このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2006年募集馬を追跡せよ!]のTOPページへ

68.ミレニアムポップの07

Posted at 08/09/22 Trackback(0)»

※このサイトは、レンタルサーバーを使用しており、皆様の広告のクリック収入よって運営しております。

---------------------------------

【馬名】 ミレニアムポップの07
【性別】 牡
【毛色】 栗毛
【父】 タニノギムレット
【母】 ミレニアムポップ (母父 ベーリング )
【生年月日】 2007年4月10日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1,600 万円(一口価格 4 万円)
----------------------------

【カタログのコメント】 コンパクトにまとまった本馬は、首から胸前そして上腕へとバランス良く発達した筋肉と張りのある腰を頂点とした深くなめらかな後躯の運びが印象的な一頭です。その柔らかく確かな歩調のフットワークを生み出す原動力は、母の奥行きのある欧州血脈と本邦にて高い適性を示すヘイルトゥーリーズン系を父に配したものならではと言えます。体格的には早い時期からのデビューも視野にすすめながらも、血統的にはマイル戦を中心に活躍の場を広げていくタフなタイプで、芝・ダートを問わないオールマイティな競走馬に育つ素地は十分と言えます。
----------------------------
[募集馬診断レポート]
----------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1998 生まれ、本馬は 9 歳の時の産駒
【母の戦歴】中央 15 戦 1 勝
【母の馬場・距離適性】 芝、短-マイル
【母のデビュー時期】 2歳9月
【母の引退時期】 2002/2/10 (引退年齢 4 歳)
----------
【初仔の生年月日】 2003/3/5
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間】 2 ヶ月
【2005年産までの産駒数】 3 頭
【2005年産までに中央で勝ち上がった産駒数】 2 頭
【産駒のデビュー傾向、馬場適性、距離適性】 "初仔ボーマンド(父アドマイヤベガ、牡)は、2歳7月デビュー、芝マイル-中距離で11戦2勝、
二番仔ミレニアムカースル(父サクラバクシンオー、牡)は、3歳1月デビュー、芝短距離、ダート短-中距離で13戦4勝、地方1戦0勝、
三番仔アドマイヤバクシン(父サクラバクシンオー、牡)は、3歳7月デビュー、ダート短距離で1戦0勝。"

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "現役引退後繁殖入りするまでの期間が短すぎますので、疲労感を残して繁殖入りした可能性があり、繁殖ポテンシャルはそれほど高くないと見ます。
初仔はまずまずでしたが、年をとるに従い、徐々に影響が出てくる可能性があります。本馬もその点で体質面でのチェックが必要だと思いますね。"
----------------------------
2.血統診断
【血統構成】 ヘイルトゥリーズン(ロベルト) 系× ネイティヴダンサー 系
【同系の主な活躍馬】 ノーリーズン、ビッグゴールド、チョウカイキャロル、マイネルスケルツィ、メイショウトウコン、トーセンブライト、オースミグラスワン、ヒラボクロイヤル、ゴールドアグリ
【本馬の5代クロス】 シーバードの4×4、Graustarkの4×5、Hasty Roadの5×5、ノーザンダンサーの5×5
【牝系の特徴】 "仏2歳牝馬チャンピオンの曾祖母ファーストフレームから大きく枝葉を広げている牝系で、産駒にはドーヴィル大賞典-GII勝ちのファーストフレライヤー、ネクストムーヴH-GII勝ちのウォーターリリーなどがいて、孫の代にもフラミンゴS-GI勝ちのタリナムなど重賞戦線の活躍馬がいる。
本馬の祖母スノウドロップの産駒(母の兄弟)にも、オカール賞-GII2着のシルヴァークロスがいる。"
----------
【父タニノギムレット】
【競走成績】 日で2~3歳時に8戦5勝。東京優駿-GⅠ(芝2400m)、スプリングS-GⅡ(芝1800m)、シンザン記念-GⅢ(芝1600m)、皐月賞-GⅠ3着、NHKマイルC-GⅠ3着。
【種牡馬実績】 03年より供用。ウオッカ(東京優駿-GⅠ、阪神JF-GⅠ、チューリップ賞-GⅢ、エルフィンS、桜花賞-GⅠ2着)、ヒラボクロイヤル(青葉賞-GⅡ、ゆきやなぎ賞、毎日杯-GⅢ2着)、スマイルジャック(スプリングS、東京優駿2着)、ゴールドアグリ(新潟2歳S-GⅢ)、ゴールデンシャイン(わらび賞)、コマンドールクロス、アブソリュート
【2007年種牡馬リーディング】 18 位
(勝馬率 21.9 %)※参考 アグネスタキオン 41.5%)
(芝勝率 7.7 %)※参考 アグネスタキオン 12.5%)
(ダート勝率 6.8 %)※参考 アグネスタキオン 8.8%)
【ワンポイントウィキペディア1】 現役引退後は種牡馬として、北海道安平町の社台スタリオンステーションに繋養され、ブライアンズタイム産駒としては、初の社台ファーム所有の種牡馬となった。産駒は2006年から走り始め、初年度産駒のウオッカが第58回阪神ジュベナイルフィリーズを制して産駒の初GI勝ちを収め、さらに翌2007年には、父と同じ「2枠3番」で64年ぶりの牝馬の東京優駿優勝を達成するなど、好調な出足を見せた。ウオッカとの父仔東京優駿制覇は史上5組目であり、父-娘の関係では史上初となる。
【ワンポイントウィキペディア2】 "初年度からの好成績、ナリタブライアン、マヤノトップガンやサニーブライアンらの他のブライアンズタイム産駒の種牡馬から目立った後継が生まれていないこと、及び社台スタリオンステーションに繋養される環境の3点から、ブライアンズタイムの有力後継種牡馬として期待されている。

