このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

49.ピノシェットの07

Posted at 08/09/21 Trackback(0)»

※このサイトは、レンタルサーバーを使用しており、皆様の広告のクリック収入よって運営しております。

---------------------------------

【馬名】 ピノシェットの07
【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 キングカメハメハ
【母】 ピノシェット (母父 ストームキャット )
【生年月日】 2007年3月22日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1,400 万円(一口価格 3.5 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 牝馬にしてはガッチリとした筋肉量豊富なタイプで、いかにもスピードに優れた馬体をしています。特に腰から臀部、内股にいたるまでのトモの発達ぶりが素晴らしく、そのトモから繰り出される蹴っぱりの強さには目を見張るほどです。学習能力が高く普段はとても扱いやすいのですが、時々この血統らしいピリッとしたところも覗かせます。しかしながら、兄姉がデビュー戦から好走している傾向にあるのもこの気性によるもので、むしろプラス材料といえます。仕上がりの早さを活かして2歳戦から能力全開のレースを見せてくれるでしょう。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1995 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】 米2勝
----------
【2005年産までの産駒数】 5 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 2 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔カフェピノコ(父ジェイドロバリー、牝)は、2歳11月デビューで、ダート短距離、芝短-中距離で、19戦1勝(新馬勝ち)、
2番仔ピノタージュ(父サクラバクシンオー、牡)は、2歳10月デビューで、ダート短距離中心に11戦1勝、
3番仔ピノグリージョ(父クロフネ、牡)は、3歳1月デビューで、ダート短距離で8戦未勝利、
4番仔ペルラート(父ダンスインザダーク、牝)は、3歳5月デビューで、芝マイル-中距離で2戦未勝利、
5番仔スピリタス(父タニノギムレット、牡)は、3歳1月デビューで、芝マイル-中距離で3戦1勝。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 繁殖適期も終盤に差し掛かってきましたね。これまでの産駒から繁殖としてのポテンシャルは高くも、特に低くもなくて、相手によってはまだまだ面白い繁殖であると思います。また、産駒傾向から比較的早熟なスピード血統の種牡馬の方が良さそうです。このところ体質に不安のあってデビューが遅くなった産駒が多かったですから、本馬も体質が強いことを見極める必要があります。全兄ビンテージチャートの出来も非常に良くて、本馬にも期待したいですね。
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ミスタープロスペクター 系× ノーザンダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 スイープトウショウ、アグネスデジタル、イーグルカフェ、キングカメハメハ、エルコンドルパサー、マイネルラヴ、アメリカンボスなど多数
【本馬の5代クロス】 ノーザンダンサーの5×5×4
【牝系の特徴】 祖母ピンクタートルは仏米4勝で、ヴェルメイユ賞-GI2着など重賞での入賞多数です。産駒(ピノシェットの姉妹)にオークス馬レディバステルがいます。曾祖母タートルコーヴの産駒にも米10勝でカナディアン国際チャンピオンシップS-GIの勝ち馬グレイトネックがいます。その他、近親には米19勝のギャリックボーイなどがいます。
----------
【父キングカメハメハ】
【競走成績】 日で2~3歳時に8戦7勝。04年最優秀3歳牡馬。東京優駿-GⅠ(芝2400m)、NHKマイルC-GⅠ(芝1600m)、神戸新聞杯-GⅡ(芝2000m)、毎日杯-GⅢ(芝2000m)、すみれS(芝2200m)、京成杯-GⅢ3着。
【種牡馬実績】 05年より供用。07年の1歳世代が初年度産駒。
【ワンポイントウィキペディア1】 "競走馬引退後は総額21億円の種牡馬シンジケートが組まれ(国内調教馬としては当時の史上最高額)、北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションに種牡馬として繋養され、2005年より供用が開始されている。
2006年7月11日ノーザンホースパークにおいて行われたセレクトセールにて、初年度産駒の当歳牝馬(母:トゥザヴィクトリー)が6億円という当歳世界最高額で落札され話題となった。
年間種付頭数256頭という日本記録を持っている。
競走馬としての抜群の実績はもちろん、非サンデーサイレンス系ということもあり、サンデーサイレンス系牝馬と交配可能であることから、需要は非常に多い。
2008年より初年度産駒が競走馬デビューし、5月29日に旭川競馬場で行われたルーキーチャレンジをマサノシャルナが制し、産駒が初勝利を挙げている。"
【ワンポイントウィキペディア2】 ハイペースの東京優駿を押し切った本馬を、管理した松田国英は「ハロン11秒台のラップをいくつも続けられ、そのどこかに10秒台のラップを織り交ぜることができる馬です。」と語っている。また、主戦騎手の安藤も「あのダービーはベストの騎乗とはいえないはずでしょう。普通に強いのであれば、後ろから来たハーツクライに飲み込まれていたところですからね。どう乗っても、誰が乗っても勝てるほどの馬だったんですよ。」という評価を与えている。
【楽天馬の種牡馬寸評】 "父は、ミスタープロスペクター系で日本での実績十分のキングマンボ、母父も日本で実績のあるラストタイクーン。競走馬としての実績以上に非サンデーサイレンス系ということで、サンデーサイレンス系牝馬と交配可能であるため需要は非常に高い。

