このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)

Posted at 08/08/26 Trackback(0)»

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

【馬名】 ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
由来:アルプス山脈から地中海に吹き降ろす風+母名の一部。旋風を巻き起こすような活躍を願って。(英語)
【性別】 牝
【毛色】 栗毛
【父】 ゼンノロブロイ
【母】 シュガーキャンディ (母父 トニービン )
【生年月日】 2007年3月13日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1,000 万円(一口価格 2.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 体のラインに窮屈なところがなく、均整のとれた筋肉質な馬体は小柄ながらも尾花栗毛と相まって放牧地ではひときわ目立つ存在です。体を目一杯使った常歩の大きなストライドや踏み込みの力強さは特筆すべき点であり、全ては全身の強力なバネや柔らかい関節の賜物です。ピリッとした気性ながら、スタッフに従順な姿はオン・オフをきっちり使い分けられる賢さの表れであり、レースでの能力の発揮を約束してくれるでしょう。順調な調整過程、堅実に走り続ける兄を考慮に入れると、本馬も息の長い丈夫な競走生活を送ってくれるはずです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1997 生まれ、本馬は 10 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
----------
【2005年産までの産駒数】 3 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔ヒカルソニック(父フサイチソニック、牡)は、2歳11月デビュー、芝中距離で4戦0勝、地方はダート短-マイルで13戦1勝、
二番仔フィールドベアー(父フジキセキ、牡)は、3歳1月デビュー、芝マイル-中距離で34戦7勝(2着9回、3着6回)、先日札幌記念-GII3着、函館記念-GIII2着、新潟記念-GIII3着、
不受胎を挟んで、
三番仔アサクサヨーデル(父トウカイテイオー、牡)は、3歳7月デビュー、芝中距離、1戦0勝。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "この繁殖はなかなかおもしろくて、産駒は若年期には体質の弱さが出る可能性がありながら、2番仔がタフに息の長い活躍をしたように、相手種牡馬次第で爆発もあり得るという、ギャンブル性の高い繁殖だと思います。
活躍した2番仔がサンデー系ということもあり、本馬には大いに期待がかかります。
その2番仔の成績(適性)を見ると、父ゼンノとも相性が良さそうな感じがしますね。
できれば早くにデビュー出来た方が良いと思います。
その点、馬体の幼さなどは要チェックですね。たとえ1歳時であっても、あまりずんぐりむっくりの幼児体型は、この繁殖の産駒としてはマイナス要素。果たして本馬の馬体は?"
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× ゼダーン 系
【同系の主な活躍馬】 リンカーン、ハーツクライ、アドマイヤグルーヴ、アドマイヤベガ、ドリームパスポート、ヴィクトリー、キャプテントゥーレ、サンプレイス、アドマイヤボスなど
【本馬の5代クロス】 5代アウトブリード
【牝系の特徴】 牝系は、すごいの一語。祖母ダイナシュガーは4歳牝馬特別-GIIなど4勝で、重賞戦線で活躍したが、産駒(母の兄弟)に阪神大賞典-GII、日経新春杯-GII、アルゼンチン共和国杯-GIIなど7勝のムッシュシュクル、毎日杯-GIII、皐月賞-GI2着のシクレノンシェリフらがいて、近親には新潟ジャンプS-GIII勝ちのデモリションマン、クイーンS-GIII、フラワーC-GIII勝ちのフリートークなど重賞勝ち馬が多数います。
----------
【父ゼンノロブロイ】
【競走成績】 日英で2~5歳時に20戦7勝。天皇賞(秋)-GI、同2着、ジャパンカップ-GI、同3着、有馬記念-GI、青葉賞-GII、神戸新聞杯-GII、東京優駿-GI2着、日経賞-GII2着、天皇賞(春)-GI2着、京都大賞典-GII2着
【種牡馬実績】 -
【2007年種牡馬リーディング】 - 位
(勝馬率 - %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 - %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 - %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 "天皇賞(秋)では、フランスのオリビエ・ペリエ騎手を再び鞍上に迎え、1番人気に応えてJRAGIに優勝した。返す刀で続くジャパンカップでも海外からの強豪を抑えて優勝した。

