このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)

Posted at 08/09/07 Trackback(0)»

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

【馬名】 ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
由来:「金の稲妻」の意。競馬場を稲妻のごとく駆け抜けてほしいと願って。本馬の毛色と母名より連想。(独語)
【性別】 牡
【毛色】 栗毛
【父】 スペシャルウィーク
【母】 レディブロンド (母父 シーキングザゴールド )
【生年月日】 2007年4月11日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 6,000 万円(一口価格 15 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 気高く、近寄りがたい雰囲気に満ちた本馬は父譲りの伸びやかな背中から腰のラインが特徴的で、無駄肉のないシャープな体型は母の面影が強く重なります。現時点ではまだ幼さが残りますが首や肩・腰などの要所に柔軟な筋肉が備わっており、綺麗に伸びた四肢はしっかりと沈下する繋に支えられ、リズミカルな脚捌きで活発に放牧地を駆け巡っています。兄姉の成長過程や馬体から想像すると、焦らずに成長を促しながらじっくりと仕上げ、狙ったレースを確実に勝ち、クラシックに乗せていきたいと考えています。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1998 生まれ、本馬は 9 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 6 戦 5 勝
【主な勝ち鞍】 スプリンターS-GI4着
【母の馬場・距離適性】 芝、短距離
【母のデビュー時期】 5歳6月
【母の引退時期】 2003/10/5 (引退年齢 5 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2005/4/23
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 8 ヶ月
【2005年産までの産駒数】 1 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 0 頭

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "初仔ジャングルビジット(父ジャングルポケット、牡)の未出走、地方転厩は本当に残念でしたね。
2番仔の父シンボリクリスエスは、とりあえず年内にはデビューできそうな感じですが、どうでしょうか。
母のデビューが遅かったのを考えると不安も多いのですが、ただ、母は正味4ヶ月足らずの競争生活で、その後も十分休養していて、繁殖ポテンシャルが低いとは到底考えられず、むしろかなり高い繁殖だと思われますので、相手種牡馬との相性次第では、一気にクラシック制覇もあり得ると思います。繁殖適期ですし、いろいろな点で本馬には非常に高い期待を抱かずにはおけません。"
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン 系× ミスタープロスペクター 系
【同系の主な活躍馬】 ゼンノロブロイ、サイレンススズカ、フサイチエアデール、ザッツザプレンティ、スズカマンボ、ノーリーズンほか
【本馬の5代クロス】 バックパサーの5×4、ノーザンダンサーの5×5
【牝系の特徴】 本馬の祖母ウインドインハーヘアは、3頭の重賞勝ち馬、2頭の種牡馬を輩出、中でもディープインパクトの存在は強烈で、既に孫の代に英重賞勝ち馬のジェレミーが出ていることから、このレディブロンドの産駒にも大いに期待がかかる。近親に、NHKマイルC-GI勝ち馬のウインクリューガー、マーメイドS-GIII勝ち馬のソリッドプラチナムがいる。
----------
【父スペシャルウィーク】
【競走成績】 日で2~4歳時に17戦10勝。99年JRA特別賞。ジャパンC-GⅠ(芝2400m)、東京優駿-GⅠ(芝2400m)、天皇賞・秋-GⅠ(芝2000m)、天皇賞・春-GⅠ(芝3200m)、阪神大賞典-GⅡ(芝3000m)、AJCC-GⅡ(芝2200m)、弥生賞-GⅡ(芝2000m)、きさらぎ賞-GⅢ(芝1800m)、菊花賞-GⅠ2着、皐月賞-GⅠ3着。
【種牡馬実績】 00年より供用。シーザリオ(アメリカンオークス-GⅠ、優駿牝馬-GⅠ、フラワーC-GⅢ、桜花賞-GⅠ2着)、インティライミ(京都新聞杯-GⅡ、東京優駿-GⅠ2着、中日新聞杯-GⅢ2着、金鯱賞-GⅡ3着、日経新春杯-GⅡ3着)、オースミダイドウ(デイリー杯2歳S-GⅡ、朝日杯FS-GⅠ3着)、サンバレンティン(七夕賞-GⅢ、福島記念-GⅢ)、トーホーシャイン(マーメイドS-GIII)、スムースバリトン(東京スポーツ杯2歳S-GⅢ、新潟2歳S-GⅢ3着)、グロリアスウィーク(弥生賞-GⅡ2着、シンザン記念-GⅢ2着)、マイネルアラバンサ(青葉賞-GⅡ2着、毎日杯-GⅢ3着)、マイネルーチェ(新潟2歳S-GⅢ2着)、チェストウイング(ステイヤーズS-GⅡ3着)、マルカハンニバル(デイリー杯2歳S-GⅡ3着)、ダンツクインビー(チューリップ賞-GⅢ3着)、フォトジェニー(クイーンC-GⅢ3着)
【2007年種牡馬リーディング】 8 位
(勝馬率 34.2 %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 9.1 %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 9.2 %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 "母キャンペンガールはスペシャルウィーク出産5日後に死亡し、幼少期は農耕馬に育てられる。サンデーサイレンス産駒としては穏やかな性格で荒々しい所は少なく、競馬でかかる事も稀だった。レースも、調教も、自分に与えられた仕事を黙々とこなす馬で、厩舎で牝馬とすれ違っても見向きもしなかったという。

