このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)

Posted at 08/08/22 Trackback(0)»

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

【馬名】 シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
由来:オレンジジュースをテキーラで割ったカクテル。 父名と母名より連想。(西語)
【性別】 牡
【毛色】 黒鹿毛
【父】 タニノギムレット
【母】 エラドゥーラ (母父 サルトリーソング )
【生年月日】 2007年3月23日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1,600 万円(一口価格 4 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 今夏の夜間放牧で成長著しい一頭です。やや詰まり気味の馬体でしたが、胴が伸びバランス良い馬体へと成長しています。しなやかな首差しにゆったりとした胴は距離の融通性を感じさせ、肩周りやトモ脚には円滑な骨格に良質の筋肉が浮び上がり、躍動感に満ち溢れた可動域の大きい動きを可能にしています。それを示すように放牧地では首を上手く使った軽快な脚捌きで実にシャープな動きを披露しています。母は4戦のみでしたが2勝と能力の片鱗を示し、本馬にも馬体、身のこなしなどから芝・ダートを問わない競馬センスが感じられます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1998 生まれ、本馬は 9 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 4 戦 2 勝
【母の馬場・距離適性】 ダート短距離
【母のデビュー時期】 3歳7月
【母の引退時期】 2001/10/20 (引退年齢 3 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2004/2/8
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 17 ヶ月
【2005年産までの産駒数】 2 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔アルテサーノ(父フサイチコンコルド、牝)は、3歳5月デビュー、ダート短距離で5戦0勝、地方9戦2勝、
2005産は早期流産。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖ポテンシャルが高い繁殖だと思いますので、これから活躍馬を出す可能性は十分にあると思います。母系がタフな血統なので、産駒はもっと体質的に強くて、早くデビューできても良いと思うんですが、母親と同様、デビューもちょっと遅めですね。その辺は血統で調べてみないとダメですね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン(ロベルト) 系× ターントゥ 系
【同系の主な活躍馬】 ヘイルトゥリーズンもターントゥ系ですので、上記の検索だとヘイルトゥリーズン×ヘイルトゥリーズンも入ってきて、たくさんの競走馬がいますが、ターントゥのヘイルトゥリーズン系以外との組み合わせではほとんど活躍馬はいません。
【本馬の5代クロス】 Graustarkの4×5、ターントゥの5×5
【牝系の特徴】 祖母シチャナの産駒には、米19勝のビーフラットメジャー、米17勝のインペリアルナイトなどのタフな競走馬がいる。曾祖母モシタミアは、チリ6勝、タンテーオデポトランカ-GIなど重賞を5勝した名牝。
----------
【父タニノギムレット】
【競走成績】 日で2~3歳時に8戦5勝。東京優駿-GⅠ(芝2400m)、スプリングS-GⅡ(芝1800m)、シンザン記念-GⅢ(芝1600m)、皐月賞-GⅠ3着、NHKマイルC-GⅠ3着。
【種牡馬実績】 03年より供用。ウオッカ(東京優駿-GⅠ、阪神JF-GⅠ、チューリップ賞-GⅢ、エルフィンS、桜花賞-GⅠ2着)、ヒラボクロイヤル(青葉賞-GⅡ、ゆきやなぎ賞、毎日杯-GⅢ2着)、スマイルジャック(スプリングS、東京優駿2着)、ゴールドアグリ(新潟2歳S-GⅢ)、ゴールデンシャイン(わらび賞)、コマンドールクロス、アブソリュート
【2007年種牡馬リーディング】 18 位
(勝馬率 21.9 %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 7.7 %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 6.8 %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 現役引退後は種牡馬として、北海道安平町の社台スタリオンステーションに繋養され、ブライアンズタイム産駒としては、初の社台ファーム所有の種牡馬となった。産駒は2006年から走り始め、初年度産駒のウオッカが第58回阪神ジュベナイルフィリーズを制して産駒の初GI勝ちを収め、さらに翌2007年には、父と同じ「2枠3番」で64年ぶりの牝馬の東京優駿優勝を達成するなど、好調な出足を見せた。ウオッカとの父仔東京優駿制覇は史上5組目であり、父-娘の関係では史上初となる。
【ワンポイントウィキペディア2】 "初年度からの好成績、ナリタブライアン、マヤノトップガンやサニーブライアンらの他のブライアンズタイム産駒の種牡馬から目立った後継が生まれていないこと、及び社台スタリオンステーションに繋養される環境の3点から、ブライアンズタイムの有力後継種牡馬として期待されている。

血統的にもノーザンダンサーやミスタープロスペクターを含まず、サンデーサイレンスを父に持つ牝馬とも交配が可能である。加えてタニノギムレット自身が、ナスルーラやマームードといった名種牡馬と同じくムムタズマハルを牝系に持つ名牝系出身であることから、ポストサンデーサイレンスの有力候補としても名前が挙げられている。

