このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

39.ライクリーティナの07

Posted at 08/09/21 Trackback(0)»

※このサイトは、レンタルサーバーを使用しており、皆様の広告のクリック収入よって運営しております。

---------------------------------

【馬名】 ライクリーティナの07
【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 シンボリクリスエス
【母】 ライクリーティナ (母父 サンデーサイレンス )
【生年月日】 2007年1月13日 生まれ
【生産牧場】 白老F
【募集価格】 1,600 万円(一口価格 4 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 強い遺伝力を持っている父の産駒の中では、どちらかというと異色の牝馬らしい丸みのある馬体であり、母の影響が強く出ている一頭と言えます。繋の角度や乾燥した脚元もまさに理想的で、常歩の際の柔軟さ溢れる脚の送りはまさに母父の特長です。この母系特有の気性の強さを本馬も例外なく授かっており、群れの中で揉まれても怯まずに突き進む姿は牝馬ながら頼もしい限りです。満期引退までタフに頑張り続けた母に奥の深い成長力と頑健さを誇っている父という配合で、これほどまでに順調に育っている本馬ならまさに『丈夫で長持ち』の競走馬として楽しませてくれるでしょう。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1997 生まれ、本馬は 10 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 32 戦 1 勝、地方1戦0勝
【母の馬場・距離適性】 芝、中距離
【母のデビュー時期】 2歳9月デビュー
【母の引退時期】 2002/9/28 (引退年齢 5 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2004/1/22
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 5 ヶ月
【2005年産までの産駒数】 2 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 2 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔ヒカルクロフネ(父クロフネ、牡)は、2歳8月デビュー、ダート中距離、10戦1勝、
二番仔パラダイスイズヒア(父サクラバクシンオー、牝)は、2歳7月デビュー、芝短距離、8戦1勝"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "この繁殖は、現役時代32戦していますが、走ったステージが500万下の条件戦なのでそれほどは傷んでおらず、ギリギリ許容内ですね。
産駒の成績やデビュー時期を見ても、繁殖ポテンシャルはまずまず高い方だと思います。
デビューした産駒が2頭で2勝ではありますが、勝ち馬率100%の繁殖ですからね。
相手種牡馬との相性次第では爆発も十分あり得ると思います。
産駒は、父の適性を色濃く出すようで、しかもデビューが早いので、父シンボリクリスエスとは比較的うまくいきそうな感じですね。"
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン(ロベルト) 系× ヘイルトゥリーズン(ヘイロー) 系
【同系の主な活躍馬】 プリサイスマシーン、ワイルドワンダー、サクラメガワンダー、スマイルジャック、ダンツキッスイ、スズジュピター
【本馬の5代クロス】 ヘイルトゥリーズンの4×4
【牝系の特徴】 "牝系は立派で、曾祖母ライクリーエクスチェンジから大きく枝葉を広げている。
米17勝でベルモントS-GI、ジョッキークラブゴールドC-GI(2回)、スーパーダービー-GIなどGI7勝の名馬クレームクレーシュ、モンマスオークス-GIの勝ち馬ドリームディール、さらにその産駒には米10勝、シュヴィーH-GIの勝ち馬クリアマンデイト、その産駒に種牡馬ニューファンドランド、そしてクリアマンデイトの姉妹フェアリードールは、トゥザヴィクトリー、サイレントディールの母と、かなり活力ある牝系と言える。ただ、祖母ヘバからは、活躍馬は出ておらす、その辺が気になるところ。"
----------
【父シンボリクリスエス】
【競走成績】 日で2~4歳時に15戦8勝。02年、03年年度代表馬。有馬記念-GⅠ(芝2500m)2回、天皇賞・秋-GⅠ(芝2000m)2回、神戸新聞杯-GⅡ(芝2000m)、青葉賞-GⅡ(芝2400m)、東京優駿-GⅠ2着、ジャパンC-GⅠ3着2回。
【種牡馬実績】 04年より供用。07年の2歳世代が初年度産駒。
【2007年種牡馬リーディング】 71 位
(勝馬率 26.5 %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 9.4 %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 16.7 %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 本馬の母ティーケイ(Tee Kay)は米G3の勝ち馬だが、血統的にそれほど特筆すべきところはなく、母系を辿っても活躍馬は殆ど出ていなかったため売りに出されたところを、和田孝弘によって約30万ドルで購入され、アメリカのミル・リッジ・ファームに預けられていた。本馬はその2番仔にあたる。ちなみにノボトゥルーも本馬と同じ牧場で生産されている。和田は、サンデーサイレンスに変わる新たな種馬を見据えた形でこの馬を生産したと語っている。軽快なスピードと、一瞬の切れ味をいかして一気に差し切る末脚が身上で、ハイペースでの中長距離線を得意とした。 そのため、これらの特性がいかせる高速馬場では数々の実績を上げているが、重馬場は苦手で良績を残せていない。
【ワンポイントウィキペディア2】 "種牡馬としての初供用は2004年で、初年度産駒は2007年にデビューした。血統内には日本の馬にはあまり配合されていない種牡馬が比較的多く、またノーザンダンサー、ミスタープロスペクターの血が入っていないため、配合しやすいのが種牡馬としての強みである。サンデーサイレンスの肌馬との交配も、Hail to Reasonの(4×7)×4が発生するもののそれほど濃いインブリードではないため、比較的無理のない範囲で配合可能である。

