このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)

Posted at 08/08/15 Trackback(0)»

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

【馬名】 ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
由来:イタリアで2番目に広い湖であるマッジョーレ湖の別名。母名より連想。(伊語)
【性別】 牡
【毛色】 黒鹿毛
【父】 グラスワンダー
【母】 マリアマッジョーレ (母父 Mtoto )
【生年月日】 2007年4月30日 生まれ
【生産牧場】 白老F
【募集価格】 1,600 万円(一口価格 4 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 軽い頭部にスラリとした首付き、深い胸に長めの背、斜尻気味なトモのつくりと伸びやかな四肢など、兄達と共通した特徴を持っていることを考えると、母の影響が強い馬体と言えます。純粋で真っ直ぐな気性にはまだ子供っぽさが残っていますが、その反面活動的に過ごして群れの中でも豊富な運動量を誇っています。スタッフとの信頼関係もうまく築けているだけに今後の育成過程でも順調にステップアップしていけるでしょう。跳びの大きなフットワークからみると忙しい距離よりもマイル以上に適性がありそうで、センスのいいレース巧者として活躍が期待できそうです。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1995 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴 仏2 戦
----------
【2005年産までの産駒数】 1 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 1 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔ウインプログレス(父カリズマティック、牡)は、2歳11月デビュー、ダート中距離で40戦4勝、地方1戦0勝、
その後産駒に恵まれず、
2006年産が二番仔でサンデーサラブレットクラブで募集された。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "初仔から4年もお産が空くのは、母体が丈夫であればあり得ないですし、トラブルがあったとしても4年は不自然ですので、繁殖ポテンシャルは一応低めにしました。
ただし、初仔が40戦もして、しかも4勝しているので、通常私が判定するところの繁殖ポテンシャルとは別な理由での可能性も否定できません。例えば胎盤の変形とか、遺伝的なものですね。
その場合は、この判定は間違いということになりますね。こういうお産が悪い繁殖は、しばらくぶりに生まれた産駒が突然活躍する場合もあるので、判定が難しいですよね。"
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン(シルヴァーホーク) 系× ブレニム 系
【本馬の5代クロス】 レイズアネイティヴの5×3
【牝系の特徴】 曾祖母ミムベットの産駒にBCスプリント-GI勝ちのエルムハースト。4代母は米3歳牝馬チャンピオンの名牝アワミムズ。
----------
【父グラスワンダー】
【競走成績】 日本で2歳~5歳時に15戦9勝。有馬記念-GI2回、宝塚記念-GI、朝日杯3歳S-GI、京成杯3歳S-GII、毎日王冠-GII、京王杯スプリングC-GII、安田記念-GI2着
【種牡馬実績】 シルクネクサス(オールカマー-GII2着、中京記念-GIII3着)、マイネルスケルツィ(ニュージーランドトロフィー-GII、京都金杯-GIII)、サクラメガワンダー(ラジオたんぱ杯2歳S-GIII、鳴尾記念-GIII)、オースミグラスワン(新潟大賞典-GIII)
【2007年種牡馬リーディング】 13 位
(勝馬率 24.1 %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 6.8 %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 6.1 %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 1998年秋の毎日王冠。エルコンドルパサー、サイレンススズカと対戦。このレースはGIIとしては異例の盛り上がりを見せた。レースではやや出遅れたものの、すぐに持ち直し、予想通りハイペースで飛ばすサイレンススズカをエルコンドルパサー同様徹底的にマークする形で進んだ。グラスワンダーは第4コーナーあたりからまくりをうち、サイレンススズカを負かしに行こうとするも、出遅れ、ハイペース、東京の長い直線の影響もあって5着に敗れた。 結局、最も重い斤量を背負いながら快調に飛ばしたサイレンススズカに1.5秒、 エルコンドルパサーには1.1秒も離される結果になった。
【ワンポイントウィキペディア2】 1999年の有馬記念に出走。宝塚記念で見せたパフォーマンスからか、前走が不甲斐無い内容だったにも関わらず、秋GI連勝中のスペシャルウィークを抑え1番人気に推される。臨戦過程の問題や12キロの馬体重増に加えコズミ(筋肉痛)が抜けないなどの不安要素も多かった中のぞんだレースは、グラスワンダーをスペシャルウィークが徹底的にマークするという宝塚記念とは逆の展開になり、最後の直線では引退の花道を飾ろうとするスペシャルウィークの一世一代の末脚にゴール前で差し切られたように見え、ウイニングランをする武とスペシャルウィークを尻目に負けたことを確信し引き上げていこうとしていたが、写真判定の結果わずか4cm差でスペシャルウィークとのレース史上に残る接戦を制していたことがわかり、なんとかグランプリ競走3連覇・有馬記念2連覇を達成。
【楽天馬の種牡馬寸評】 "初年度2002年産駒から3年連続重賞勝ち馬を出している種牡馬である。
残念ながらクラシックを賑わすような強烈な印象の勝ち馬が少ないことから、評価がなかなか上がらない。
グラスワンダーの現役時代のファンに忘れられないうちに、後継種牡馬になるような活躍馬が欲しいところである。

