率が高いと思われる。例えるなら、ボディビルダーより、ボクサーのような締まった馬体という感じだろうか。"
----------
【母父サンデーサイレンス】
【競走成績】 米で14戦9勝。ケンタッキーダービー-GⅠ、プリークネスS-GⅠ、BCクラシック-GⅠ、スーパーダービー-GⅠ、サンタアニタダービー-GⅠ
【種牡馬成績】 ディープインパクト(牡馬クラシック3冠、天皇賞・春-GⅠ、宝塚記念-GⅠ)、ハーツクライ(ドバイSC-GⅠ、有馬記念-GⅠ)、スペシャルウィーク(ジャパンC-GⅠ、東京優駿-GⅠ、天皇賞・春-GⅠ、天皇賞・秋-GⅠ)、ゼンノロブロイ(ジャパンC-GⅠ、有馬記念-GⅠ、天皇賞・秋-GⅠ)、ハットトリック(香港マイル-GⅠ、マイルCS-GⅠ)、ステイゴールド(香港ヴァーズ-GⅠ)、ネオユニヴァース(東京優駿-GⅠ、皐月賞-GⅠ)、アドマイヤベガ、タヤスツヨシ、アグネスフライト、マンハッタンカフェ、エアシャカール、ダンスインザダーク、アグネスタキオン、スティルインラブ、ダンスインザムード、デュランダル
【母父成績】 アドマイヤムーン(ドバイデューティーフリー-GI、宝塚記念-GI、ジャパンカップ-GI、弥生賞-GII)、ラインクラフト(桜花賞-GⅠ、NHKマイルC-GⅠ、フィリーズレビュー-GⅡ、阪神牝馬S-GⅡ)、アサクサキングス(菊花賞-GI)、ソングオブウインド(菊花賞-GI)、トールポピー(阪神JF-GI、優駿牝馬-GI)、レジネッタ(桜花賞-GI)、フサイチリシャール(朝日杯FS-GⅠ)、シャドウゲイト(シンガポール航空インターナショナルカップ-GI)、マイソールサウンド(阪神大賞典-GⅡ、マイラーズC-GⅡ、京都記念-GⅡ)、ポップロック(目黒記念-GⅡ)、プレシャスカフェ(CBC賞-GⅡ)、サカラート(東海S-GⅡ)、ヴァーミリアン(ジャパンカップダート-GI、フェブラリーS-GI、ダイオライト記念-GⅡ)、サクラメガワンダー、シャドウスケイプ、プリサイスマシーン、スズノマーチ、ウイングレット、ライラプスなど

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ "母父サンデーサイレンスは、2007年についにリーディングブルードメアサイアーの座を獲得しています。BMSとしては柔らかくしなやかな筋肉と激しい気性を遺伝させると言われていますが、現状ではいずれの特徴も競争能力的にはプラスに働いている場合が多そうです。

母母父エルグランセニョールは、ノーザンダンサー系の超良血馬です。
母セックスアピールの産駒には種牡馬トライマイベスト、日本ではロッタレースなどがいて、これらの繁殖や種牡馬が牝系を世界的に繁栄させています。その母父バックパサーはトムフールの代表産駒で、マルゼンスキーの母父としても有名ですが、世界的にもBMSとしては非常に優秀な種牡馬です。最近日本にバックパサーの直系であるシルヴァーチャームが輸入されましたが、個人的に日本に欲しかった血の一つであり、今後注目される血だと思います。
トムフール系自体が母系に入って優秀な種牡馬で、底力を強化し、非常に良い競走資質を遺伝しますが、実は本馬の母母母母父もトムフールですね。

母母母父カロは、母系に入って決め手を発揮する種牡馬で、瞬発力に優れ、良い切れ脚を発揮します。

全体的には非常にバランス良く、決め手は言うまでもなく、父クロフネでさらにスピードが強化されています。
距離的にはマイル-中距離で、決め手の鋭い競走馬になりそうですね。
それにしても、偶然なのか、ノーザンダンサーとニアークティックの両方のクロスを持つ馬が多いですね。確かに生じやすいことは生じやすいですが、意図的でしょうか。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 池江泰郎
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 6 位
勝ち数 40 勝、勝率 13.8% 、連対率 24.1%
【2007成績】 リーディング 9 位
勝ち数 35 勝、勝率 12.6% 、連帯率 24.1%
これまでの主な管理馬 ディープインパクト、トゥザビクトリー、ステイゴールド、メジロマックィーン、ゴールドアリュール
【よく使う騎手】 藤岡佑騎手、武豊騎手、川田将騎手、岩田康騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ ベスト10の常連で、毎年のように30勝台後半から40勝前半を上げている名トレーナーの一人です。
◆ワンポイントウィキペディア◆ "今でこそディープインパクトなど数々の名馬を送りだし、誰もが認める名調教師だが、開業当初は全く勝てなかったという。そのためか現在では新人調教師が中々勝てない時には、「あの池江さんですら開業当時は中々勝てなかったんだから」という言葉が栗東トレセンの慰め言葉になっているという。