2007年は240頭に種付けを行った。この種付け頭数は当年の国内2位であった。同年12月13日には、2008年の種付け料が100万円アップの400万円に設定されたことが発表された。"
【楽天馬の種牡馬寸評】 "昨年デビューした初年度産駒の成績を見ると、早々と9月に新潟2歳Sを制したゴールドアグリ、2007年のダービーを制したウォッカと同期の種牡馬レースでは一歩前に出た感じ。また、今年もスマイルジャックが、ダービー2着となり、いつ牡馬のダービー馬が誕生してもおかしくない。

血統的には、父がヘイルトゥリーズン系の中でも"スタミナ"血統のロベルト系ブライアンズタイムで、母父が切れ味鋭いカロ系のクリスタルパレス、さらに母系を進むとには20世紀最強とも評される名馬シーバード、さらに母系の底流にタフなスタミナ血統のリボー系Graustarkがいて、本馬自体がGraustarkの3×4のクロスを持っている。このようにギムレット自身がどちらかというとスタミナ血統なのに、マイル重賞で2勝(NHKマイルも3着)しているあたりに奥の深さを感じずにはいられない。

また、スタミナ血統は比較的晩成型が多いのにもかかわらず、本馬の産駒は早い時期から活躍できるあたりも特筆すべき点である。つまりこの血統で春のクラシックに十分間に合うとなれば、三冠馬を出す素養を十分に持っている種牡馬だということである。

相手にはどちらかというと"スピード"と"決め手"のある種牡馬が良さそうで、サンデー系は望むところのはずだが、父ブライアンズタイム系×母父サンデーサイレンス、あるいは母父ヘイロー系まで広げても成功した馬は非常に少なく、数少ない成功例でもプリサイスマシーン、ワイルドワンダーは勝ったレースのほとんどがダートである。(ワイルドワンダーに至っては全てダート)
唯一の芝重賞勝ちはスマイルジャック。ということで母父サンデーの活躍馬が少ない点は、今後研究が必要かもしれない。

馬体は、父に似てトモが長い、特に後躯に安定感のある馬体の産駒が多い。そして、もちろん父似の産駒の方が良いところがたくさんありそうだ。"
----------
【母父サルトリーソング】
【競走成績】 23戦9勝。ハリウッドGCH-G1、ウッドワードS-G1、ホイットニーH-G1、ジャマイカH-G2、NYRAマイルH-G12着、ギャラントマンS-G32着、ペガサスH-G13着、セクレタリアトS-G13着、ナッソー・カウンティH-G23着、コリンS-G33着。
【種牡馬成績】 カービーズソング(加オークス-G1、ナタルマS-G1、マザリンBCS-G1)、プライムティンバー(サン・フェリーペS-G2)、レヴドアップ(ナイアガラBCH-G2)、マーサズミュージック(アン・アランデルS-G3)、トップノッチレイディ(ブルボネットBCS-G3)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父サルトリーソングは、ターントゥ系の種牡馬で、現役時代はマイル-中距離の重賞戦線でタフに活躍しました。

母母父トップサイダーは、現役時代の競走成績は18戦8勝で重賞勝ちはなく、勝ち鞍もダートの6F~7Fがほとんどの平凡な競走馬でしたが、種牡馬になって、アサティス(伊ジョッキークラブ大賞-GI)、サルス(仏GIラフォレ賞-GI)などを輩出している。日本での勝ち鞍は圧倒的にダートに集中しています。

