このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

11.ティアレ(ササファイヤーの07)

Posted at 08/09/08 Trackback(0)»

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

【馬名】 ティアレ(ササファイヤーの07)
由来:タヒチクチナシのハワイ名。ハワイで白いとても香りのよい花を咲かせる。本馬の毛色と父名より連想。(ハワイ語)
【性別】 牝
【毛色】 芦毛
【父】 キングカメハメハ
【母】 ササファイヤー (母父 セイントバラード )
【生年月日】 2007年2月4日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1,800 万円(一口価格 4.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 毛色こそ違うものの幅のある骨格に頑丈な筋肉をまとい、全身から力強さを発する雰囲気は父の産駒らしさと言えるでしょう。そして胸が深く容量のある腹袋からは高い心肺能力の持ち主であることが容易に想像できます。推進力の源になるトモの踏み込みが素晴らしく、そこから繰り出される重心の低いフットワークは弾力があり、放牧地で見せる負けず嫌いで芯の強いところも父から譲り受けたものでしょう。クラシックに出走した兄を持つ血統背景だけにかかる期待も大きいですが、それに応えてくれるだけの高い資質を兼ね備えた一頭です。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1999 生まれ、本馬は 8 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
----------
【2005年産までの産駒数】 3 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 2 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔クイーンダム(父Monarchos、牝)は米1勝、
2番仔プラテアード(父シルバーデピュティ、牡)は、2歳10月デビューで、芝のマイル-中距離で16戦3勝、
3番仔クロワッサンルナ(父フレンチデピュティ、牝)は、3歳6月デビューで、ダート1700m戦で1戦0勝。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "すっかりキャロットクラブの繁殖になったササファイヤーですが、自身は不出走でポテンシャルは低いわけはなくて、むしろ年齢的にも結構高いはずです。それは2番仔プラテアードが証明していますね。
ただ、いくつか不安な部分があります。
まず、産駒の傾向を見ると、デビュー時期が遅れてきています。
母の年齢を考えるとまだまだ元気なはずで、一過性のものだとは思いますが、年齢と共に急激にポテンシャルが落ちる繁殖もいるので、その点は見極める必要があると思います。
もうひとつ、もともと仔出しが良い繁殖で、馬体の良い産駒を産みますが、それで期待された程の結果が出ていないということから、相手種牡馬を選ぶ可能性もあり、その点もよく吟味する必要がありそうです。"
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× ヘイルトゥリーズン 系
【同系の主な活躍馬】 アドマイヤムーン、ラインクラフト、キーンランドスワン、トウカイトリック、エイシンドーバー、サカラート、ソングオブウインドなど
【本馬の5代クロス】 ノーザンダンサーの5×5、ネイティヴダンサーの5×5
【牝系の特徴】 祖母アイスクイーンの産駒には、米7勝で、ヘンプステッドH-GI勝ち馬のシスターアクトがいます。近親には、スワップスS-GIの勝ち馬ハイパポーリアン、英米10勝でオークトゥリー招待H-GIの勝ち馬ボスエンズバーニングらがいます。
----------
【父キングカメハメハ】
【競走成績】 日で2~3歳時に8戦7勝。04年最優秀3歳牡馬。東京優駿-GⅠ(芝2400m)、NHKマイルC-GⅠ(芝1600m)、神戸新聞杯-GⅡ(芝2000m)、毎日杯-GⅢ(芝2000m)、すみれS(芝2200m)、京成杯-GⅢ3着。
【種牡馬実績】 05年より供用。07年の1歳世代が初年度産駒。
【ワンポイントウィキペディア1】 "競走馬引退後は総額21億円の種牡馬シンジケートが組まれ(国内調教馬としては当時の史上最高額)、北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションに種牡馬として繋養され、2005年より供用が開始されている。
2006年7月11日ノーザンホースパークにおいて行われたセレクトセールにて、初年度産駒の当歳牝馬(母:トゥザヴィクトリー)が6億円という当歳世界最高額で落札され話題となった。
年間種付頭数256頭という日本記録を持っている。
競走馬としての抜群の実績はもちろん、非サンデーサイレンス系ということもあり、サンデーサイレンス系牝馬と交配可能であることから、需要は非常に多い。
2008年より初年度産駒が競走馬デビューし、5月29日に旭川競馬場で行われたルーキーチャレンジをマサノシャルナが制し、産駒が初勝利を挙げている。"
【ワンポイントウィキペディア2】 ハイペースの東京優駿を押し切った本馬を、管理した松田国英は「ハロン11秒台のラップをいくつも続けられ、そのどこかに10秒台のラップを織り交ぜることができる馬です。」と語っている。また、主戦騎手の安藤も「あのダービーはベストの騎乗とはいえないはずでしょう。普通に強いのであれば、後ろから来たハーツクライに飲み込まれていたところですからね。どう乗っても、誰が乗っても勝てるほどの馬だったんですよ。」という評価を与えている。
【楽天馬の種牡馬寸評】 "父は、ミスタープロスペクター系で日本での実績十分のキングマンボ、母父も日本で実績のあるラストタイクーン。競走馬としての実績以上に非サンデーサイレンス系ということで、サンデーサイレンス系牝馬と交配可能であるため需要は非常に高い。

