このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)

Posted at 08/08/30 Trackback(0)»

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

【馬名】 リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
由来:真なる道。正攻法の競馬で勝利へ向かって走ってほしいとの願いを込めて。母名と父母名・母父名より連想。(英語)
【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 クロフネ
【母】 リアリーハッピー (母父 アヴェニューオブフラッグス )
【生年月日】 2007年4月27日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 3,200 万円(一口価格 8 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 成長の波がゆっくりとした右肩上がりの本馬は、父似の容積十分な充実したトモが目立つ馬でしたが、春から夏にかけて背に伸びが出てきたこと、そして胸に厚みと肩にゆとりがついたことで全体のバランスの良さが目に付く馬になりました。真っ直ぐで骨量豊富な脚元は関節のつくりも大きく父の遺伝子をしっかりと受け継いでいます。トモの踏み込みがよく前進気勢に溢れた動きは日常の中でも目立つ存在で、放牧地での動きにも活力がみなぎっています。まだ荒削りな面は見られますがとてつもないパワーを感じさせており、芝はもとより特にダートでの走りが楽しみな一頭です。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1994 生まれ、本馬は 13 歳の時の産駒
【母の戦歴】 米5勝
【主な勝ち鞍】 ベイメドウズオークス-GIII、レイルバードS-GII2着、プリンセスS-GII2着、ハリウッドオークス-GII3着、サンクレメンテH-GII3着
【母の馬場・距離適性】 芝・ダート、マイル前後
----------
【2005年産までの産駒数】 4 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔ハッピーシーン(父デヒア、牝)は不出走、
二番仔ハッピーキャンパーランド(父スーヴェニアコピー、牡)は不出走、
01、02不受胎、
三番仔ショウナンタイトル(父ゴーンウェスト、牡)は、3歳2月デビュー、芝短-中距離で20戦1勝、
04不明
四番仔ルミナスハッピー(父アグネスタキオン、牝)は、不出走引退。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖成績から推定すると、現役時代に重賞戦線でかなり走ったことによる影響か、もしくは繁殖入りまでの期間が短く、疲労感を残して繁殖入りした影響で、お産が悪く、産駒の成績も体質面で問題が発生して不出走引退しているのが目立ち、かなり繁殖ポテンシャルの低い繁殖と言えます。これだけの成績を残した牝馬ですから、まともならかなりの産駒を出しているはずで、非常にもったいないですね。あとは父クロフネのポテンシャルでどこまでカバーしてくれるかが本馬の活躍の決め手ではないでしょうか。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ノーザンダンサー 系× ボールドルーラー 系
【同系の主な活躍馬】 アグネスワールド、オースミタイクーン、ジョウテンブレーヴ、カワカミプリンセス、エイデジャブー、カネトシガバナーなどですが、世界の種牡馬には結構多くて、ファルブラヴ、ジェネラス、チーフベアハート、ストームキャット、デヒア、アジュディケーティング、フィガロ、セクレトなど多数。
【本馬の5代クロス】 ノーザンダンサーの5×4、ニアークティックの5×5
【牝系の特徴】 曾祖母シックスマンスズロングの産駒にハーフアイヤー、ウイニングパクトの2頭の重賞勝ち馬がいる。
----------
【父クロフネ】
【競走成績】 日で2~3歳時に10戦6勝。01年最優秀ダートホース。ジャパンCダート-GⅠ(ダ2100m)、NHKマイルC-GⅠ(芝1600m)、武蔵野S-GⅢ(ダ1600m)、毎日杯-GⅢ(芝2000m)、神戸新聞杯-GⅡ3着、ラジオたんぱ杯3歳S-GⅢ3着。
【種牡馬実績】 02年より供用。フサイチリシャール(朝日杯FS-GⅠ、阪神C-GⅡ、東京スポーツ杯2歳S-GⅢ、萩S、スプリングS-GⅡ2着、共同通信杯-GⅢ2着、皐月賞-GⅠ5着)、ホワイトメロディー(関東オークス-GⅡ)、フラムドパシオン(ヒヤシンスS、UAEダービー-GⅡ3着)、シェルズレイ(ローズS-GⅡ2着、チューリップ賞-GⅢ2着、桜花賞-GⅠ5着)、サザンビューティー(フェアリーS-GⅢ3着)、プラチナローズ(福島2歳S)
【2007年種牡馬リーディング】 11 位
(勝馬率 35.8 %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 4.2 %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 11.9 %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 "ジャパンカップダートでは後続に大差をつけて圧勝した本馬だが、この時記録したタイムは、ダート2100mの世界レコード2分5秒9という破格のものであった。その圧倒的な強さから、レース後には「怪物」と呼ばれている。
また、「日本にはクロフネという名の、白いセクレタリアトがいる」とも言われた。これはクロフネが記録したジャパンカップダートのペースで2400mを走れば、伝説の「セクレタリアトのベルモントステークス」のタイムに迫ると言われたためである。
ダートの日本レコードは本馬が記録したもの以外は、タイムの出やすくなる重馬場や不良馬場で記録されたものが多い。良馬場で上記の様なレコードを叩き出した同馬は規格外と言える。"
【ワンポイントウィキペディア2】 "引退後は社台スタリオンステーションにて種牡馬入り。種牡馬としては初年度の種付け時に性器に異常を起こして種付けを中断するなどのアクシデントがあったが、産駒は早くから地方競馬・中央競馬両方で勝ち上がりを見せており、フサイチリシャールが東京スポーツ杯2歳ステークスでJRA重賞初勝利を挙げ、その後朝日杯フューチュリティステークスにも勝利し、初年度からGI優勝馬を輩出するなど好調な出だしとなった。