産駒成績を見ても勝率は、決して良くはない。距離は中距離の方が味が出る感じで、これは父シルヴァーホークの産駒傾向と良く似ている。そして、その父シルヴァーホークと同様、開花時期が若干遅めなのも似てしまっているかもしれない。

血統的には、非常にバランス良く、特に母の血統表を見ると、母父が高いスピード値のスピード持続型であるノーザンダンサー系ダンジグ、母母父スタミナ血統のリボー系His Majesty、さらに競争資質の伝達能力に長けたレイザネイティヴ、スタミナ血統のハイペリオン系のSwapsと非常に遺伝力が強い、資質がしっかりした種牡馬達が並んでいる。

父シルヴァーホーク自体が、スタミナに良さがあるロベルト系種牡馬であることから、相手繁殖には高いスピード値と決め手を求めたい。そう考えると母父サンデー系は良いと思うがどうか。"
----------
【母父ムトト】
【競走成績】 全欧古牡馬チャンピオン、英8勝、キングジョージ&クィーンエリザベスS-GI、エクリプス賞-GI(2回)
【種牡馬成績】 シャーミット(英ダービー-GI)、セレリック(ゴールドC-GI)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父ムトトは、全欧古牡馬チャンピオンで、キングジョージ-GI、エクリプス賞-GI(2回)など輝かしい成績を残しました。
中-長距離で良いスタミナを伝えるブランドフォード系種牡馬です。

母母父レイズアネイティブは、父ネイティヴダンサー譲りのパワーを遺伝する種牡馬で、完成度という点ではむしろネイティヴダンサーより上という評価もあります。

母母母父エルバジェは、現役時代は仏ダービー-GIなど8戦6勝、特にクラシックディスタンスで無類の強さを発揮しました。
種牡馬になってエルバジェはアメリカへ渡り、米最優秀3歳牝馬アワミムズなどを輩出し、また、母の父としてもレインボウクエストやデヴィルズバッグなどの名馬を出しました。
日本でウィナーズサークル、アイネスフウジンと2頭のダービー馬を出した種牡馬シーホークもエルバジェの直仔の1頭です。