1歳の産駒は総じて馬体バランスが悪いのが多く、特に前後のバランスはお世辞にも良いとは言えないが、成長と共にこれが良くなっていくようで、デビュー時期にはほとんど気にならなくなる。そう考えると、募集時には骨量さえしっかりあれば、あまり前後の骨格のバランスは気にする必要はないのかもしれない。
ただ、バネで走るタイプの産駒が多そうで、飛節や繋ぎなどは、特に重点的にチェックしたい。

種牡馬として血統構成のバランスはすごく良くて、父ミスプロ系は典型的なスピード血統、母父ラストタイクーンは高速馬場を得意とし、長く良い脚を使うタイプである。この辺のバランスがNHKマイルとダービーの変速2冠を成し遂げたバックボーンになっていると感じる。
ちなみに牧場では、キングカメハメハの産駒は"マイル"との評価である。個人的には、気性的に問題がなければ血統的にも中距離までカバーしそうな感じはある。

キングカメハメハの産駒には、ネイティヴダンサーやノーザンダンサーのラインクロスが生じやすいようで、ノーザンダンサーのクロスは歓迎であるが、ネイティヴダンサーについては、本質的にはパワーと闘争心にあふれた血統なので、単発ではそれほどの気にならないが、ラインになるとどんな影響があるのか未知数である。懸念材料としては、産駒の体質はもちろんだが、極端なパワー型にならないかという点である。こればかりは走ってみないとわからない。"
----------
【母父セイントバラード】
【競走成績】 米で9戦4勝。アーリントンクラシック-GⅡ、シェリダンS-GⅢ、ハスケル招待H-GⅠ4着
【種牡馬成績】 セイントリアム(BCクラシック-GⅠ、ウッドワードS-GⅠ、ドンH-GⅠ、スティーブンフォスターH-GⅠ)、アシェイド(BCディスタフ-GⅠ、ケンタッキーオークス-GⅠ、CCAオークス-GⅠ、オグデンフィップスH-GⅠ、スピナウェイS-GⅠ、ゴーフォーワンドH-GⅠ、ベルデイムS-GⅠ、フェアグラウンズオークス-GⅡ、コティリオンH-GⅡ、BCジュヴェナイルF-GⅠ2着、マザーグースS-GⅠ2着、アッシュランドS-GⅠ2着、アラバマS-GⅠ3着)、キャプテンデポジット(フロリダダービー-GⅠ)、ヤンキーヴィクター(メトロポリタンH-GⅠ)、シスターアクト(ヘムステッドH-GⅠ)、ストレートマン(ウイナーコムH-GⅡ、マリブS-GⅠ2着)、セイントアヴェリル(サンタカタリナS-GⅡ)、オーシャンテラス(エルカミノリアルダービー-GⅢ)、カイトヒルウインド(浦和記念-GⅡ2着、エルムS-GⅢ3着)、タガノチャーリーズ(フェアリーS-GⅢ3着)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "牝系はまずまずといったところでしょうか。
母父セイントバラードは、サンデーサイレンスの父でもあるヘイローの直仔で、名牝バラードの産駒です。全兄弟にデヴィルズバッグ(タイキシャトルの父)、グローリアスソング(GI4勝で、種牡馬ラーイや種牡馬シングスピールの母)がいます。