こうなると秋古馬三冠の期待のかかる有馬記念だが、ここでも単勝オッズ2.0倍の1番人気に応え、前年シンボリクリスエスに更新されたばかりの芝2500mのコースレコードを1秒縮める2分29秒5のタイムで優勝し、2000年のテイエムオペラオー以来の秋のJRAGI競走3連勝を果たした。この年、サンデーサイレンス産駒として初めて年度代表馬に選ばれた。"
【ワンポイントウィキペディア2】 2006年春より種牡馬となり、新たな活躍が期待される。なお、初年度よりシャトル種牡馬となっている。
【楽天馬の種牡馬寸評】 "新種牡馬ゼンノロブロイ、評価は非常に難しいが、私なりに分析してみたので、多少参考にしていただきたい。
この種牡馬の産駒について、三つの観点で検討してみた。
一つめは早熟あるいは晩成、二つめは馬場適性、三つ目は産駒の距離適性である。

ゼンノのレース経歴を見ると、ちょっと遅い2月のデビューであるが、その使い出しからコンスタントにレースに使えていて、もちろん勝ち進んでいる。
これは、藤沢調教師がそういう時期がくるまでデビューを待ったからにほかならない。つまりゼンノは、藤沢流の調教でこの時期のデビューになったが、この馬自身は決して晩成というわけではないというのが私の考え。
兄弟を見ると、全弟も2歳10月デビューと遅くはないが、半姉は3歳10月と遅い。ただ、これだけだとデータが少なすぎるので親戚まで検討対象を広げてみると、うーん、それでも出走できた産駒自体がそもそも少ない牝系であるが・・・、出走した産駒に限って見ると、少なくとも2歳秋以前に出走した産駒はいない。早くて2歳秋。
その出走できた産駒だけで見ると、冬から春までには大半デビューできているので、そう考えると極端には遅くないということは言えるかなー。

また、馬場適性についてであるが、血統的には父サンデーサイレンスは言うに及ばず、母父マイニングは、父ミスタープロスペクター、母父バックパサーという黄金のニックス配合の種牡馬である。
マイニング自体は、母系にポッセ、ジルザル、プリッシュプレシデント、ウェイヴァリング、モナーク、オウインスパイアリングといった一流馬、名種牡馬が多数顔を揃える名牝系であるが、産駒でGIを買ったのは、まさにゼンノの母ローミンレイチェルただ1頭という寂しい種牡馬成績である。
しかしながら、マイニングと同じ父、母父を持ついわゆる4分の3兄弟には、ウッドマン、ミスワキ、シーキングザゴールドら高い芝適性を示す種牡馬が顔を揃えており、マイニング自身も高い芝適性を持っていると考えられる。ちなみにゼンノの親戚も芝・ダート兼用が多く、ゼンノもダートを試したらおもしろかったかもしれない。

次に距離適性である。
もともとミスプロは、ダートでは2000メートルをこなす産駒も出すが、芝では1800メートル以下を主戦場とした産駒の割合が極めて高い。
マイニングと4分の3兄弟の前記3頭のデータを参考までに紹介すると、ウッドマンで6割以上の産駒が芝でそのうち8割が1800メートル以下で走っている、シーキングザゴールドも芝が6割弱、そのうちやはり8割以上が1800メートル以下、ミスワキはちょっと低くて芝5割、そのうち6割が1800メートル以下ということで、この辺はこの血統の共通した傾向である。つまり母父マイニング自体の距離適性は、ゼンノよりやや短めなのである。

父サンデーが本来相手繁殖の長所をより引き出す種牡馬であることを踏まえると、本来はゼンノも適距離はせいぜい中距離までであった可能性もあり、サンデー産駒だからあの距離で勝負できたのかもしれない。
そう考えると、産駒の距離適性についても、相手繁殖の血統との兼ね合いにもよるが、父ゼンノの競争成績よりも若干短めのマイル-中距離、あるいはマイル前後に出る可能性が十分に考えられる。
なお、母母父クレヴァートリックは、この種牡馬はダート専用で重馬場が得意なタイプの種牡馬だが、成長力に乏しい種牡馬で、ゼンノがこの母母父の影響を強く受けているとはあまり考えられない。(というか考えたくない・・・)
(ちなみに母母のOne Smart Ladyは、本馬の母ローミンレイチェルの活躍のせいであろうが、姉妹も種牡馬マイニングとの配合が非常に多いので、ゼンノの従兄弟には母父マイニングが非常に多い。)

