このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

25.サドラーズメイドの07

Posted at 08/09/21 Trackback(0)»

※このサイトは、レンタルサーバーを使用しており、皆様の広告のクリック収入よって運営しております。

---------------------------------

【馬名】 サドラーズメイドの07
【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 サクラバクシンオー
【母】 サドラーズメイド (母父 サドラーズウェルズ )
【生年月日】 2007年4月10日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1,400 万円(一口価格 3.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 父の産駒は筋肉ムチムチタイプをイメージしますが、本馬は脚長でやや重心が高く体全体がシャープなシルエットで出来上がっており少し違って映ります。しかしながら胸の深さとトモの大きさは十分にあり、骨量豊富な骨格と合わせ、これからのトレーニングで各パーツに筋肉が付いてくれば血筋通りのパワフルな体になることが想像できます。やや硬めに見える立姿ですが放牧地での動きはしなやかで柔軟性に富んでいるのは、しっかりと全身運動ができているからです。反応が良く活動力に溢れ、その性格からはマイルくらいまでの競馬にも十分対応出来る一頭と言えます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1991 生まれ、本馬は 16 歳の時の産駒
【母の戦歴】 独2勝
----------
【2005年産までの産駒数】 5 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 3 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "1998年は種付けせず、
1999年は不受胎、
2000年は流産、
初仔ロードマーシャル(父サンデーサイレンス、牡)は、2歳11月デビュー、芝短-中距離、ダート短-マイルで24戦2勝、地方6戦0勝、
二番仔コヴェントガーデン(父バブルガムフェロー、牝)は、3歳2月デビュー、芝中距離で10戦1勝、
三番仔フォンティーン(父エンドスウィープ、牝)は、3歳4月デビュー、芝短-中距離で4戦0勝、
四番仔モアセンセイーション(父グラスワンダー、牡)は、3歳6月デビュー、ダート中距離で2戦0勝、
五番仔フサイチダイチャン(父フジキセキ、牡)は、3歳3月デビュー、芝マイル-中距離で2戦1勝。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母サドラーズメイドは、ドイツで走った馬ですが、その血統の良さを買われて日本に輸入されました。
産駒成績は、本馬の母の期待度からすればお世辞にも良いとは言えず、3頭勝ち上がった産駒もその後非常に苦戦しています。
しかも初仔以外は、デビュー時期が遅れており、初仔以外は走ったレース数も多くありません。
これは母が現役時代の疲労感を残して繁殖入りした場合の産駒に見られる現象に非常に似ていてマイナス要素であると言えます。
ただ、今回は牧場も考えたのか、早熟系の種牡馬で、しかもこれまでの中でも日本の高速馬場に最も適合力のある脚質の種牡馬との配合で、母父サドラーズウェルズの欧州血脈特有の重たさを緩和している感があり、うまくマッチすると、マイナス要素は随分減るものと思われます。まず、そこがこの種牡馬と配合したことの一つの賭けなのだと思います。"
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 プリンスリーギフト 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 サクラバクシンオー、ショウナンカンプ、トゥナンテ、サクラキャンドル、ウメノファイバー、ヤマニングローバル、ダイナマイトダディ、ブルーショットガン
【本馬の5代クロス】
【牝系の特徴】
----------
【父サクラバクシンオー】
【競走成績】 日で3~5歳時に21戦11勝。94年最優秀短距離馬。スプリンターズS-GⅠ(芝1200m)2回、スワンS-GⅡ(芝1400m)、ダービー卿CT-GⅢ(芝1200m)、クリスタルC-GⅢ(芝1200m)、マイルCS-GⅠ2着。
【種牡馬実績】 95年より供用。ショウナンカンプ(高松宮記念-GⅠ、スワンS-GⅡ、阪急杯-GⅢ、スプリンターズS-GⅠ3着)、ブランディス(中山GJ-J・GⅠ、中山大障害-J・GⅠ)、シーイズトウショウ(セントウルS-GⅡ、CBC賞-GⅡ、同3着、CBC賞-GⅢ、函館SS-GⅢ2回、同2着、桜花賞-GⅠ2着、キーンランドC-GⅢ2着、ファンタジーS-GⅢ2着、高松宮記念-GⅠ3着)、エイシンツルギザン(NZT-GⅡ、NHKマイルC-GⅠ2着)、デンシャミチ(京王杯2歳S-GⅡ)、カノヤザクラ(アイビスサマーダッシュ-GIII)、メジロマイヤー(きさらぎ賞-GⅢ、小倉大賞典-GⅢ、愛知杯-GⅢ3着)、ブルーショットガン(阪急杯-GⅢ、函館SS-GⅢ3着)、ニシノチャーニー(函館2歳S-GⅢ)、ロードバクシン(兵庫CS-GⅢ)、タイセイブレーヴ(兵庫JG-GⅢ)、シンボリエスケープ(京王杯SC-GⅡ2着)、シンボリスナイパー(クリスタルC-GⅢ2着)、ナムラビッグタイム(NZT-GⅡ3着、クリスタルC-GⅢ3着)、アドマイヤカリブ(函館2歳S-GⅢ3着)、マルブツイースター(小倉2歳S-GIII)
【2007年種牡馬リーディング】 7 位
(勝馬率 35.3 %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 10.3 %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 7.8 %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 引退後はノーザンファーム代表、吉田勝己の強い薦め(母のサクラハゴロモは元々社台ファームの所有で、この馬にオーナーがほれ込んだ馬主のさくらコマースが、競走馬として社台ファームから事実上のリースをしていた)により種牡馬入りし、北海道安平町の社台スタリオンステーションに繋養される。
【ワンポイントウィキペディア2】 産駒の傾向としては、勝ち上がり率の高さや、2002年の高松宮記念優勝馬のショウナンカンプを筆頭に、ダート、芝を問わず短距離を得意とする産駒が多い。短距離競走が充実している現在の中央競馬に傾向が合っており、毎年リーディングサイアーランクの上位に名を連ねている一方、勝ち上がった後に頭打ちになる産駒も多く、G1クラスの大物はあまり出てきていない。平地ではほぼ短距離専門であるが、2004年の中山大障害、中山グランドジャンプ優勝馬のブランディスのような長距離の障害競走で活躍する産駒も輩出している。
【楽天馬の種牡馬寸評】 "種牡馬デビューして4年目から7年連続リーディングベスト10に入っている名種牡馬。
サクラバクシンオー自身は、プリンスリーギフト系の種牡馬だが、プリンスリーギフト系は、もともと日本の高速馬場に必要な”スピード”と”切れ”を持つ血統で、馬場状態によらず、安定感もある。