父フレンチデピュティ、母ブルーアヴェニューは共に、2001年に日本に輸入された。これは本馬の活躍によるところが大であった。兄弟の主な活躍馬として、全妹のBella Bellucciがアメリカで重賞を2勝している。また、Northern Dancerの父系からなる同馬は一般的にノーザンダンサー系と呼ばれるが、その発展・細分化に伴い、ヴァイスリージェント系と呼ばれることもある。"
【楽天馬の種牡馬寸評】 "クロフネ産駒は、数字を見てわかるとおり、芝よりダートという傾向が年を追う事に強くなっている。これは生産者側や調教師がその産駒の傾向をとらえ始めた結果であろう。それと芝でダメでもダートで勝ち上がれるというのもこの種牡馬の人気を押し上げている所以である。

血統的には、父フレンチデピュティは、デピュティミニスター系で、逃げや追い込み一辺倒の馬が多いなど脚質的には不器用だが、優れたスピード持続力を強く遺伝し、長い直線が得意な産駒が多い。
また、母系には典型的なスタミナ型のゲインズボロー系の血や、ヘイルトゥリーズン系の中でも特にスタミナに優れたロベルトなどが入り、"スピード"と"切れ"のあるナスルーラのクロスを持つなど、非常にバランスが良い血統構成である。このバランスの良さが、比較的距離レンジが広くとれている理由だと思われる。
今後はリシャールに続く大物を早い時期に出すことが、群雄割拠の種牡馬レースの中では至上命題と言える。