2005年に誕生した産駒は見栄えの良い馬も多く、セレクトセールの初日にマストビーラヴドの2005が同年の最高価格となる2億1000万円で落札され、大きな話題を呼んだ。

2007年の種牡馬デビュー後、産駒がなかなか勝てなかったが、8月11日に産駒のギンザフローラルが勝利し、シンボリクリスエス産駒初勝利をあげた。最終的には18頭の勝ち上がりで18勝という成績で2007年度のリーディングフレッシュサイアーを獲得したが、配合された牝馬のレベルを考えると、2勝馬が出なかった成績には疑問も投げかけられている。
※ちなみにその当時の記事では「興味深いのは2歳部門3位の新種牡馬シンボリクリスエスで、20頭の勝ち馬はすべて1勝どまり。過去に例がないオープン馬不在の2歳新種牡馬チャンピオンなのである。」と言われた。
しかし年が明けた2008年には2勝目、3勝目をあげる産駒も出始め、ダンツキッスイ、サクセスブロッケンなどが重賞を制している。"
【楽天馬の種牡馬寸評】 "産駒は、骨格が良くて、早い時期から前後躯のバランスが良いのが特徴。
また、父に似て無駄な筋肉が少なく、胸が厚く、心肺能力もあり、スピード持続力が高そうな産駒が多い。
産駒の馬体だけ見るとかなり活躍しそうなのだが、成績を見てわかるとおり、若干割引が必要である。
ご存じのようにこれまでは非サンデー系ということで、非常に繁殖牝馬に恵まれての成績ということで、今年のセールでも思ったより低評価であったのが、この種牡馬の置かれている立場をよく表している。そろそろ大物の登場を期待したいところである。
産駒はバランスの良さを活かすためにも、飛節や繋ぎがしっかりとしたバネのある柔らかいタイプを選びたい。
勝ち馬率がなかなか上がってこないことからわかるとおり、ちょっと勝ちみが遅いという印象もあるので、やはり晩成血統の牝馬との産駒はオススメできない。