このプリンスリーギフト系の特徴を余すところなく受け継いだサクラバクシンオーの産駒は比較的早熟で、長く走る産駒が多い。
母父には”スタミナ”、”スピード”、”切れ”と3拍子そろったノーザンテーストがいて、母母父にはタフなスタミナ血統のトゥルビオン系Ambiopoiseがいて、父の高いスピード値とその持続力を裏付けている。

芝の方が勝率が高く、距離はスプリント戦中心。"
----------
【母父サドラーズウェルズ】
【競走成績】 英愛仏で11戦6勝。英チャンピオンサイアー、英・仏BMSチャンピオン。主な勝ち鞍は、フェニックスチャンピオンステークス、エクリプスステークス、アイリッシュ2000ギニー、ダービートライアルステークスなど。
【種牡馬成績】 "モンジュー(凱旋門賞、アイリッシュダービー、ジョッケクルブ賞、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス、仏チャンピオンサイアー) 、ハイシャパラル(ブリーダーズカップ・ターフ2回、エプソムダービー、アイリッシュダービー、アイリッシュチャンピオンステークス) 、ガリレオ(エプソムダービー、アイリッシュダービー、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス) 、カーネギー(凱旋門賞、サンクルー大賞)、オペラハウス(キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス、エクリプスステークス、コロネーションカップ) 、インザウイングス(ブリーダーズカップ・ターフ、コロネーションカップ、サンクルー大賞) 、キングスシアター(キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス)、ドワイエン(キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス) 、オールドヴィック(アイリッシュダービー、ジョッケクルブ賞)、イントレピディティー(エプソムオークス、ヴェルメイユ賞、サンタラリ賞) 、ドリームウェル(ジョッケクルブ賞、アイリッシュダービー)、キングオブキングス(2000ギニー、ナショナルステークス) など
"
【母父成績】 サキー(凱旋門賞-GI)、エルコンドルパサー,シーザリオ(優駿牝馬[G1],アメリカン・オークス[USA-G1]),フサイチコンコルド(東京優駿-GI),ヘヴンリーロマンス(天皇賞・秋[G1]),ザカリヤ,ディープサマー(クリスタルC[G3],船橋記念[船橋],かしわ記念[船橋-交流Jpn1]3着),ボーンキング