血統的にもノーザンダンサーやミスタープロスペクターを含まず、サンデーサイレンスを父に持つ牝馬とも交配が可能である。加えてタニノギムレット自身が、ナスルーラやマームードといった名種牡馬と同じくムムタズマハルを牝系に持つ名牝系出身であることから、ポストサンデーサイレンスの有力候補としても名前が挙げられている。

2007年は240頭に種付けを行った。この種付け頭数は当年の国内2位であった。同年12月13日には、2008年の種付け料が100万円アップの400万円に設定されたことが発表された。"
【楽天馬の種牡馬寸評】 "昨年デビューした初年度産駒の成績を見ると、早々と9月に新潟2歳Sを制したゴールドアグリ、2007年のダービーを制したウォッカと同期の種牡馬レースでは一歩前に出た感じ。また、今年もスマイルジャックが、ダービー2着となり、いつ牡馬のダービー馬が誕生してもおかしくない。

血統的には、父がヘイルトゥリーズン系の中でも”スタミナ”血統のロベルト系ブライアンズタイムで、母父が切れ味鋭いカロ系のクリスタルパレス、さらに母系を進むとには20世紀最強とも評される名馬シーバード、さらに母系の底流にタフなスタミナ血統のリボー系Graustarkがいて、本馬自体がGraustarkの3×4のクロスを持っている。このようにギムレット自身がどちらかというとスタミナ血統なのに、マイル重賞で2勝(NHKマイルも3着)しているあたりに奥の深さを感じずにはいられない。

また、スタミナ血統は比較的晩成型が多いのにもかかわらず、本馬の産駒は早い時期から活躍できるあたりも特筆すべき点である。つまりこの血統で春のクラシックに十分間に合うとなれば、三冠馬を出す素養を十分に持っている種牡馬だということである。

相手にはどちらかというと”スピード”と”決め手”のある種牡馬が良さそうで、サンデー系は望むところのはずだが、父ブライアンズタイム系×母父サンデーサイレンス、あるいは母父ヘイロー系まで広げても成功した馬は非常に少なく、数少ない成功例でもプリサイスマシーン、ワイルドワンダーは勝ったレースのほとんどがダートである。(ワイルドワンダーに至っては全てダート)
唯一の芝重賞勝ちはスマイルジャック。ということで母父サンデーの活躍馬が少ない点は、今後研究が必要かもしれない。