母母父アイスカペイドは、ニアークティックの直仔、あの名牝ラフィアンの半兄で、ワイルドアゲインや、クレヴァートリックの父です。
ノーザンダンサーの4分の3同血というのも有名です。

母母母父Circle Home は、ボールドルーラー系種牡馬で、母父にリボーを抱えることから、スタミナ系(スピード持続力)が高い種牡馬だと思います。

母母母母父Prince John は、プリンスローズ系プリンスキロの直仔で、コジーン、Alleged、リヴァーマンら大種牡馬達の母父として有名です。

全体的には、スピード持続力に優れた血が多く、スタミナも豊富です。
父キングカメハメハは、スピード値が高いので、互いの弱点を補強した形で相性は良いはずです。
距離は、マイルから中距離までいけそうです。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 国枝栄
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 6 位
勝ち数 40 勝、勝率 12.5% 、連対率 23.7%
【2007成績】 リーディング 2 位
勝ち数 41 勝、勝率 13.2% 、連帯率 22.2%
これまでの主な管理馬 ブラックホーク、ウインジェネラーレ、マツリダゴッホ、ピンクカメオ
【よく使う騎手】 後藤騎手、横山典騎手、北村騎手、柴山騎手、吉田隼人騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ 当たり前のように毎年30勝以上している名トレーナーの一人で、4年連続リーディング一桁で、昨年はついに藤澤調教師につぐリーディング2位となりました。ここ2年は連続40勝以上していますね。安心してまかせられるトレーナーの一人です。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 1998年のダービー卿チャレンジトロフィーをブラックホークで制して重賞初勝利。同馬は翌1999年のスプリンターズステークスも優勝し、初G1勝利も飾った。2001年以降は成績が上位で安定し、美浦の有力厩舎の1つに数えられる。管理馬の多くにシャドーロールを着用させていることでも有名である。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:477kg
体高:157cm
胸囲:182cm
管囲:20cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 △
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "非常に賢そうな馬ですね。首さしよく、脚がすらっとまっすぐ伸びています。胴も伸びやかで、トモもまずまずボリューム感があります。脚元は素軽そうで、繋ぎも角度良く、短めで故障とは無縁という感じです。
後肢の置く位置が良くて、全身を使って良いフォームで走りそうですね。
脚が長く映るのと、若干腰高なのは成長途上という感じですね。おそらくレースに出るころには500キロ近くにはなっているかもしれません。牝馬にしてはちょっと大きいですね。
ただ、そんなにぼてぼてになる感じでもなく、仕上がりにくそうな馬体ではないので、それほど問題はないと思います。歩様もまずまず良いですね。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは高めですが、産駒のデビュー時期が遅くなっているのは気になるところですが、早生まれでなんとかカバーして欲しいところです。
血統は、まずまずバランス良く、父キンカメで、距離は若干短く出そうですね。
馬体は、成長途上ですがまずまずバランス良く、調教師も一流ですので、半兄プラテアード以上の活躍を期待しましょう。
募集金額は、まず良い感じですね。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"11.ティアレ(ササファイヤーの07)"へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
01.カドデュソレイユ(スーヴェニアギフトの07)
02.スペースニードル(シアトルデライターの07)
03.ヴァルガリス(ライラックレーンの07)
04.ローテスクライト(レッドヴェルベットの07)
05.フェイルノート(アズサユミの07)
06.ホワッツアップ(ホワッツニューの07)
07.メインカレント(メインスルーの07)
08.グロッタアズーラ(サダムブルーアイズの07)