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父サドラーズウェルズの産駒の傾向としては抜群のスタミナを持つステイヤーが多いのが特徴です。丈夫でタフですが、瞬発力は若干欠ける面があり、マイル~短距離やダートの活躍馬はあまり多くありません。母系に入って、スタミナや底力を遺伝します。

母母母父ヴェイグリーノーブルは、芝の中長距離を中心に走った凱旋門賞馬ですね。キングジョージを2回制した名牝ダリアの父としても有名な種牡馬です。

血統的には、軽さが欲しいの一語ですね。大種牡馬サドラーズウェルズの血を薄めるのが容易でないことは、これまでのサドラーズウェルズ産駒の日本での成績を見ればよくわかります。
ただ、シーザリオを生んだキロフプリミエールもしかり、可能性がないわけではなく、その父スペシャルウィークの血を考えれば、日本の馬場に合った軽い脚質の種牡馬との配合、そしてその脚質に合った馬体を持ったときには大いに可能性が出てくるはずです。

【ワンポイントウィキペディア】
◆サドラーズウェルズ
10年以上にわたってイギリス・アイルランドの種牡馬リーディング1位を保持し続けた。ついには更新不可能といわれた18世紀の大種牡馬・ハイフライヤーの13回の記録を2004年に更新し、通算14回とした。フランスでも3度(1993年、1994年、1999年)チャンピオンサイアーを獲得している。

産駒はGI馬だけでも60頭以上いる。
代表産駒はモンジュー(凱旋門賞、アイリッシュダービー、ジョッケクルブ賞、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス、仏チャンピオンサイアー)、ガリレオ(エプソムダービー、アイリッシュダービー)、ハイシャパラル(ブリーダーズカップ・ターフ2回、エプソムダービー、アイリッシュダービー、アイリッシュチャンピオンステークス)などである。

アメリカ競馬や日本競馬においては産駒があまり成功しておらず、日本ではステイヤーズステークスに勝ったサージュウェルズが唯一の重賞ウィナーである。理由としては欧州特有の深い芝を得意とするスタミナ型の馬のため、アメリカ特有のスピードのいるダートや日本の固い芝で展開されるスピード競馬には向かないという論説が根強く唱えられている。ただしこれは同馬に限らず、ラムタラなど欧州のクラシックディスタンス型の種牡馬全般に指摘されている事を考慮する必要がある。いわば競馬文化の違いと捉えるべきであり、同馬の種牡馬としての功績や価値とは別問題である。