馬体は、父に似てトモが長い、特に後躯に安定感のある馬体の産駒が多い。そして、もちろん父似の産駒の方が良いところがたくさんありそうだ。"
----------
【母父ベーリング】
【競走成績】 仏5勝。仏ダービー-GI、オカール賞-GII、ノアイユ賞-GII
【種牡馬成績】 ペニカンプ(英2000ギニー-GI、デビューハーストS、サラマンドルS)、マティアラ(仏1000ギニー-G1、ラモナH-G1)、アメリカンポスト、ピーターデイヴィス(レーシングポストT-G1)、スチーマーダック(伊グラン・クリテリウム-G1)、グロロジア(フィリーズ・マイル-G1)、セラン(エヴリ賞-G2、モーリス・ド・ニュイユ賞-G2)、シニュディヴァン(クリテリウム・ド・メゾンラフィット-G2)、ヴァーティカルスピード(ユベール・ド・ショードネイ賞-G2)、スペシャルプライス(ゴールデンゲートH-G2)、ミスバーベール(アスタルテ賞-G2)、モイアーヴァ(クリテリウム・ド・メゾンラフィット-G2)
【母父成績】 トレストレラ(仏1000ギニー-GI)、スペシャルリング(エディリードH-GI(2回))、インディアンクリーク(ハードウィックS-GII)、クールクリール(ミルリーフS-GII)

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父ベーリングは、20世紀最強の名馬とも言われるシーバードの数少ない直系血脈の種牡馬です。自身はクラシックディスタンスでしたが、産駒はマイラーが多いようです。日本に輸入された数少ない産駒は芝の中長距離の上級条件で活躍しています。
本馬には、日本ではまずお目にかかれないシーバードのクロスを持っており、そういう点でも注目したいですね。

母母父ニニスキは、ニジンスキー系の種牡馬ですが、現役時代は珍しく長距離で活躍したステイヤーでした。ここにはおそらく母父のリボー系トムロルフの血の作用があったと思われ、本馬にはリボー系Graustarkのクロスがありますが、6代には3本リボーのクロスが入っていて、スタミナへの良い作用が期待される一方で、リボー系の血が濃い場合に見られる気性的な問題を持つリスクも持っています。

母母母父プリメラは、My Babuの直仔でトゥルビオン系、母系の底流には快速のプリンスリーギフトの血も入っています。

全体的に父系、母系ともスタミナは十分という感じで、クラシックディスタンス向きだと言えます。スピードもまずまずあって、あとは決め手ですが、都合の良い解釈をすれば、リボーの気性が決め手にならないかなーとか勝手に思ってしまいますね。
仕上がりが早ければ、春のクラシックも十分に狙える血統構成だと思います。"
----------------------------
3.厩舎診断
【厩舎名】 大根田裕之
【所属名】 栗東
【2006成績】 リーディング 85 位
勝ち数 16 勝、勝率 6.4% 、連対率 12.8%
【2007成績】 リーディング 129 位
勝ち数 11 勝、勝率 4.9% 、連帯率 9.3%
これまでの主な管理馬 カルストンライトオ、コメディアデラルテ
【よく使う騎手】 橋本騎手、赤城騎手、熊沢騎手、安藤光騎手
◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ これまでの成績は安定感に欠ける印象があり、まだ20勝以上したこともありません。しかしながらカルストンライトオの活躍は見事で、これをきっかけに成績を伸ばしていって欲しいですね。
◆ワンポイントウィキペディア◆ 父親の大根田裕也もJRAの元調教師であった。1998年3月 - 調教師免許を取得。1999年3月 - 厩舎開業。
----------------------------
4.馬体診断
(測尺) 馬体重:427kg
体高:154cm
胸囲:172cm
管囲:20cm
----------
(DVD診断)
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 -
【前肢のブレ】 -
【前肢の肩の出】 ○
【歩くリズム】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 △
優秀:○、普通-、やや不安△
----------