2007年10月現在、メジロマックイーン(10億1465万7700円)・ステイゴールド(7億6299万3000円+120万USドル+800万香港ドル)・ディープインパクト(14億5455万1000円)と3頭の生涯獲得賞金10億円超の競走馬を作り上げており、複数の10億円ホースを管理した唯一の調教師である。(ステイゴールドについてはドバイシーマクラシックおよび香港ヴァーズ(ともに2001年)の獲得賞金をそれぞれレース当日の為替レートで日本円に換算すると合計が約10億3000万円となり10億円を超える。) "
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:481kg
体高:153cm
胸囲:175cm
管囲:19.5cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 △
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 -
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "気性は、半姉よりはまだ良い方だと思います。それでも牧場で見たら結構うるさいですね。
首さしは良くて、肩の筋肉も形が良くて適度なボリュームですね。
二の腕はパワーがありそうですが、足先はすっきりしているのがクロフネ産駒らしいですね。
胴回りはまだ幼児体型でボテッとしていますが、背中はなかなかしっかりした良い感じで、トモもバネがありそうな良い形、そして良い筋肉がついています。
ちょっと大きいんですが、足もとがトールポピーのようにぐにゃっと沈むわけでは無く、しっかりと沈む感じなので、500キロにいかなければ何とか大丈夫そうな感じがしました。
おそらく牝馬なので、500キロいかないように育てると思いますね。歩様はかなり腰高なので、その影響もあるかもしれませんが、前後の踏み込みがちょっと甘いですね。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母は繁殖適期としては終盤戦です。
血統は、父クロフネ、母父サンデーでそれ以外の血も適当に良い血が入っていますし、重賞馬2頭の半妹ですので、悪いわけはないと思います。
大型馬であることについては、松橋場長はアドマイヤサンデー自身がサンデー牝馬の中でも大きくて走った馬なので心配ないとのことでした。
価格は、姉トールポピーが2,800万円(一口7万円)でしたから、その妹でちょっと高くてもしょうがないですかね。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)"へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
01.カドデュソレイユ(スーヴェニアギフトの07)
02.スペースニードル(シアトルデライターの07)
03.ヴァルガリス(ライラックレーンの07)
04.ローテスクライト(レッドヴェルベットの07)
05.フェイルノート(アズサユミの07)
06.ホワッツアップ(ホワッツニューの07)
07.メインカレント(メインスルーの07)
08.グロッタアズーラ(サダムブルーアイズの07)
09.ダンスアムール(プレシャスラバーの07)
10.ワイドスプレッド(サマーベイブの07)
11.ティアレ(ササファイヤーの07)
12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
13.スペシャルグルーヴ(ソニックグルーヴの07)
14.アギュエラ(ルカダンスの07)
15.スーブルソー(フレンチバレリーナの07)
16.アースガルド(レディフェアリーの07)
17.キャニオンビュー(ベガスナイトの07)
18.アークビショップ(プレラットの07)
19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
20.ソルスティス(シーセモアの07)
21.プラウディーレ(ゲイングローリーの07)
22.ヴィヴルヴォン(セメイユドゥヴォンの07)
23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
24.シーズンズベスト(シーズアンの07)
25.リンドブルム(サドラーズメイドの07)
26.ヴェニーズワルツ(インディゴワルツの07)
27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
28.アウスピカーレ(ボンヌシャンスの07)
29.クラウソラス(ビワプランサーの07)
30.アブラハムダービー(カメリアローズの07)
31.ストークフィールド(ローズバレッタの07)
32.リズモア(タイキナタリーの07)
33.スフィラータ(インディパレードの07)
34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
35.セイントニコラス(スリリングヴィクトリーの07)
36.ファーベルハフト(サクラファビュラスの07)
37.ピットスポルム(プリンセスカーラの07)
38.ラプリマステラ(ラプーマの07)
39.コヴェンティナ(ライクリーティナの07)
40.アマルフィターナ(ホワットケイティーディドの07)
41.ローザグランデ(ローザネイの07)
42.デルフィニウム(ケイティーズファーストの07)
43.ラスティングソング(ハルーワソングの07)
44.バルトーロ(ポトリザリスの07)
45.フォルトシュリット(フリードリームズの07)
46.トゥザグローリー(トゥザヴィクトリーの07)
47.プルミエダンスール(スーパーバレリーナの07)
48.トゥエルフスナイト(シーザリオの07)
49.ピンクアリエス(ピノシェットの07)
50.ブロードアピールの07(募集中止)
51.ルチルクォーツ(マミーズジュエリーの07)
52.サヴァラン(タイキシフォンの07)
53.タイトルホルダー(メインタイトルの07)
54.ラフォルジュルネ(グレイトフィーヴァーの07)
55.ラフェクレール(アドマイヤマカディの07)
56.ライツェント(ソニンクの07)
57.ネオポラリス(タイキポーラの07)
58.ステラファンタジーの07(募集中止)
59.インペリアルマーチ(キョウエイマーチの07)
60.アルメーリヒ(プアプーの07)
61.バトードール(ビスクドールの07)
62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
63.ジョディーズライン(プリティジョディーの07)
64.トロサックス(トキオジュリアの07)
65.マージービート(アフタービートの07)
66.アイビーフォールド(ビューティテイストの07)
67.リリウムルベルム(ヘイアンリリーの07)
68.クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
69.サックアクロア(フサイチケリーの07)
70.フラガラッハ(スキッフルの07)
71.スペクタビリス(スペクタクルライフの07)
72.スコッツブラフ(オレゴントレイルの07)
73.クレアトゥール(オーソードレッシイの07)
74.クラサヴィカ(アスクレピアスの07)
75.セイルオンザグラス(シャドーウィップの07)
76.アンヴァルト(アーティストチョイスの07)
77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)
78.ボッカデラヴェリタ(ヴードゥーレディの07)
79.カクタスペア(カクタスベルの07)

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門