1歳の産駒は総じて馬体バランスが悪いのが多く、特に前後のバランスはお世辞にも良いとは言えないが、成長と共にこれが良くなっていくようで、デビュー時期にはほとんど気にならなくなる。そう考えると、募集時には骨量さえしっかりあれば、あまり前後の骨格のバランスは気にする必要はないのかもしれない。
ただ、バネで走るタイプの産駒が多そうで、飛節や繋ぎなどは、特に重点的にチェックしたい。

種牡馬として血統構成のバランスはすごく良くて、父ミスプロ系は典型的なスピード血統、母父ラストタイクーンは高速馬場を得意とし、長く良い脚を使うタイプである。この辺のバランスがNHKマイルとダービーの変速2冠を成し遂げたバックボーンになっていると感じる。
ちなみに牧場では、キングカメハメハの産駒は”マイル”との評価である。個人的には、気性的に問題がなければ血統的にも中距離までカバーしそうな感じはある。

キングカメハメハの産駒には、ネイティヴダンサーやノーザンダンサーのラインクロスが生じやすいようで、ノーザンダンサーのクロスは歓迎であるが、ネイティヴダンサーについては、本質的にはパワーと闘争心にあふれた血統なので、単発ではそれほどの気にならないが、ラインになるとどんな影響があるのか未知数である。懸念材料としては、産駒の体質はもちろんだが、極端なパワー型にならないかという点である。こればかりは走ってみないとわからない。"
----------
【母父Storm Cat】
【競走成績】 米で8戦4勝。ヤングアメリカS-GⅠ、BCジュヴェナイル-GⅠ2着
【種牡馬成績】 ジャイアンツコーズウェイ(セントジェームスパレスS-GⅠ、英インターナショナルS-GⅠ、エクリプスS-GⅠ、サセックスS-GⅠ、愛チャンピオンS-GⅠ、サラマンドル賞-GⅠ)、タバスコキャット、キャットシーフ、デザートストーマー、ネブラスカトルネード、ブラックミナリュージュ、シーキングザダイヤ
【母父成績】 スパイツタウン(BCスプリント-GⅠ、チャーチルダウンズH-GⅡ)、ファレノプシス(桜花賞-GⅠ、秋華賞-GⅠ、エリザベス女王杯-GⅠ)、メイショウボーラー(フェブラリーS-GⅠ、デイリー杯2歳S-GⅡ、小倉2歳S-GⅢ、根岸S-GⅢ、ガーネットS-GⅢ)、ブッダ(ウッドメモリアルS-GⅠ)、スカイメッサ(ホープフルS-GⅠ)、ロッキングトリック(ブエノスアイレス大賞典-GⅠ)、スイートカトマイン(デルマーデビュタントS-GⅠ)、ブラックタキシード(セントライト記念-GⅡ)、シンコールビー(フローラS-GⅡ)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "全兄と同じようなコメントになりますが、母父ストームキャットは、ストームバードの直仔で、ノーザンダンサー系ですが、同じノーザンダンサー系のデピュティミニスター系と非常に良く似たスピード持続系の脚質で、デピュティよりはダート寄りです。

母母父は、スピード持続力のあるRed God系Blushing Groom、母母母父は最強のダート短距離馬と言われたドクターフェイガーで、全体的にはスタミナが少し不足している印象です。

父キングカメハメハは、瞬発力もありながらスピード持続力に優れた競走馬でしたが、血統的にはスピードに勝った血統と言えるので、全体の血統構成を考えると、芝・ダート短距離向きだと思われます。

ピノシェットの産駒は、これまであまり運に恵まれませんでしたので、これからの産駒には是非活躍してもらいたいですね。

【ワンポイントウィキペディア】
◆ドクターフェイガー
ドクターフェイガーは1966年7月15日にアケダクト競馬場でデビュー。デビュー戦を2着に7馬身差をつける圧勝で飾ると、2歳時は5戦4勝の好成績を収める。

3歳になり、初戦のゴーサムステークスでは後の二冠馬ダマスカスを破る。ダマスカス、バックパサーと対戦し、世紀のマッチアップと呼ばれたウッドウォードステークスではダマスカスに10馬身離されての3着となるも、3歳時の実質的な敗戦はその1戦のみで、この年ウッドウォードステークス以外で他馬の後塵を拝することはなかった(但し、ジャージーステークスでは1着入線も4着に降着処分)。