以上のことから、ゼンノロブロイの活躍は、父サンデーの"決め手"と、母父マイニングの高い"芝適性"、そして双方の高い"スピード"値が生んだものと考えるのが自然である。そして母系の底流の血脈の影響は意外と希薄かもしれない。

総括すると、新種牡馬なのでなんとも想像の域を出ないが、ゼンノロブロイの産駒は、芝マイル-中距離を主戦場にし、芝・ダート兼用の産駒も割合多く出すかもしれない。
晩成の可能性や体質が弱い可能性も否定できないため、仕上がり早で、丈夫そうな産駒の方が当然リスクは少ない。
ゼンノ自身の活躍からすると意外ではあるが、血統的にはスタミナの血が不足気味なので、相手繁殖がスタミナベース(スタミナ、スピード持続力、粘り)だと、ちょうどクラシックディスタンスでもあり、活躍する距離レンジは広くとれる可能性が高い。"
----------
【母父トニービン】
【競走成績】 英仏伊日で27戦15勝。凱旋門賞-GⅠ、ジョッキークラブ大賞-GⅠ、ミラノ大賞-GⅠ2回、共和国大統領杯-GⅠ2回、フェデリコテシオ賞-GⅢ
【種牡馬成績】 ジャングルポケット(東京優駿-GⅠ、ジャパンC-GⅠ)、ウイニングチケット(東京優駿-GⅠ)、エアグルーヴ(天皇賞・秋-GⅠ、優駿牝馬-GⅠ)、サクラチトセオー(天皇賞・秋-GⅠ)、オフサイドトラップ(天皇賞・秋-GⅠ)、ベガ(優駿牝馬-GⅠ、桜花賞-GⅠ)、ノースフライト(安田記念-GⅠ、マイルCS-GⅠ)、レディパステル(優駿牝馬-GⅠ)、テレグノシス(NHKマイルC-GⅠ)
【母父成績】 ハーツクライ(ドバイSC-GⅠ、有馬記念-GⅠ、京都新聞杯-GⅡ)、アドマイヤベガ(東京優駿-GⅠ、京都新聞杯-GⅡ)、アドマイヤドン(フェブラリーS-GⅠ、朝日杯FS-GⅠ、帝王賞-GⅠ、JBCクラシック-GⅠ3回)、アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯-GⅠ2回、ローズS-GⅡ)、リンカーン(日経賞-GⅡ、京都大賞典-GⅡ、阪神大賞典-GⅡ)、アドマイヤボス(セントライト記念-GⅡ)、ドリームパスポート(きさらぎ賞-GⅢ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父トニービンは、ゼダーン系の種牡馬で、産駒は器用さはないものの瞬発力と持続力を兼ね備えていて、ダービーを勝ったジャングルポケットの脚質などは典型と言えるでしょう。その母父Hornbeam は母系に入ると非常に良い競争資質を伝えるというハイペリオン系の種牡馬で、母父トニービンの良さはこのあたりからきているのかもしれません。

