このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

70.フラガラッハ(スキッフルの07)

Posted at 08/07/07 Trackback(0)»

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

【馬名】 フラガラッハ(スキッフルの07)
由来:ケルト神話の光の神ルーが持つ魔剣。この剣の刃を見た敵は力失せ、誘われるように切り伏せられてしまう。父名より連想。(ゲール語)
【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 デュランダル
【母】 スキッフル (母父 トニービン )
【生年月日】 2007年4月3日 生まれ
【生産牧場】 白老F
【募集価格】 1,800 万円(一口価格 4.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 スナップの利く繋やサンデー系にしては浅めの飛節のつくり、メリハリのある筋肉、そして軽くて柔らかい身のこなしなど、異次元の末脚で短距離界を席巻した父の特徴が馬体の随所にしっかりと見られます。長めの首差しややや薄手で脚長の体型を見ると母父トニービン譲りのゆったりした骨格も授かっており、短距離に限らない更なる距離への融通性もありそうです。平常時は落ち着いた性格ながら、ここぞと言う時の集中力の高さは頼もしい限りで、父の初年度産駒として注目を浴びる中、幅広い選択肢を味方に勝ち星を積み重ね、代表産駒の中に名を残すような活躍を期待しています。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1998 生まれ、本馬は 9 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 1 戦 0 勝
【母の馬場・距離適性】 芝、短距離
【母のデビュー時期】 4歳3月
【母の引退時期】 2002/3/17 (引退年齢 4 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2004/3/13
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 13 ヶ月
【2005年産までの産駒数】 1 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 0 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔クードクール(父スクワートルスクワート、牝)3歳3月デビュー、ダート短距離で5戦0勝、地方3戦0勝、
2005年不受胎。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "たまたま初年度が不受胎でしたので、実際の繁殖入りまでにはかなり期間が空いています。
繁殖ポテンシャルは、普通に考えればかなり高いはずですが、スキッフル自体が4歳デビューとそもそも体質が弱かった感じですので、そこが少し心配ではあります。"
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× ゼダーン 系
【同系の主な活躍馬】 リンカーン、ハーツクライ、アドマイヤグルーヴ、アドマイヤベガ、ドリームパスポート、ヴィクトリー、キャプテントゥーレ、サンプレイス、アドマイヤボスなど
【本馬の5代クロス】 ノーザンダンサーの4×4
【牝系の特徴】 曾祖母シュートアラインは愛3歳牝馬チャンピオンで愛オークス-GIなどGIを2勝、重賞を5勝した名牝で、孫の代に米3歳牡馬チャンピオンでケンタッキーダービーなど米2冠馬サンダーガルチ、日本のダート重賞を4勝したバトルラインという種牡馬を輩出している。
----------
【父デュランダル】
【競走成績】 日香で、2~6歳時18戦8勝。03年最優秀短距離馬
【種牡馬実績】 -
【2007年種牡馬リーディング】 - 位
(勝馬率 - %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 - %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 - %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 サンデーサイレンスにノーザンテーストを父に持つ牝馬を掛け合わせるという配合は、JRAに登録された競走馬だけでも186頭いるように、数多く試みられてきたが、GIを勝つ産駒がなかなか出現せず、この配合の馬で初めてGIを勝ったのが本馬である。長らくタブー扱いされてきたサンデーサイレンス×ノーザンテースト配合だったが、これを契機にダイワメジャー、アドマイヤマックス、エアメサイアとデュランダルが初GI制覇した翌年の2004年、更に2005年の2年間だけで他に3頭のGIウイナーが出た。
【ワンポイントウィキペディア2】 2003年秋のセントウルステークス。鞍上に新コンビとなる池添謙一を迎えて、豪快な末脚を伸ばして3着に入り、GIスプリンターズステークスに駒を進める。ここではこのレースで引退するビリーヴが1番人気。最後の直線で早くもビリーヴが先頭に立ったが、最後方から豪快な末脚を伸ばしてデュランダルがハナ差わずか15センチ交わしてビリーヴを退けた(直線最後方からスプリンターズステークスを優勝したのはデュランダルのみ)。そして次走、マイルチャンピオンシップではスプリンターズステークス同様に5番人気という評価ではあったが、ここでも豪快な末脚が炸裂しファインモーション以下を退け優勝。スプリンターズステークス、マイルチャンピオンシップの連勝が評価され同年の最優秀短距離馬に選出された。
【楽天馬の種牡馬寸評】 "稀代の快速馬デュランダルが、新種牡馬として登場である。
産駒傾向などはもちろんまったくわからないのであるが、血統から個人的にも非常に期待している新種牡馬である。