4歳になってもドクターフェイガーの強さは留まるところを知らず、膝や足首に不安を抱えていた上、全てのレースで130ポンド(約59kg)以上の重量を背負ったにも関わらず、8戦7勝という成績を残した。この年唯一敗戦はまたもライバル・ダマスカスによってもたらされたものであった。ドクターフェイガーは1968年の年度代表馬、最優秀古馬、最優秀スプリンター、最優秀芝牡馬に輝き、アメリカ史上唯一となる同時4部門受賞を果たした。ダマスカス(1967年年度代表馬)、ドクターフェイガー、バックパサー(1966年年度代表馬)による3強対決は、当時のアメリカ競馬界を大いに盛り上げた。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 吉田直弘
【所属名】 栗東
【2007成績】 リーディング 174 位
勝ち数 7 勝、勝率 8.0% 、連帯率 16.1%
これまでの主な管理馬 特になし
【よく使う騎手】 川田将騎手、畑端騎手、浜中騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★☆☆☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 2007年開業です。今年は9月現在で既に14勝を上げており大きく飛躍しそうな予感があります。角居調教師の調教助手をしていた関係から今年キャロの募集馬が割り当てられたのかも。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 1997年、6月より調教助手となる。2004年、栗東・角居勝彦厩舎所属となる。2007年、2月に調教師免許を取得し、6月21日付けで厩舎を開業する。6月23日、初出走となる阪神競馬場での第3レースにキーライセンスを出走させた。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:450kg
体高:158cm
胸囲:178.5cm
管囲:18.5cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "気性がひとつのポイントになる血統ですが、カタログのコメントから本馬はまずまず大丈夫のようですね。
首はちょっと短め、太めです。
肩の筋肉は立派で、腕力もありそうです。
トモの筋肉は長さがあって、良い形です。これからボリュームも出てきそうな雰囲気を持っていますね。
全兄ビンテージチャートよりは、むすろ半兄スピリタス(父タニノギムレット)の方に馬体自体は寝ているような感じですね。
繋ぎはちょっと立ち気味ですが、柔らかく、歩様自体を見ると、あまり立った感じには見えません。
飛節もしっかりしています。胴回りは収縮良さそうで、バネもまずまず感じられます。
キ甲がすでに抜け始めている感じで、カタログのコメントからも、仕上がりが早そうなタイプのようです。
馬体重は、これからの成長分を考えるとちょうど良いですね。歩様もトータルで良い感じだと思います。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルから、早めでビューが一つのポイントになりますが、その点ではカタログのコメントは力強いですね。
血統構成はスピード優先で、本馬も馬体からマイルあたりで面白い感じです。
脚もとの感じは芝にも見えますが、繋ぎの角度がやはりちょっと気になりますね。
調教師はデビュー2年目で、まだ未知数のトレーナーです。
馬体サイズがちょうど良いので、普通にいければ、長くタフに走ってくれそうです。
そう考えると募集金額も安い方ですね。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"49.ピノシェットの07"へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
75.シャドーウィップの07
74.アスクレピアスの07
73.オーソードレッシイの07
72.オレゴントレイルの07
71.スペクタクルライフの07
70.スキッフルの07
69.フサイチケリーの07
68.ミレニアムポップの07
67.ヘイアンリリーの07
66.ビューティテイストの07
65.アフタービートの07
64.トキオジュリアの07
63.プリティジョディーの07
62.アドマイヤサンデーの07
61.ビスクドールの07
60.プアプーの07
59.キョウエイマーチの07
58.ステラファンタジーの07
57.タイキポーラの07
56.ソニンクの07
55.アドマイヤマカディの07
54.グレイトフィーヴァーの07
53.メインタイトルの07
52.タイキシフォンの07
51.マミーズジュエリーの07
50.ブロードアピールの07
49.ピノシェットの07
48.シーザリオの07
47.スーパーバレリーナの07
46.トゥザヴィクトリーの07
45.フリードリームズの07
44.ポトリザリスの07
43.ハルーワソングの07
42.ケイティーズファーストの07
41.ローザネイの07
40.ホワットケイティーディドの07
39.ライクリーティナの07
38.ラプーマの07
37.プリンセスカーラの07
34.マリアマッジョーレの07
33.インディパレードの07
32.タイキナタリーの07
31.ローズバレッタの07
30.カメリアローズの07
29.ビワプランサーの07
28.ボンヌシャンスの07
27.エラドゥーラの07
26.インディゴワルツの07
25.サドラーズメイドの07
24.シーズアンの07
23.シュガーキャンディの07
22.セメイユドゥヴォンの07
21.ゲイングローリーの07
20.シーセモアの07
19.リアリーハッピーの07
18.プレラットの07
17.ベガスナイトの07
16.レディフェアリーの07
15.フレンチバレリーナの07
14.ルカダンスの07
13.ソニックグルーヴの07
12.レディブロンドの07
11.ササファイヤーの07
10.サマーベイブの07
09.プレシャスラバーの07
08.サダムブルーアイズの07
07.メインスルーの07
06.ホワッツニューの07
05.アズサユミの07
04.レッドヴェルベットの07
03.ライラックレーンの07
02.シアトルデライターの07
01.スーヴェニアギフトの07

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門