宝塚記念で後続馬を7馬身も千切り捨てていることからもわかるように、サンデーサイレンス産駒の特徴ともいえる、優れた瞬発力とスピードを持ち合わせていた。しかし、決してこれらが飛びぬけていたわけではなく、騎手に忠実な性格と、したたかな勝負根性をも持ちあわせており、トータルバランスが優れていた。1998年のジャパンカップで騎乗した岡部幸雄も「スペシャルウィークはシンボリルドルフに似ている」と語っている。"
【ワンポイントウィキペディア2】 "引退後は種牡馬入りし、北海道の社台スタリオンステーションに繋養されている。2003年に産駒がデビュー、ヤマニンラファエルが産駒初出走でいきなり初勝利を収めるも、初年度産駒は概して出世が遅めで、その点では当初は生産者の期待を裏切ったことになる。しかし2年目の産駒がそれを覆し、スムースバリトン(母ウインドフレスカ)が2004年の東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)に優勝するなど活躍を見せている。

代表産駒はシーザリオ(母キロフプリミエール)で、2005年の優駿牝馬を優勝し、スペシャルウィーク産駒初のGI勝利となった。同年のアメリカンオークスインビテーショナルステークス(米国GI)も優勝し、産駒初の国際重賞勝利のみならず父内国産馬としても日本のクラシック馬としても初の日本以外の国際GI制覇となった。"
【楽天馬の種牡馬寸評】 "日米オークスを制したシーザリオの活躍が強烈な印象をはなつ。産駒は、父に良く似た薄目の馬体が多く、胴伸びや首さしが良く、脚元の軽そうなタイプの馬を選ぶのがポイント。

血統的には、母父マルゼンスキーは、"スタミナ"、"粘り"、そして母系に入って"底力"を強化するニジンスキー系の種牡馬で、バックパサー、プリンスキロなど底力強化型の種牡馬や、スタミナ血統のテディ系Bull Pageなどが入っていて、さらにそれが強化されている。マルゼンスキーがブルーメドサイアーとして成功した背景はその辺にあると言って良い。

スペシャルウィークは、そこに父サンデーサイレンスから"スピード"、"決めて"が追加され、偉大な競走馬となったのだが、種牡馬としても、さまざまなバリエーションの産駒が誕生する素地を持っており、特にスピード血統とは相性が良さそうである。
データで見ると、産駒の適距離は中距離が最も多く、仕上がりも早い方で、クラシック向きの種牡馬の1頭である。"
----------
【母父Seeking the Gold】
【競走成績】 米で15戦8勝。スーパーダービー-GⅠ、ドワイヤーS-GⅠ、ピーターパンS-GⅡ、BCクラシック-GⅠ2着、トラヴァーズS-GⅠ2着、メトロポリタンH-GⅠ2着、ハスケル招待H-GⅠ2着、ウッドメモリアルS-GⅠ2着
【種牡馬成績】 ドバイミレニアム(ドバイWC-GⅠ)、ケープタウン(フロリダダービー-GⅠ)、シーキングザパール(モーリスドギース賞-GⅠ)、マイネルラヴ(スプリンダーズS-GⅠ)、ゴールドティアラ(南部杯-GⅠ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ "母父シーキングザゴールドは、ミスプロ系種牡馬の中でも日本の馬場に適性が高く、自身は中距離で走っていたが、産駒は短-マイルに高い適性を持っています。