本馬の父サンデーサイレンスは、言わずと知れたヘイルトゥリーズン系の中でも"スピード"、"闘争心"にあふれ"決め手"鋭い種牡馬である。
そして、母父には"スタミナ"、"スピード"、"切れ"と3拍子そろったノーザンテーストがいる。
父、母父と遺伝力の強い2頭の種牡馬だけでも走る遺伝子はかなり伝わる感じがする。

しかし、さらに母系を進むと実に魅力的が血のクロスがたくさん入っていることに驚かされる。
この種牡馬の血統のポイントは、まさに母母スコッチプリンセス以下の母系の血の構成ではないだろうか。

母母スコッチプリンセスの血統は、ハイペリオン系×ブレニム系の強力なスタミナ配合である。
血統表を見てみると、タフなスタミナ血統のハイペリオンの4×5×5のラインクロスのほか、底力と粘りに優れたテディ系Bull Dog、Sir Gallahadの全兄弟の5×5のクロス、スタミナ血統のBlenheim(ブレニム)の5×5のクロス、ネアルコの4×4、Hurakan、Uncle's Lassieの全姉妹の5×5のクロスと細かいクロスが4代、5代にライン上にちりばめられ、しかもスタミナ、底力、粘りと非常に重厚な配合である。
さらにその母Meadow Saffronも、ハイペリオンの4×4、タフなスタミナ血統であるセントサイモン系のSeleneの5×5×5のラインクロス、ファラリスの5×5が入った、これもスタミナと底力にあふれた配合となっている。

このデュランダルの母系に細かく入ったクロスを構成する血は、実は日本でもかなりお馴染みの血ばかりであり、デュランダルの産駒には、6代~8代の深いところで、非常に細かいスタミナ系(スタミナ、粘り、底力)のラインクロスがたくさん入る可能性が高くなっている。実はこれは、これまで多くの名種牡馬が持ってきた遺伝要素の一つであり、某血統理論では種牡馬評価の基本的な考え方となっているものでもある。

まあ、産駒が走っていないので、いずれにしても想像の域を出ないが、産駒の活躍の可能性は十分に感じる種牡馬であるし、4分の3同血のダイワメジャーの種牡馬デビューの前に、しっかりとパフォーマンスを示しておきたいところでもある。"
----------
【母父トニービン】
【競走成績】 英仏伊日で27戦15勝。凱旋門賞-GⅠ、ジョッキークラブ大賞-GⅠ、ミラノ大賞-GⅠ2回、共和国大統領杯-GⅠ2回、フェデリコテシオ賞-GⅢ
【種牡馬成績】 ジャングルポケット(東京優駿-GⅠ、ジャパンC-GⅠ)、ウイニングチケット(東京優駿-GⅠ)、エアグルーヴ(天皇賞・秋-GⅠ、優駿牝馬-GⅠ)、サクラチトセオー(天皇賞・秋-GⅠ)、オフサイドトラップ(天皇賞・秋-GⅠ)、ベガ(優駿牝馬-GⅠ、桜花賞-GⅠ)、ノースフライト(安田記念-GⅠ、マイルCS-GⅠ)、レディパステル(優駿牝馬-GⅠ)、テレグノシス(NHKマイルC-GⅠ)
【母父成績】 ハーツクライ(ドバイSC-GⅠ、有馬記念-GⅠ、京都新聞杯-GⅡ)、アドマイヤベガ(東京優駿-GⅠ、京都新聞杯-GⅡ)、アドマイヤドン(フェブラリーS-GⅠ、朝日杯FS-GⅠ、帝王賞-GⅠ、JBCクラシック-GⅠ3回)、アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯-GⅠ2回、ローズS-GⅡ)、リンカーン(日経賞-GⅡ、京都大賞典-GⅡ、阪神大賞典-GⅡ)、アドマイヤボス(セントライト記念-GⅡ)、ドリームパスポート(きさらぎ賞-GⅢ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父トニービンは、ゼダーン系の種牡馬で、産駒は器用さはないものの瞬発力と持続力を兼ね備えていて、ダービーを勝ったジャングルポケットの脚質などは典型と言えるでしょう。その母父Hornbeam は母系に入ると非常に良い競争資質を伝えるというハイペリオン系の種牡馬で、母父トニービンの良さはこのあたりからきているのかもしれません。