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "顔は穏やかで、非常に賢そうな印象です。
首はしなやかで、細身で良い感じです。
肩には立派な筋肉がついていて、角度から中距離の感じですね。
二の腕も立派で、パワーがありそうで、膝下が短めで安定感がありますね。
繋ぎは、少しクッションが硬いですが、角度良く、短めですので故障は少ない感じです。
トモが、ギムレットらしい長い、奥行きのあるトモで、現状でもかなりボリュームがあって、しかも筋肉の張り、臀端から飛端へのラインにはかなりのバネを感じますね。
この時期にお尻のうしろにこれだけ筋肉がついている馬はそうはいないでしょう。
腹袋も立派で健康そうで、背中のラインも良くて、背腰が強い競走馬になりそうです。
サイズは少し小さめで、キ甲が抜け始めている感じもあるので、そんなには大きくはならないと思いますが、特に問題ないサイズだと思います。
歩様はまだ若い感じもありますが、前肢は柔らかく、リズムより歩きます。"
----------------------------
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖ポテンシャルは、普通くらいの感じですね。
血統構成がタフなスピード持続力のある感じで、中距離を中心に走りそうですが、気性が良さそうで、長距離もいけそうですね。
馬体は、バランスも良くて、牧場でさわりましたが皮膚がすごい薄いんですよね。
小さめですが、まずまず気にならない小ささだと思います。
調教師はちょっと成績にムラがあります。
値段が安くて、牧場でも値段を考えると一番のオススメはこの馬と多くのスタッフが話してくれました。"
----------------------------

一口馬主”とは、競走馬の会員制共有クラブを通じて、400口や500口などの小口に分割された競走馬の購入費や維持経費に出資する会員を指します。 会員は、馬主資格を有さない人がほとんどですが、会員制共有クラブ(以下「一口馬主クラブ」という。)を通して、競走馬に投資することで、馬主気分を存分に味わうことが可能です。 ”一口馬主クラブ”とは、この投資者が間接的に馬主となるシステムを有しているクラブということになります。 サラブレットは、安くても数百万円、高い馬は数億円にもなります。 そのサラブレットを所有実際にJRAの馬主資格を得るためには数億円の資産が必要となります。 この共有馬主のしくみが作られるまでは、限られたごく一部の人しか馬を所有できませんでした。 しかし、現在では大小20以上の一口馬主クラブがあり、会員も数万人はいると推測されます。
---------------------------------

"68.ミレニアムポップの07 "へのトラックバック

トラックバック先URL

2008年募集馬診断レポート

2007年オークス馬 トールポピーの募集時の写真
75.シャドーウィップの07
74.アスクレピアスの07
73.オーソードレッシイの07
72.オレゴントレイルの07
71.スペクタクルライフの07
70.スキッフルの07
69.フサイチケリーの07
68.ミレニアムポップの07
67.ヘイアンリリーの07
66.ビューティテイストの07
65.アフタービートの07
64.トキオジュリアの07
63.プリティジョディーの07
62.アドマイヤサンデーの07
61.ビスクドールの07
60.プアプーの07
59.キョウエイマーチの07
58.ステラファンタジーの07
57.タイキポーラの07
56.ソニンクの07
55.アドマイヤマカディの07
54.グレイトフィーヴァーの07
53.メインタイトルの07
52.タイキシフォンの07
51.マミーズジュエリーの07
50.ブロードアピールの07
49.ピノシェットの07
48.シーザリオの07
47.スーパーバレリーナの07
46.トゥザヴィクトリーの07
45.フリードリームズの07
44.ポトリザリスの07
43.ハルーワソングの07
42.ケイティーズファーストの07
41.ローザネイの07
40.ホワットケイティーディドの07
39.ライクリーティナの07
38.ラプーマの07
37.プリンセスカーラの07
34.マリアマッジョーレの07
33.インディパレードの07
32.タイキナタリーの07
31.ローズバレッタの07
30.カメリアローズの07
29.ビワプランサーの07
28.ボンヌシャンスの07
27.エラドゥーラの07
26.インディゴワルツの07
25.サドラーズメイドの07
24.シーズアンの07
23.シュガーキャンディの07
22.セメイユドゥヴォンの07
21.ゲイングローリーの07
20.シーセモアの07
19.リアリーハッピーの07
18.プレラットの07
17.ベガスナイトの07
16.レディフェアリーの07
15.フレンチバレリーナの07
14.ルカダンスの07
13.ソニックグルーヴの07
12.レディブロンドの07
11.ササファイヤーの07
10.サマーベイブの07
09.プレシャスラバーの07
08.サダムブルーアイズの07
07.メインスルーの07
06.ホワッツニューの07
05.アズサユミの07
04.レッドヴェルベットの07
03.ライラックレーンの07
02.シアトルデライターの07
01.スーヴェニアギフトの07

2008年募集馬情報【関東or関西】

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門