母母父アルザオは、タフなスピード持続力のあるリファール系の種牡馬で、ディープインパクトの母父として日本でも有名になった種牡馬です。

母母母父Bustedは、スタミナ豊富なブランドフォード系の種牡馬で、クレペロの代表産駒の1頭です。母系に入ると良い資質を遺伝する種牡馬です。

全体的にはスピード、スタミナのバランスが良い繁殖で、決め手が強化されるサンデー系種牡馬との相性は当然良いはずで、父スペシャルウィークで一発爆発を狙いたいところです。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 藤沢和雄
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 1 位
勝ち数 55 勝、勝率 17.2% 、連対率 31.6%
【2007成績】 リーディング 1 位
勝ち数 48 勝、勝率 15.0% 、連対率 29.2%
これまでの主な管理馬 ゼンノロブロイ、タイキシャトル、シンボリクリスエス、ダンスインザムード、バブルガムフェロー、シンコウラブリィ、マチカネキンノホシ
【よく使う騎手】 田中勝騎手、横山騎手、藤田騎手、安藤勝騎手、岩田騎手、武豊騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ 日本を代表する名トレーナーです。これまでの実績があまりにもすばらしいため、その割にクラシックでの勝ち星が少ないのが話題になるくらいの調教師です。1993年からリーディング1位が13度、残りの2年も2位ですね。リーディングを取れないと話題になるすごいトレーナーです。騎手も心配入りません。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 北海道産業大学にて教職課程を修得するが、教師への適性に自ら疑問を抱き、父の友人である小牧場「青藍牧場」の主、田中良熊の下で馬産の手伝いをするようになる。「青藍牧場」で働く中、徐々に田中の影響を受け、藤沢はホースマンへの志を固めていく。そして田中の強い勧めで渡英、名門厩舎のギャビン・プリチャード・ゴードン厩舎の下で厩務員として4年間働き、そこで競馬に対する哲学、馬への接し方等、今日の藤沢厩舎を築くことになる競馬理論を形成していくことになる。彼の信念である「ハッピーピープル・メイク・ハッピーホース」はその最たるものであろう。1987年、独立して厩舎を開業。1998年には管理馬タイキシャトルがフランスマイルレースの最高峰「ジャック・ル・マロワ賞」を鞍上岡部幸雄で1.9倍の断然人気で制覇する。この頃の藤沢の管理手法は、馬に無理はさせず、クラシックは意識せずに活躍は古馬になってからでもいいという考え方であった。これは主戦の岡部幸雄の馬優先主義の考えによる所も大きく、岡部が桜花賞を勝てなかった所以のひとつともされる。そのためか、日本競馬の最高峰、東京優駿(日本ダービー)には縁がなく、有力とされていたバブルガムフェローの故障などもあり、2001年までロンドンボーイ(1989年/24頭中22着)ただ1頭しか出走馬がいなかった。だが、2002年に久しぶりに管理馬を東京優駿(日本ダービー)出走させることとなり、この際にはシンボリクリスエス(2着)をはじめ、所属馬を一気に4頭も送り出した。その後クラシック競走を意識するようになる。2004年には厩舎初のクラシック制覇(桜花賞)をダンスインザムードで飾り、ゼンノロブロイで秋古馬GI(天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念)を3連勝する。2005年に厩舎の主戦騎手であり、調教等で所属馬に英才教育を叩き込んでいた岡部幸雄が引退してからは、一時期のようにオープン馬を十数頭抱えるという事は無くなってきたが、それでも美浦のトップステーブルとの評価は揺らいでいない。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:451kg
体高:160cm
胸囲:174.5cm
管囲:20.3cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 -
【歩くリズム】 -
【繋ぎの柔らかさ】 △
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "首さしは理想的で、肩にも良い筋肉がついています。脚元は強そうで、しかも軽そうです。
繋ぎもしっかりしていて、角度良く、良いクッションが効いています。トモも丸みを帯びて形良く、無駄なものが無い感じですね。
飛節もしっかりしていて、お尻のラインもバネがありそうですね。背中も良い感じです。
全体的にコンパクトにまとまっていて、いかにもマイラーっぽいですね。
歩様のチェック結果が余り良くないですが、これは成長途上で腰高で脚が長いのでバランスが悪いことからくるものでしかたがないですね。馬体サイズもちょうど良いですし、トータルでは悪くない感じです。
唯一、気になったのは顔ですね。その感じからかなりかん性がきつそうです。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは高いはずのレディブロンドですが、母と同様、遅いデビューの不安がありますね。