母母父ヌレイエフは、ノーザンダンサー系にあって、特に"粘り"に優れた血統で、産駒は本来はマイルですが、その粘りから長距離もこなす産駒を出している器用な種牡馬です。

母母母父ハイラインは、スタミナ血統のハイペリオン系の種牡馬で、ステイヤーでした。

血統としては、母系がスピード持続力が高く、瞬発力もある非常にバランスの良い血統構成になっていて、そこにデュランダルのスピードとスピード持続力は、さらにプラスに作用する感じです。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 松永幹夫
【所属名】 栗東
【2007成績】 リーディング 89 位
勝ち数 16 勝、勝率 9.0% 、連対率 13.6%
これまでの主な管理馬 サンダルフォン
【よく使う騎手】 武豊騎手、秋山騎手、角田騎手、藤田騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★☆☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 昨年デビューで16勝は見事でした。今年はさらなる飛躍が期待されますが、ちょっと出遅れていますね。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 童顔で甘いマスクを持ち、デビュー直後から女性ファンが多くついた。いわゆるアイドル視される騎手のはしりで、競馬場に多くの若い女性が訪れるきっかけともなった。2006年度JRA調教師試験に合格したため38歳の若さで鞭を置くこととなった。調教師試験は競馬関係者にとっても非常に難関な試験として有名である(中には10回以上受験した者もいる)が、わずか1回の受験で見事に合格した。本人としては、若くて元気のある内に調教師になりたかったと語っているが、2007年に自分の所属する山本正司調教師が定年により厩舎を解散することが決定していたことも大きいといわれている。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:444kg
体高:158cm
胸囲:178cm
管囲:21.4cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "カタログのコメントから気性はメリハリのある感じのようですね。
首はしなやかでちょっと長めで、馬体が幼いのでちょっとアンバランスな感じがしますね。
肩はなだらかで、胴も長めと、血統とはちょっと違う感じに見えますが、とにかく馬体自体が幼いので、どういう風に変わるかわかりませんね。
脚はまっすぐで、繋ぎも角度良く、柔らかいです。ただ、ちょっと右後肢の繋ぎが寝すぎですね。
後肢の置く位置は良くて、そうならもう少しトモの後ろに筋肉がついても良いのですが、もしかしたら撮影の時にずらしましたかね(笑)
背中は良い感じですね。
全体的にまだ馬体ができていないので、これからですね。
体高があるので、結構大きくなるかもしれませんね。
変わってくるのが楽しみですね。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは、高めにつけましたが、まだわからない繁殖です。
血統構成は実に魅力的で、スピード、底力、スタミナ、瞬発力とバランス良いですね。
馬体は、とにかく成長してみないとわかりませんが、軽そうな脚もとなど随所に良いところはあると思います。
調教師は、デビューしたてにもかかわらず、いきなりなかなかの成績を残したあたりは期待できますね。
価格は、もう少し様子を見ないとなんとも言えませんが、牡馬なので普通という感じですかね。
成長期ですので、少し長い目で見てあげたいですね。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"70.フラガラッハ(スキッフルの07) "へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
01.カドデュソレイユ(スーヴェニアギフトの07)
02.スペースニードル(シアトルデライターの07)
03.ヴァルガリス(ライラックレーンの07)
04.ローテスクライト(レッドヴェルベットの07)
05.フェイルノート(アズサユミの07)
06.ホワッツアップ(ホワッツニューの07)
07.メインカレント(メインスルーの07)
08.グロッタアズーラ(サダムブルーアイズの07)
09.ダンスアムール(プレシャスラバーの07)