母系の競走資質には、あまり特筆すべきものが見あたらず、父タニノギムレットの競走資質がうまく伝わるかが本馬の成功の鍵を握っていそうです。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 池上昌弘
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 34 位
勝ち数 25 勝、勝率 10.2% 、連対率 15.9%
【2007成績】 リーディング 31 位
勝ち数 26 勝、勝率 11.4% 、連帯率 22.3%
これまでの主な管理馬 フィールドオアシス、トウショウギア
【よく使う騎手】 柴田善騎手、土谷騎手、池添騎手、後藤騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業してしばらくは低迷を続けていましたが、ここに来て2005年31勝、2006年25勝、2007年26勝と上位に定着する兆しが見えてきました。特段の活躍馬がいないということを考えると、適材適所で勝たせている印象です。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:469kg
体高:158.5cm
胸囲:178.5cm
管囲:20cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ "顔は賢そうで、肩に良い筋肉をしょっています。馬体のバランス、肩の角度、繋ぎの感じなどから、走るステージは父タニノギムレットと同様に、非常に幅広いと感じます。
背中はしっかりしていて、ストライドも良く伸びそうです。
二の腕も太めでパワーもまずまずある感じです。
脚元は素軽そうで、繋ぎの角度良く、クッションも利いています。
トモの角度が良くて、長さもあり容量も十分にありますね。
飛節もしっかりしていて、バネもありそうです。
歩様も良くて、満点ですし、サイズもすごく良いですね。
ほとんど欠点らしい欠点がない馬体ですね。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "とにかく欠点が少ない1頭ですね。
繁殖ポテンシャルは高いです。
血統構成は父タニノギムレットにほとんど依存している感じで、牝系もちょっと寂しいですが、意図したとおり馬体がタニノギムレットによく似て出たのが、本馬のひとつのポイントですね。
歩様がよくて、サイズも良い感じです。センスも良さそうですしね。
厩舎は、活躍馬があまりいなくて寂しいですが、まずまずでしょう。
何より牡馬でこの値段は、この馬体を考えると明らかに安いですね。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07) "へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
01.カドデュソレイユ(スーヴェニアギフトの07)
02.スペースニードル(シアトルデライターの07)
03.ヴァルガリス(ライラックレーンの07)
04.ローテスクライト(レッドヴェルベットの07)
05.フェイルノート(アズサユミの07)
06.ホワッツアップ(ホワッツニューの07)
07.メインカレント(メインスルーの07)
08.グロッタアズーラ(サダムブルーアイズの07)
09.ダンスアムール(プレシャスラバーの07)
10.ワイドスプレッド(サマーベイブの07)
11.ティアレ(ササファイヤーの07)
12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
13.スペシャルグルーヴ(ソニックグルーヴの07)
14.アギュエラ(ルカダンスの07)
15.スーブルソー(フレンチバレリーナの07)
16.アースガルド(レディフェアリーの07)
17.キャニオンビュー(ベガスナイトの07)
18.アークビショップ(プレラットの07)
19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
20.ソルスティス(シーセモアの07)
21.プラウディーレ(ゲイングローリーの07)
22.ヴィヴルヴォン(セメイユドゥヴォンの07)
23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
24.シーズンズベスト(シーズアンの07)
25.リンドブルム(サドラーズメイドの07)
26.ヴェニーズワルツ(インディゴワルツの07)
27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
28.アウスピカーレ(ボンヌシャンスの07)
29.クラウソラス(ビワプランサーの07)
30.アブラハムダービー(カメリアローズの07)
31.ストークフィールド(ローズバレッタの07)
32.リズモア(タイキナタリーの07)
33.スフィラータ(インディパレードの07)
34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
35.セイントニコラス(スリリングヴィクトリーの07)
36.ファーベルハフト(サクラファビュラスの07)
37.ピットスポルム(プリンセスカーラの07)
38.ラプリマステラ(ラプーマの07)
39.コヴェンティナ(ライクリーティナの07)
40.アマルフィターナ(ホワットケイティーディドの07)
41.ローザグランデ(ローザネイの07)
42.デルフィニウム(ケイティーズファーストの07)
43.ラスティングソング(ハルーワソングの07)
44.バルトーロ(ポトリザリスの07)
45.フォルトシュリット(フリードリームズの07)
46.トゥザグローリー(トゥザヴィクトリーの07)
47.プルミエダンスール(スーパーバレリーナの07)
48.トゥエルフスナイト(シーザリオの07)
49.ピンクアリエス(ピノシェットの07)
50.ブロードアピールの07(募集中止)
51.ルチルクォーツ(マミーズジュエリーの07)
52.サヴァラン(タイキシフォンの07)
53.タイトルホルダー(メインタイトルの07)
54.ラフォルジュルネ(グレイトフィーヴァーの07)
55.ラフェクレール(アドマイヤマカディの07)
56.ライツェント(ソニンクの07)
57.ネオポラリス(タイキポーラの07)
58.ステラファンタジーの07(募集中止)
59.インペリアルマーチ(キョウエイマーチの07)
60.アルメーリヒ(プアプーの07)
61.バトードール(ビスクドールの07)
62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
63.ジョディーズライン(プリティジョディーの07)
64.トロサックス(トキオジュリアの07)
65.マージービート(アフタービートの07)
66.アイビーフォールド(ビューティテイストの07)
67.リリウムルベルム(ヘイアンリリーの07)
68.クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
69.サックアクロア(フサイチケリーの07)
70.フラガラッハ(スキッフルの07)
71.スペクタビリス(スペクタクルライフの07)
72.スコッツブラフ(オレゴントレイルの07)
73.クレアトゥール(オーソードレッシイの07)
74.クラサヴィカ(アスクレピアスの07)
75.セイルオンザグラス(シャドーウィップの07)
76.アンヴァルト(アーティストチョイスの07)
77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)
78.ボッカデラヴェリタ(ヴードゥーレディの07)
79.カクタスペア(カクタスベルの07)

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門