産駒は、筋肉質で、サンデー系に比べると脚元のクッションや背中が硬めの産駒が多いが、強いダート適性が示すとおり、この種牡馬に限っては、その部分はあまり気にする必要はない。
また、クロフネ自身の馬体を見てのとおり、日本のこれまでのパワー優先のダート馬のゴツゴツした馬体ではない。
でもこれがクロフネ特有のパワーとスピードの両方が生きる体型であり、その産駒もでっぷりとした筋肉ムキムキなタイプは感心しない。むしろ、芝向きの軽めで薄い馬体を持ち、トモ、飛節、繋ぎなどにしっかりとしたバネを感じる馬体の産駒を選ぶ方が、確率が高いと思われる。例えるなら、ボディビルダーより、ボクサーのような締まった馬体という感じだろうか。"
----------
【母父アヴェニューオブフラッグス】
【競走成績】 米3戦2勝。ハリウッド・ジュヴェナイル・チャンピオンシップS-GII
【種牡馬成績】 ノータブルキャリアー Notable Career(オークリーフS[USA-G1]),ジョーイフランコ Joey Franco(トリプルベンドBC招待H[USA-G1]),ベルズフラッグ Belle's Flag(エルエンシノS[USA-G2],ラ・カナダS[USA-G2]),フリートレイディ Fleet Lady(エルエンシノS[USA-G2],ラ・カナダS[USA-G2]),ヴィクターアヴェニュー Victor Avenue(フォール・ハイウェイトH[USA-G2]),カンビオコルサ Cambiocorsa(ラス・シェネガスH[USA-G3],セネター・ケン・マディH[USA-G3]),リアリーハッピー Really Happy(ベイメドウズ・オークス[USA-G3])

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父アヴェニューオブフラッグスは、ナスルーラ、プリンスキロ、ボールドルーラーのクロスなどが入り、ボールドルーラ系のスピード持続力を伝えてくれそうな種牡馬です。