ただ、遅いと言っても、牡馬ですし、もともと日本を代表する名トレーナー藤澤調教師の行く馬ですので、そう考えれば古馬で本格化でも悪くないですよね。
また、非常にスピード持続力がある血統構成の感じで、父スペシャルウィークの決め手が活かせれば大いに活躍が期待できます。
馬体的には、バランスなどはそれほど気になるところが無いのですが、かん性がかなりきつそうで、その点が非常に心配です。実際手綱にも緊張感がありますよね。
カタログのコメントにもありますが、はまればもちろんクラシックでしょう。
ただ、確率という点では当たりはずれも結構大きい父スペシャルウィークということと、募集価格も結構高め設定で、その辺いろいろな角度からよく吟味する必要がありそうです。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)"へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
01.カドデュソレイユ(スーヴェニアギフトの07)
02.スペースニードル(シアトルデライターの07)
03.ヴァルガリス(ライラックレーンの07)
04.ローテスクライト(レッドヴェルベットの07)
05.フェイルノート(アズサユミの07)
06.ホワッツアップ(ホワッツニューの07)
07.メインカレント(メインスルーの07)
08.グロッタアズーラ(サダムブルーアイズの07)
09.ダンスアムール(プレシャスラバーの07)
10.ワイドスプレッド(サマーベイブの07)
11.ティアレ(ササファイヤーの07)
12.ゴルトブリッツ(レディブロンドの07)
13.スペシャルグルーヴ(ソニックグルーヴの07)
14.アギュエラ(ルカダンスの07)
15.スーブルソー(フレンチバレリーナの07)
16.アースガルド(レディフェアリーの07)
17.キャニオンビュー(ベガスナイトの07)
18.アークビショップ(プレラットの07)
19.リアルアヴェニュー(リアリーハッピーの07)
20.ソルスティス(シーセモアの07)
21.プラウディーレ(ゲイングローリーの07)
22.ヴィヴルヴォン(セメイユドゥヴォンの07)
23.ミストラルシュガー(シュガーキャンディの07)
24.シーズンズベスト(シーズアンの07)
25.リンドブルム(サドラーズメイドの07)
26.ヴェニーズワルツ(インディゴワルツの07)
27.シャンギロンゴ(エラドゥーラの07)
28.アウスピカーレ(ボンヌシャンスの07)
29.クラウソラス(ビワプランサーの07)
30.アブラハムダービー(カメリアローズの07)
31.ストークフィールド(ローズバレッタの07)
32.リズモア(タイキナタリーの07)
33.スフィラータ(インディパレードの07)
34.ヴェルバーノ(マリアマッジョーレの07)
35.セイントニコラス(スリリングヴィクトリーの07)
36.ファーベルハフト(サクラファビュラスの07)
37.ピットスポルム(プリンセスカーラの07)
38.ラプリマステラ(ラプーマの07)
39.コヴェンティナ(ライクリーティナの07)
40.アマルフィターナ(ホワットケイティーディドの07)
41.ローザグランデ(ローザネイの07)
42.デルフィニウム(ケイティーズファーストの07)
43.ラスティングソング(ハルーワソングの07)
44.バルトーロ(ポトリザリスの07)
45.フォルトシュリット(フリードリームズの07)
46.トゥザグローリー(トゥザヴィクトリーの07)
47.プルミエダンスール(スーパーバレリーナの07)
48.トゥエルフスナイト(シーザリオの07)
49.ピンクアリエス(ピノシェットの07)
50.ブロードアピールの07(募集中止)
51.ルチルクォーツ(マミーズジュエリーの07)
52.サヴァラン(タイキシフォンの07)
53.タイトルホルダー(メインタイトルの07)
54.ラフォルジュルネ(グレイトフィーヴァーの07)
55.ラフェクレール(アドマイヤマカディの07)
56.ライツェント(ソニンクの07)
57.ネオポラリス(タイキポーラの07)
58.ステラファンタジーの07(募集中止)
59.インペリアルマーチ(キョウエイマーチの07)
60.アルメーリヒ(プアプーの07)
61.バトードール(ビスクドールの07)
62.ヴェラブランカ(アドマイヤサンデーの07)
63.ジョディーズライン(プリティジョディーの07)
64.トロサックス(トキオジュリアの07)
65.マージービート(アフタービートの07)
66.アイビーフォールド(ビューティテイストの07)
67.リリウムルベルム(ヘイアンリリーの07)
68.クラウドバスター(ミレニアムポップの07)
69.サックアクロア(フサイチケリーの07)
70.フラガラッハ(スキッフルの07)
71.スペクタビリス(スペクタクルライフの07)
72.スコッツブラフ(オレゴントレイルの07)
73.クレアトゥール(オーソードレッシイの07)
74.クラサヴィカ(アスクレピアスの07)
75.セイルオンザグラス(シャドーウィップの07)
76.アンヴァルト(アーティストチョイスの07)
77.マルティプライ(マイティーダンサーの07)
78.ボッカデラヴェリタ(ヴードゥーレディの07)
79.カクタスペア(カクタスベルの07)

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門