父系はヘイルトゥリーズン系としてはスタミナ傾向の強いロベルト系のKris Sで、その母父にタフでスタミナがあるプリンスローズ系のプリンスキロがいる。一方、母系を見ると、母父はスピード持続力のあるボールドルーラー系(シアトルスルー)種牡馬で、母系の底流には底力とスタミナのあるトムフールなどが入っている。総じて仕上がりの良さと成長力にあふれ、芝の中-長距離をベースにしたタフなスピード持続型の血統と言える。
相手繁殖が”スピード”と”切れ(決め手)”を軸とする血統であればバランスは文句なし、もちろんサンデー系とは相性が良いはず。 "
----------
【母父サンデーサイレンス】
【競走成績】 米で14戦9勝。ケンタッキーダービー-GⅠ、プリークネスS-GⅠ、BCクラシック-GⅠ、スーパーダービー-GⅠ、サンタアニタダービー-GⅠ
【種牡馬成績】 ディープインパクト(牡馬クラシック3冠、天皇賞・春-GⅠ、宝塚記念-GⅠ)、ハーツクライ(ドバイSC-GⅠ、有馬記念-GⅠ)、スペシャルウィーク(ジャパンC-GⅠ、東京優駿-GⅠ、天皇賞・春-GⅠ、天皇賞・秋-GⅠ)、ゼンノロブロイ(ジャパンC-GⅠ、有馬記念-GⅠ、天皇賞・秋-GⅠ)、ハットトリック(香港マイル-GⅠ、マイルCS-GⅠ)、ステイゴールド(香港ヴァーズ-GⅠ)、ネオユニヴァース(東京優駿-GⅠ、皐月賞-GⅠ)、アドマイヤベガ、タヤスツヨシ、アグネスフライト、マンハッタンカフェ、エアシャカール、ダンスインザダーク、アグネスタキオン、スティルインラブ、ダンスインザムード、デュランダル
【母父成績】 アドマイヤムーン(ドバイデューティーフリー-GI、宝塚記念-GI、ジャパンカップ-GI、弥生賞-GII)、ラインクラフト(桜花賞-GⅠ、NHKマイルC-GⅠ、フィリーズレビュー-GⅡ、阪神牝馬S-GⅡ)、アサクサキングス(菊花賞-GI)、ソングオブウインド(菊花賞-GI)、トールポピー(阪神JF-GI、優駿牝馬-GI)、レジネッタ(桜花賞-GI)、フサイチリシャール(朝日杯FS-GⅠ)、シャドウゲイト(シンガポール航空インターナショナルカップ-GI)、マイソールサウンド(阪神大賞典-GⅡ、マイラーズC-GⅡ、京都記念-GⅡ)、ポップロック(目黒記念-GⅡ)、プレシャスカフェ(CBC賞-GⅡ)、サカラート(東海S-GⅡ)、ヴァーミリアン(ジャパンカップダート-GI、フェブラリーS-GI、ダイオライト記念-GⅡ)、サクラメガワンダー、シャドウスケイプ、プリサイスマシーン、スズノマーチ、ウイングレット、ライラプスなど

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父サンデーサイレンスは、2007年についにリーディングブルードメアサイアーの座を獲得しています。BMSとしては柔らかくしなやかな筋肉と激しい気性を遺伝させると言われていますが、現状ではいずれの特徴も競争能力的にはプラスに働いている場合が多そうです。

母母父ヌレイエフは、マイラー気質の種牡馬で、母系に入ると日本では意外とダートの活躍馬も輩出しています。トゥザウ゛ィクトリー、ゴールドアリュール、ジャングルポケットなどのBMSとしても有名。