母母父はアックアック系の種牡馬、母母母父はノーザンダンサーです。

母系のベースにはあまり気になる血が少なく、底力という点ではちょっと物足りない感じです。

母父からくるボールドルーラ系特有のスピード持続力に、父クロフネのスピードに全てを託す感じですね。父似だと良いですね。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 堀宣行
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 27 位
勝ち数 28 勝、勝率 13.6% 、連対率 19.9%
【2007成績】 リーディング 31 位
勝ち数 26 勝、勝率 11.6% 、連対率 20.9%
これまでの主な管理馬 ロックドゥカンブ、キンシャサノキセキ、ジョリーダンス、ビーナスライン
【よく使う騎手】 福永騎手、石橋脩騎手、柴山騎手、武豊騎手、川田騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業6年目ですが、3年目から3年連続20勝以上していて、伸び盛りの厩舎の一つです。ノーザンファームでもよく名前を聞くトレーナーの一人で、外国にも修行にいっていて外国産馬(いわゆる○外)ならお任せという評価を聞きます。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 大学卒業後はサラリーマン生活を送っていた。1991年5月、JRA競馬学校厩務員課程に入学し、8月より美浦・諏訪富三厩舎所属の厩務員となる。11月より美浦・二ノ宮敬宇厩舎所属の調教助手となる。2002年2月、調教師免許を取得する。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:472kg
体高:157.5cm
胸囲:173cm
管囲:20.6cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "顔が賢そうで、気性もまずまず良さそうです。首さしよく、肩から背中、トモにかけてのラインがとてもしっかりしている印象で、ゆるんでいませんね。
前肢はまっすぐと伸びていて、繋ぎも角度、クッションとも非常に良いです。
肩の感じからマイル前後という感じですが、馬体全体と気性から中距離くらいまで行けるかもしれませんね。
トモはボリュームがあって、長さもあります。臀端から飛端にかけてのラインにバネを感じさせますね。
飛節自体もしっかりした感じです。
ちょっと遅い生まれですが、そんなにそれを感じさせません。馬体サイズも良い感じで、歩様も欠点が少ないですね。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルが低めなのはこれまでの産駒成績によるものですが、こういうパターンは相手種牡馬次第で一発がありますので、そこは要チェックです。
血統は、スピード持続力あるものの、スピード値はそれほど高そうではなくて、むしろパワーとスタミナに良さがありそうです。
馬体のイメージからも、芝・ダート兼用のマイル-中距離馬という感じですが、バネは相当ありそうで、スピードも結構ありそうです。
調教師は、近年非常に伸びてきている堀厩舎で、安心してまかせられます。
募集価格は、母が現役時代に重賞実績のある馬なので、この価格なのかもしれませんが、ちょっと高目ですかね。
★が少ないのは、体質面での不安からです。ただ、それさえ問題なければ、想定外の活躍が期待できそうです。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)"へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
01.カドデュソレイユ(スーヴェニアギフトの07)
02.スペースニードル(シアトルデライターの07)
03.ヴァルガリス(ライラックレーンの07)
04.ローテスクライト(レッドヴェルベットの07)
05.フェイルノート(アズサユミの07)
06.ホワッツアップ(ホワッツニューの07)
07.メインカレント(メインスルーの07)
08.グロッタアズーラ(サダムブルーアイズの07)
09.ダンスアムール(プレシャスラバーの07)
10.ワイドスプレッド(サマーベイブの07)
11.ティアレ(ササファイヤーの07)
12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
13.スペシャルグルーヴ(ソニックグルーヴの07)
14.アギュエラ(ルカダンスの07)
15.スーブルソー(フレンチバレリーナの07)
16.アースガルド(レディフェアリーの07)
17.キャニオンビュー(ベガスナイトの07)
18.アークビショップ(プレラットの07)
19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
20.ソルスティス(シーセモアの07)
21.プラウディーレ(ゲイングローリーの07)
22.ヴィヴルヴォン(セメイユドゥヴォンの07)
23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
24.シーズンズベスト(シーズアンの07)
25.リンドブルム(サドラーズメイドの07)
26.ヴェニーズワルツ(インディゴワルツの07)
27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
28.アウスピカーレ(ボンヌシャンスの07)
29.クラウソラス(ビワプランサーの07)
30.アブラハムダービー(カメリアローズの07)
31.ストークフィールド(ローズバレッタの07)
32.リズモア(タイキナタリーの07)
33.スフィラータ(インディパレードの07)
34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
35.セイントニコラス(スリリングヴィクトリーの07)
36.ファーベルハフト(サクラファビュラスの07)
37.ピットスポルム(プリンセスカーラの07)
38.ラプリマステラ(ラプーマの07)
39.コヴェンティナ(ライクリーティナの07)
40.アマルフィターナ(ホワットケイティーディドの07)
41.ローザグランデ(ローザネイの07)
42.デルフィニウム(ケイティーズファーストの07)
43.ラスティングソング(ハルーワソングの07)
44.バルトーロ(ポトリザリスの07)
45.フォルトシュリット(フリードリームズの07)
46.トゥザグローリー(トゥザヴィクトリーの07)
47.プルミエダンスール(スーパーバレリーナの07)
48.トゥエルフスナイト(シーザリオの07)
49.ピンクアリエス(ピノシェットの07)
50.ブロードアピールの07(募集中止)
51.ルチルクォーツ(マミーズジュエリーの07)
52.サヴァラン(タイキシフォンの07)
53.タイトルホルダー(メインタイトルの07)
54.ラフォルジュルネ(グレイトフィーヴァーの07)
55.ラフェクレール(アドマイヤマカディの07)
56.ライツェント(ソニンクの07)
57.ネオポラリス(タイキポーラの07)
58.ステラファンタジーの07(募集中止)
59.インペリアルマーチ(キョウエイマーチの07)
60.アルメーリヒ(プアプーの07)
61.バトードール(ビスクドールの07)
62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
63.ジョディーズライン(プリティジョディーの07)
64.トロサックス(トキオジュリアの07)
65.マージービート(アフタービートの07)
66.アイビーフォールド(ビューティテイストの07)
67.リリウムルベルム(ヘイアンリリーの07)
68.クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
69.サックアクロア(フサイチケリーの07)
70.フラガラッハ(スキッフルの07)
71.スペクタビリス(スペクタクルライフの07)
72.スコッツブラフ(オレゴントレイルの07)
73.クレアトゥール(オーソードレッシイの07)
74.クラサヴィカ(アスクレピアスの07)
75.セイルオンザグラス(シャドーウィップの07)
76.アンヴァルト(アーティストチョイスの07)
77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)
78.ボッカデラヴェリタ(ヴードゥーレディの07)
79.カクタスペア(カクタスベルの07)

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門