09.ダンスアムール(プレシャスラバーの07)
10.ワイドスプレッド(サマーベイブの07)
11.ティアレ(ササファイヤーの07)
12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
13.スペシャルグルーヴ(ソニックグルーヴの07)
14.アギュエラ(ルカダンスの07)
15.スーブルソー(フレンチバレリーナの07)
16.アースガルド(レディフェアリーの07)
17.キャニオンビュー(ベガスナイトの07)
18.アークビショップ(プレラットの07)
19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
20.ソルスティス(シーセモアの07)
21.プラウディーレ(ゲイングローリーの07)
22.ヴィヴルヴォン(セメイユドゥヴォンの07)
23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
24.シーズンズベスト(シーズアンの07)
25.リンドブルム(サドラーズメイドの07)
26.ヴェニーズワルツ(インディゴワルツの07)
27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
28.アウスピカーレ(ボンヌシャンスの07)
29.クラウソラス(ビワプランサーの07)
30.アブラハムダービー(カメリアローズの07)
31.ストークフィールド(ローズバレッタの07)
32.リズモア(タイキナタリーの07)
33.スフィラータ(インディパレードの07)
34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
35.セイントニコラス(スリリングヴィクトリーの07)
36.ファーベルハフト(サクラファビュラスの07)
37.ピットスポルム(プリンセスカーラの07)
38.ラプリマステラ(ラプーマの07)
39.コヴェンティナ(ライクリーティナの07)
40.アマルフィターナ(ホワットケイティーディドの07)
41.ローザグランデ(ローザネイの07)
42.デルフィニウム(ケイティーズファーストの07)
43.ラスティングソング(ハルーワソングの07)
44.バルトーロ(ポトリザリスの07)
45.フォルトシュリット(フリードリームズの07)
46.トゥザグローリー(トゥザヴィクトリーの07)
47.プルミエダンスール(スーパーバレリーナの07)
48.トゥエルフスナイト(シーザリオの07)
49.ピンクアリエス(ピノシェットの07)
50.ブロードアピールの07(募集中止)
51.ルチルクォーツ(マミーズジュエリーの07)
52.サヴァラン(タイキシフォンの07)
53.タイトルホルダー(メインタイトルの07)
54.ラフォルジュルネ(グレイトフィーヴァーの07)
55.ラフェクレール(アドマイヤマカディの07)
56.ライツェント(ソニンクの07)
57.ネオポラリス(タイキポーラの07)
58.ステラファンタジーの07(募集中止)
59.インペリアルマーチ(キョウエイマーチの07)
60.アルメーリヒ(プアプーの07)
61.バトードール(ビスクドールの07)
62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
63.ジョディーズライン(プリティジョディーの07)
64.トロサックス(トキオジュリアの07)
65.マージービート(アフタービートの07)
66.アイビーフォールド(ビューティテイストの07)
67.リリウムルベルム(ヘイアンリリーの07)
68.クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
69.サックアクロア(フサイチケリーの07)
70.フラガラッハ(スキッフルの07)
71.スペクタビリス(スペクタクルライフの07)
72.スコッツブラフ(オレゴントレイルの07)
73.クレアトゥール(オーソードレッシイの07)
74.クラサヴィカ(アスクレピアスの07)
75.セイルオンザグラス(シャドーウィップの07)
76.アンヴァルト(アーティストチョイスの07)
77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)
78.ボッカデラヴェリタ(ヴードゥーレディの07)
79.カクタスペア(カクタスベルの07)

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門