上記のように日本国内で活躍した産駒はほとんどいないが近年はブルードメアサイアー(母父)としての活躍が目立つようになり、とりわけ豊富なスタミナや頑健さなどの底力を孫世代に及ぼす母父として再評価を集めている。代表的なところではエルコンドルパサー(NHKマイルカップ、ジャパンカップ、サンクルー大賞、凱旋門賞2着)やフサイチコンコルド(東京優駿(日本ダービー))、シーザリオ(優駿牝馬(オークス)、アメリカンオークスインビテーショナルステークス)、ヘヴンリーロマンス(天皇賞(秋))等、多数の名馬を母父として送り出している。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 大久保洋吉
【所属名】 美浦
【2006成績】 リーディング 15 位
勝ち数 34 勝、勝率 9.9% 、連対率 20.6%
【2007成績】 リーディング 14 位
勝ち数 32 勝、勝率 10.0% 、連帯率 18.2%
これまでの主な管理馬 トウショウシロッコ、ショウナンパントル、メジロロンザン、ハイアーゲーム、メジロドーベル、ショウナンカンプ
【よく使う騎手】 吉田豊騎手、藤田騎手、柴山騎手、藤岡騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ ここ10年くらいの間に7度30勝を越えている実績のある厩舎です。そろそろダービーなど大きいところをとれる馬がまわってきそうな気配のする厩舎ですね。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 実父の厩舎を継承する前は建築士として稼動していた事がある。1972年 - 大久保末吉の調教助手となる。1976年 - 調教師免許を取得。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:460kg
体高:158cm
胸囲:176cm
管囲:19.8cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 -
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ 頭は小さめで軽そうです。首さしよく、肩の筋肉、二の腕にはすごいパワーを感じます。トモにも良い筋肉がついていて、胴回りも間延びした感じもなく、詰まった感じでもなく、ちょうど良いですね。サクラバクシンオーですが、距離はちょっと長めの感じですね。脚もとが繋ぎが立ち気味なのが気になるところですが、クッションが効いているので、そんなに歩様からは立ち過ぎている感じはありません。カタログにも似たようなコメントがありますね。飛節もしっかりしていて、バネもありそうです。サイズもちょうど良いですね。
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルが低めなのと、血統的に母父サドラーズウェルズの重さが気になるところではあります。
馬体はパワーもありながら、かつ軽そうでスピードもありそうです。
ちょっと肢が長いタイプで、ストライドで走る感じにも見えますが、胴の収縮がどうかが一つのポイントですね。
カタログではマイルくらいまでとありますが、私はもうちょっと長めの方が向いている感じの馬体に見えますがどうでしょうか。
この胴に収縮力があるようなら、父サクラバクシンオーの瞬発力と合わせてかなり高いステージでもやれそうで、調教師も、そういう馬向きの調教師ですので、ギャンブル性は高いとは思いますが、当たればこの値段はかなり安いということになりそうです。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"25.サドラーズメイドの07 "へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
75.シャドーウィップの07
74.アスクレピアスの07
73.オーソードレッシイの07
72.オレゴントレイルの07
71.スペクタクルライフの07
70.スキッフルの07
69.フサイチケリーの07
68.ミレニアムポップの07
67.ヘイアンリリーの07
66.ビューティテイストの07
65.アフタービートの07
64.トキオジュリアの07
63.プリティジョディーの07
62.アドマイヤサンデーの07
61.ビスクドールの07
60.プアプーの07
59.キョウエイマーチの07
58.ステラファンタジーの07
57.タイキポーラの07
56.ソニンクの07
55.アドマイヤマカディの07
54.グレイトフィーヴァーの07
53.メインタイトルの07
52.タイキシフォンの07
51.マミーズジュエリーの07
50.ブロードアピールの07
49.ピノシェットの07
48.シーザリオの07
47.スーパーバレリーナの07
46.トゥザヴィクトリーの07
45.フリードリームズの07
44.ポトリザリスの07
43.ハルーワソングの07
42.ケイティーズファーストの07
41.ローザネイの07
40.ホワットケイティーディドの07
39.ライクリーティナの07
38.ラプーマの07
37.プリンセスカーラの07
34.マリアマッジョーレの07
33.インディパレードの07
32.タイキナタリーの07
31.ローズバレッタの07
30.カメリアローズの07
29.ビワプランサーの07
28.ボンヌシャンスの07
27.エラドゥーラの07
26.インディゴワルツの07
25.サドラーズメイドの07
24.シーズアンの07
23.シュガーキャンディの07
22.セメイユドゥヴォンの07
21.ゲイングローリーの07
20.シーセモアの07
19.リアリーハッピーの07
18.プレラットの07
17.ベガスナイトの07
16.レディフェアリーの07
15.フレンチバレリーナの07
14.ルカダンスの07
13.ソニックグルーヴの07
12.レディブロンドの07
11.ササファイヤーの07
10.サマーベイブの07
09.プレシャスラバーの07
08.サダムブルーアイズの07
07.メインスルーの07
06.ホワッツニューの07
05.アズサユミの07
04.レッドヴェルベットの07
03.ライラックレーンの07
02.シアトルデライターの07
01.スーヴェニアギフトの07

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門