母母母父Terrible Tiger は、ネアルコ系の種牡馬ですね。

母母母母父Swapsは、ケンタッキーダービーなど25戦19勝のハイペリオン系の名馬で、ダートの短-中距離を走った馬です。
全体的には、バランスが良くて、ちょっとスタミナが不足気味ですので、父シンボリクリスエスはもってこいという感じですね。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 清水出美
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 126 位
勝ち数 11 勝、勝率 5.6% 、連対率 12.2%
【2007成績】 リーディング 123 位
勝ち数 12 勝、勝率 6.6% 、連帯率 12.1%
これまでの主な管理馬 アイポッパー
【よく使う騎手】 池添騎手、角田騎手、藤田騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ ここのところずっと毎年10勝台前半とふるいません。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 1963年、騎手デビュー。1966年、ハリウッドターフクラブ賞をキヨウエイヒカリで制し重賞初勝利を挙げる。1968年、桜花賞をコウユウで制しクラシック初勝利を挙げる。1980年、フリーとなるも、その後栗東・梶与三男厩舎所属となる。1984年、2月に調教師免許を取得し騎手を引退する。通算成績は2854戦287勝。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:428kg
体高:151.5cm
胸囲:181cm
管囲:19.4cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "気性は良さそうですね。
首から肩にかけて良い感じで、脚はまっすぐと伸びて繋ぎも角度良く、クッション良く、すっきりしています。
トモは薄手で無駄な肉がないですが、ボリューム感もまたちょっと足りない感じです。
胴が伸びやかで、膝下が短いのと、体高が低いので、ちょっと横長の馬体に見えます。
腰高でこれから体高が出てきたらバランスはもう少し良くなってくると思われます。
飛節はしっかりしていますが、ちょっとバネが弱い感じにも見えますね。
サイズは小さめで、馬体重ももう少し欲しいですね。
早生まれですが、腰高なので440キロくらいにはなってくれるのではと期待していますが、どうでしょうか。
歩様は、その腰高のせいもあって、後肢の動きがイマイチですが、これから良くなってくるでしょう。
父シンボリクリスエスの方が強く出た馬体バランスで、牝馬としては好き嫌いがありそうですね。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは、まずまず高そうで、血統構成も母父サンデーが力強いですね。
調教師はそこそこで、馬体もほどほどです。
シンボリクリスエス産駒ですが、早生まれですので、早いデビューの可能性もあります。
ちょっと小さいですが、牝馬なのでまずまずでしょう。
募集金額もこんなものですかね。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"39.ライクリーティナの07 "へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
75.シャドーウィップの07
74.アスクレピアスの07
73.オーソードレッシイの07
72.オレゴントレイルの07
71.スペクタクルライフの07
70.スキッフルの07
69.フサイチケリーの07
68.ミレニアムポップの07
67.ヘイアンリリーの07
66.ビューティテイストの07
65.アフタービートの07
64.トキオジュリアの07
63.プリティジョディーの07
62.アドマイヤサンデーの07
61.ビスクドールの07
60.プアプーの07
59.キョウエイマーチの07
58.ステラファンタジーの07
57.タイキポーラの07
56.ソニンクの07
55.アドマイヤマカディの07
54.グレイトフィーヴァーの07
53.メインタイトルの07
52.タイキシフォンの07
51.マミーズジュエリーの07
50.ブロードアピールの07
49.ピノシェットの07
48.シーザリオの07
47.スーパーバレリーナの07
46.トゥザヴィクトリーの07
45.フリードリームズの07
44.ポトリザリスの07
43.ハルーワソングの07
42.ケイティーズファーストの07
41.ローザネイの07
40.ホワットケイティーディドの07
39.ライクリーティナの07
38.ラプーマの07
37.プリンセスカーラの07
34.マリアマッジョーレの07
33.インディパレードの07
32.タイキナタリーの07
31.ローズバレッタの07
30.カメリアローズの07
29.ビワプランサーの07
28.ボンヌシャンスの07
27.エラドゥーラの07
26.インディゴワルツの07
25.サドラーズメイドの07
24.シーズアンの07
23.シュガーキャンディの07
22.セメイユドゥヴォンの07
21.ゲイングローリーの07
20.シーセモアの07
19.リアリーハッピーの07
18.プレラットの07
17.ベガスナイトの07
16.レディフェアリーの07
15.フレンチバレリーナの07
14.ルカダンスの07
13.ソニックグルーヴの07
12.レディブロンドの07
11.ササファイヤーの07
10.サマーベイブの07
09.プレシャスラバーの07
08.サダムブルーアイズの07
07.メインスルーの07
06.ホワッツニューの07
05.アズサユミの07
04.レッドヴェルベットの07
03.ライラックレーンの07
02.シアトルデライターの07
01.スーヴェニアギフトの07

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門