母母父ノーザンテーストは、スピード、スタミナ、底力と非常にバランスの良い種牡馬で、これもBMSとしては優秀な種牡馬です。

本馬は、決め手やスタミナはまずまず大丈夫そうで、父のスピードを生かせる土壌はしっかりしていると思われます。
芝のマイル前後あたりで、良いスピードを発揮しそうです。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 未定
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:395kg
体高:157cm
胸囲:172cm
管囲:19cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 気性は良さそうですが、ちょっと注意力が散漫な感じがありますね。首さしは非常に良くて、肩には見事な筋肉をたくわえています。背腰はこれからという感じですが、トモはボリュームこそないものの形良く、バネがありそうです。脚元は素軽い感じではありますが、ちょっと華奢に映ります。前後肢とも置く位置は非常に良く、しっかり四肢に体重がかかっています。右前がちょっと外向していますかね・・・写真うつりの関係ですかね。全体的にはスレンダーで牝馬らしいのですが、部分部分に良い筋肉がついている印象です。歩様はまずまず良いと思います。牝馬ですがちょっと馬体重が足りないですね。腰高ではありますが、この薄い馬体では、そんなには増えないかもしれません。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルはおもしろく、血統構成も非常にバランス良いですね。
馬体も非常に良い感じなんですが、いかんせん小さいですね。
ただ、この募集金額ですからね。
成長を見て、順調ならギリギリで行く手もありますね。
一発はあり得る牝馬だと思います。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)"へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
01.カドデュソレイユ(スーヴェニアギフトの07)
02.スペースニードル(シアトルデライターの07)
03.ヴァルガリス(ライラックレーンの07)
04.ローテスクライト(レッドヴェルベットの07)
05.フェイルノート(アズサユミの07)
06.ホワッツアップ(ホワッツニューの07)
07.メインカレント(メインスルーの07)
08.グロッタアズーラ(サダムブルーアイズの07)
09.ダンスアムール(プレシャスラバーの07)
10.ワイドスプレッド(サマーベイブの07)
11.ティアレ(ササファイヤーの07)
12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
13.スペシャルグルーヴ(ソニックグルーヴの07)
14.アギュエラ(ルカダンスの07)
15.スーブルソー(フレンチバレリーナの07)
16.アースガルド(レディフェアリーの07)
17.キャニオンビュー(ベガスナイトの07)
18.アークビショップ(プレラットの07)
19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
20.ソルスティス(シーセモアの07)
21.プラウディーレ(ゲイングローリーの07)
22.ヴィヴルヴォン(セメイユドゥヴォンの07)
23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
24.シーズンズベスト(シーズアンの07)
25.リンドブルム(サドラーズメイドの07)
26.ヴェニーズワルツ(インディゴワルツの07)
27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
28.アウスピカーレ(ボンヌシャンスの07)
29.クラウソラス(ビワプランサーの07)
30.アブラハムダービー(カメリアローズの07)
31.ストークフィールド(ローズバレッタの07)
32.リズモア(タイキナタリーの07)
33.スフィラータ(インディパレードの07)
34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
35.セイントニコラス(スリリングヴィクトリーの07)
36.ファーベルハフト(サクラファビュラスの07)
37.ピットスポルム(プリンセスカーラの07)
38.ラプリマステラ(ラプーマの07)
39.コヴェンティナ(ライクリーティナの07)
40.アマルフィターナ(ホワットケイティーディドの07)
41.ローザグランデ(ローザネイの07)
42.デルフィニウム(ケイティーズファーストの07)
43.ラスティングソング(ハルーワソングの07)
44.バルトーロ(ポトリザリスの07)
45.フォルトシュリット(フリードリームズの07)
46.トゥザグローリー(トゥザヴィクトリーの07)
47.プルミエダンスール(スーパーバレリーナの07)
48.トゥエルフスナイト(シーザリオの07)
49.ピンクアリエス(ピノシェットの07)
50.ブロードアピールの07(募集中止)
51.ルチルクォーツ(マミーズジュエリーの07)
52.サヴァラン(タイキシフォンの07)
53.タイトルホルダー(メインタイトルの07)
54.ラフォルジュルネ(グレイトフィーヴァーの07)
55.ラフェクレール(アドマイヤマカディの07)
56.ライツェント(ソニンクの07)
57.ネオポラリス(タイキポーラの07)
58.ステラファンタジーの07(募集中止)
59.インペリアルマーチ(キョウエイマーチの07)
60.アルメーリヒ(プアプーの07)
61.バトードール(ビスクドールの07)
62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
63.ジョディーズライン(プリティジョディーの07)
64.トロサックス(トキオジュリアの07)
65.マージービート(アフタービートの07)
66.アイビーフォールド(ビューティテイストの07)
67.リリウムルベルム(ヘイアンリリーの07)
68.クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
69.サックアクロア(フサイチケリーの07)
70.フラガラッハ(スキッフルの07)
71.スペクタビリス(スペクタクルライフの07)
72.スコッツブラフ(オレゴントレイルの07)
73.クレアトゥール(オーソードレッシイの07)
74.クラサヴィカ(アスクレピアスの07)
75.セイルオンザグラス(シャドーウィップの07)
76.アンヴァルト(アーティストチョイスの07)
77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)
78.ボッカデラヴェリタ(ヴードゥーレディの07)
79.カクタスペア(カクタスベルの07)

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門