血統構成は、全体的にスタミナとパワー、底力にあふれていて、スピードと決め手がちょっと足りません。
相手種牡馬には、スピード値が高く、瞬発力など決め手を求めたいところですが、父グラスワンダーがどのくらいそれを補ってくれるかが本馬の活躍のカギを握りそうです。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 勢司和浩
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 56 位
勝ち数 21 勝、勝率 10.5% 、連対率 25.5%
【2007成績】 リーディング 81 位
勝ち数 17 勝、勝率 9.2% 、連帯率 21.6%
これまでの主な管理馬 スマイルトゥモロー、ミンティエアー、ヒカルベガ
【よく使う騎手】 蛯名騎手、北村騎手、吉田隼騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 開業3年目から5年連続20勝以上を続けていましたが昨年20勝を割って、今年は巻き返しが期待されます。非常に我慢強く使う調教師で、私が好きな調教師の一人です。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 1986年に稗田敏男厩舎の調教助手となり、1990年に国枝栄厩舎に移った。1999年に調教師免許を取得し、2000年に厩舎を開業。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:444kg
体高:155cm
胸囲:174cm
管囲:20cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 ○
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "遅生まれということを差し引いても馬体はかなり幼い感じです。
頭は賢そうで、首さしは悪くないですね。
肩の筋肉は、まだ前肢のかき込みで走る印象の形が残っていて、脚元もみずみずしく、胴回りもまた詰まっていて、これからという感じですね。
トモもボリュームが足りません。
飛節はしっかりしていて、将来的にはバネを感じさせる馬体に変身する素養は感じます。
繋ぎは角度も良いですね。
サイズはまずまずですが、とにかく何もかもまだ幼いです。
全てがこれからですね。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは、結構厳しく、体質的な不安がありますので、その辺よく調教過程を観察して出資したいですね。
遅生まれでもありますし、幼い馬体なので、おそらくはどこかで急激な成長期が来て、調教を一時中断するタイプだと思いますので、デビューは少し遅めになりそうです。
血統的にも父グラスワンダー産駒はデビューが遅めですね。
母系の血統構成自体は、そんなに悪くなくて、父のスピードが素直に出てくれば走ってきそうな感じはあります。
馬体は、とにかく幼いので、最終的にはかなり変わってくると思いますが、バランスは現状でも悪くないと思います。
調教師は、まずまず良いと思いますし、価格もそこそこでしょう。
今、判定すべき馬ではないような気がしますね。
もう少し成長を見てから評価してあげたい1頭です。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)"へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
01.カドデュソレイユ(スーヴェニアギフトの07)
02.スペースニードル(シアトルデライターの07)
03.ヴァルガリス(ライラックレーンの07)
04.ローテスクライト(レッドヴェルベットの07)
05.フェイルノート(アズサユミの07)
06.ホワッツアップ(ホワッツニューの07)
07.メインカレント(メインスルーの07)
08.グロッタアズーラ(サダムブルーアイズの07)
09.ダンスアムール(プレシャスラバーの07)
10.ワイドスプレッド(サマーベイブの07)
11.ティアレ(ササファイヤーの07)
12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
13.スペシャルグルーヴ(ソニックグルーヴの07)
14.アギュエラ(ルカダンスの07)
15.スーブルソー(フレンチバレリーナの07)
16.アースガルド(レディフェアリーの07)
17.キャニオンビュー(ベガスナイトの07)
18.アークビショップ(プレラットの07)
19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
20.ソルスティス(シーセモアの07)
21.プラウディーレ(ゲイングローリーの07)
22.ヴィヴルヴォン(セメイユドゥヴォンの07)
23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
24.シーズンズベスト(シーズアンの07)
25.リンドブルム(サドラーズメイドの07)
26.ヴェニーズワルツ(インディゴワルツの07)
27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
28.アウスピカーレ(ボンヌシャンスの07)
29.クラウソラス(ビワプランサーの07)
30.アブラハムダービー(カメリアローズの07)
31.ストークフィールド(ローズバレッタの07)
32.リズモア(タイキナタリーの07)
33.スフィラータ(インディパレードの07)
34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
35.セイントニコラス(スリリングヴィクトリーの07)
36.ファーベルハフト(サクラファビュラスの07)
37.ピットスポルム(プリンセスカーラの07)
38.ラプリマステラ(ラプーマの07)
39.コヴェンティナ(ライクリーティナの07)
40.アマルフィターナ(ホワットケイティーディドの07)
41.ローザグランデ(ローザネイの07)
42.デルフィニウム(ケイティーズファーストの07)
43.ラスティングソング(ハルーワソングの07)
44.バルトーロ(ポトリザリスの07)
45.フォルトシュリット(フリードリームズの07)
46.トゥザグローリー(トゥザヴィクトリーの07)
47.プルミエダンスール(スーパーバレリーナの07)
48.トゥエルフスナイト(シーザリオの07)
49.ピンクアリエス(ピノシェットの07)
50.ブロードアピールの07(募集中止)
51.ルチルクォーツ(マミーズジュエリーの07)
52.サヴァラン(タイキシフォンの07)
53.タイトルホルダー(メインタイトルの07)
54.ラフォルジュルネ(グレイトフィーヴァーの07)
55.ラフェクレール(アドマイヤマカディの07)
56.ライツェント(ソニンクの07)
57.ネオポラリス(タイキポーラの07)
58.ステラファンタジーの07(募集中止)
59.インペリアルマーチ(キョウエイマーチの07)
60.アルメーリヒ(プアプーの07)
61.バトードール(ビスクドールの07)
62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
63.ジョディーズライン(プリティジョディーの07)
64.トロサックス(トキオジュリアの07)
65.マージービート(アフタービートの07)
66.アイビーフォールド(ビューティテイストの07)
67.リリウムルベルム(ヘイアンリリーの07)
68.クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
69.サックアクロア(フサイチケリーの07)
70.フラガラッハ(スキッフルの07)
71.スペクタビリス(スペクタクルライフの07)
72.スコッツブラフ(オレゴントレイルの07)
73.クレアトゥール(オーソードレッシイの07)
74.クラサヴィカ(アスクレピアスの07)
75.セイルオンザグラス(シャドーウィップの07)
76.アンヴァルト(アーティストチョイスの07)
77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)
78.ボッカデラヴェリタ(ヴードゥーレディの07)
79.カクタスペア(カクタスベルの07)

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門