10.ワイドスプレッド(サマーベイブの07)
11.ティアレ(ササファイヤーの07)
12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
13.スペシャルグルーヴ(ソニックグルーヴの07)
14.アギュエラ(ルカダンスの07)
15.スーブルソー(フレンチバレリーナの07)
16.アースガルド(レディフェアリーの07)
17.キャニオンビュー(ベガスナイトの07)
18.アークビショップ(プレラットの07)
19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
20.ソルスティス(シーセモアの07)
21.プラウディーレ(ゲイングローリーの07)
22.ヴィヴルヴォン(セメイユドゥヴォンの07)
23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
24.シーズンズベスト(シーズアンの07)
25.リンドブルム(サドラーズメイドの07)
26.ヴェニーズワルツ(インディゴワルツの07)
27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
28.アウスピカーレ(ボンヌシャンスの07)
29.クラウソラス(ビワプランサーの07)
30.アブラハムダービー(カメリアローズの07)
31.ストークフィールド(ローズバレッタの07)
32.リズモア(タイキナタリーの07)
33.スフィラータ(インディパレードの07)
34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
35.セイントニコラス(スリリングヴィクトリーの07)
36.ファーベルハフト(サクラファビュラスの07)
37.ピットスポルム(プリンセスカーラの07)
38.ラプリマステラ(ラプーマの07)
39.コヴェンティナ(ライクリーティナの07)
40.アマルフィターナ(ホワットケイティーディドの07)
41.ローザグランデ(ローザネイの07)
42.デルフィニウム(ケイティーズファーストの07)
43.ラスティングソング(ハルーワソングの07)
44.バルトーロ(ポトリザリスの07)
45.フォルトシュリット(フリードリームズの07)
46.トゥザグローリー(トゥザヴィクトリーの07)
47.プルミエダンスール(スーパーバレリーナの07)
48.トゥエルフスナイト(シーザリオの07)
49.ピンクアリエス(ピノシェットの07)
50.ブロードアピールの07(募集中止)
51.ルチルクォーツ(マミーズジュエリーの07)
52.サヴァラン(タイキシフォンの07)
53.タイトルホルダー(メインタイトルの07)
54.ラフォルジュルネ(グレイトフィーヴァーの07)
55.ラフェクレール(アドマイヤマカディの07)
56.ライツェント(ソニンクの07)
57.ネオポラリス(タイキポーラの07)
58.ステラファンタジーの07(募集中止)
59.インペリアルマーチ(キョウエイマーチの07)
60.アルメーリヒ(プアプーの07)
61.バトードール(ビスクドールの07)
62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
63.ジョディーズライン(プリティジョディーの07)
64.トロサックス(トキオジュリアの07)
65.マージービート(アフタービートの07)
66.アイビーフォールド(ビューティテイストの07)
67.リリウムルベルム(ヘイアンリリーの07)
68.クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
69.サックアクロア(フサイチケリーの07)
70.フラガラッハ(スキッフルの07)
71.スペクタビリス(スペクタクルライフの07)
72.スコッツブラフ(オレゴントレイルの07)
73.クレアトゥール(オーソードレッシイの07)
74.クラサヴィカ(アスクレピアスの07)
75.セイルオンザグラス(シャドーウィップの07)
76.アンヴァルト(アーティストチョイスの07)
77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)
78.ボッカデラヴェリタ(ヴードゥーレディの07)
79.カクタスペア(カクタスベルの07)

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門